《ソング・フォー・マイ・ファーザー》のジョー・ヘンダーソン

ホレス・シルヴァー屈指の名曲《ソング・フォー・マイ・ファーザー》。 このナンバーをカバーしているジャズマンもいますが、 いまだ、ブルーノートのホレス・シルヴァーのオリジナルの演奏にかなうバージョンがない理由のひとつとして、 テナーサックスのジョー・ヘンダーソンの存在が大きいのではないかと。 アドリブの中盤から、エキサイトしてくるヘンダーソンのテナー。 ヘンダーソンが…

続きを読む

ビッグバンドアレンジのミンガス《ラヴ・チャント》。好き?嫌い?

『直立猿人』などに収録されている、 ミンガス作曲の傑作の《ラヴ・チャント》。 個人的にはミンガスのナンバーの中では、 《リンカーネーション・オブ・ラヴ・バード》とともに、 ミンガス特有の「哀」がにじみ出た曲だと思っています。 参考記事:ミンガスの『直立猿人』はB面が最高なのだ。 このナンバーが、なんと! ビッグバンド用にアレンジされ、 演奏されている動…

続きを読む

マイルス21歳の時の《マイルストーンズ》

《マイルストーンズ》といえば、 モード奏法の先駆け的存在ともいえるアルバム 『マイルストーンズ』に収録されている曲が有名です。 しかし、この曲を作る前、 マイルスは、まだパーカー先輩の「金づる坊屋」だった頃に 同名異曲の《マイルストーンズ》を作曲しています。 まだマイルスが21歳の頃。 初リーダーとしての録音に臨む際、 張り切って作った曲です。 …

続きを読む

アフリカ/ファラオ・サンダース

のっけから強烈なフラジオで脳天くらくら。 いいぞ、ファラオ!気持ちいい。 夏の暑さはスイカとファラオで吹き飛ばせ! 1曲目の《ユーヴ・ゴット・トゥ・ハヴ・フリーダム》は、 ファラオの咆哮でツカミはバッチリ! 後に続くジョン・ヒックスのピアノソロは、 まるでマッコイのごとく。 自分が加入する前のコルトレーン・カルテットのサウンドを 分かりやすくか…

続きを読む

バラードとブルースの夜/マッコイ・タイナー

久々にマッコイ・タイナーの 『バラードとブルースの夜』を取り出して聴くと、 その繊細なタッチに驚かされます。 繊細なタッチと、空間を易しく構築する気配りも忘れない。 だから、極上のリラクゼーションを味わえるのです。 コルトレーン・カルテットでの ガンガンと鍵盤を叩きつけるようなピアノが嘘のよう。 コルトレーンは、彼がもつ一側面のみを 極限までに強調…

続きを読む

『エリック・ドルフィー&ブッカー・リトル・リメンバード・ライヴ・アット・スウィート・ベイジル』評

リズムセクションが、かつて「ファイヴ・スポット」で名演を生み出した、 マル・ウォルドロン(p)、 リチャード・デイヴィス(b)、 エド・ブラックウェル(ds)、 フロントがテレンス・ブランチャードとドナルド・ハリソンの 『エリック・ドルフィー&ブッカー・リトル・リメンバード・ライヴ・アット・スウィート・ベイジル』評をアップしました。 ▼こちら エリック・ドルフィー&ブッ…

続きを読む

『スケッチ・オブ・スペイン』評をアップしました。

最近年をとってきたせいか、 マイルスとギルの『スケッチ・オブ・スペイン』がめちゃくちゃ染みてくるんですよね。 ギラリと照り付ける夏、 猛暑。 ゆらゆらと煮えたぎるような空気を、 マイルスのトランペットが冷たく切り裂いていくかのよう。 この寂寥感といったら。 ほんと、たまらんです。 暑い日が続いていますが、 たぶんマイルスのトランペットの 絶…

続きを読む

ハンク・モブレイ・イン・オランダ

モブレイ好きなら、是非もっておきたい! タイトルどおりオランダでのライブです。 なにしろ、モブレイのまろやかでメロディアスなテナーサックスを聴ければ、 なんでもいいや!と思っている私のようなモブレイ好きって、 日本にはかなりたくさんいると思うんですよ。 そういう方には、ぜひとも耳を通していただきたいアイテムですね。 《サマータイム》や《枯葉》な…

続きを読む

チェット・ベイカーの《スライトリー・アバヴ・モデラート》

チェット・ベイカー&クルー チェット・ベイカー好きなら、 誰もが持っているであろう彼の代表作 『チェット・ベイカー・アンド・クルー』。 勢い溢れる演奏からスタートすることもあり、 「あのチェットが本気になったら凄いんだぞ」的なアルバムという印象をお持ちの方も多いと思います。 もちろんその通り。 充実した演奏が収められたアルバムです。 その中でも…

続きを読む

デヴィッド・サンボーン『ストレート・トゥ・ザ・ハート』評

デヴィッド・サンボーンの『ストレート・トゥ・ザ・ハート』をアップしました。 ▼こちら ストレート・トゥ・ザ・ハート/デヴィッド・サンボーン 勢いあふれる若かりし日のマーカス・ミラーにハイラム・ブロック! 興奮に次ぐ興奮! 個人的にはサンボーンのベストに位置づけられているアルバムですね。 サンボーンのアルトの音色もシャープで透き通っています。 スト…

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ