1970年3月、新宿 阿部薫

アルトサックス奏者、阿部薫の初期の演奏記録、 『1970年3月、新宿』。 1970年の3月15日に、 新宿の「ピットイン」で演奏された模様を収めた音源です。 このアルバムを動画でも紹介してみました。 後年の阿部の「一音に密度凝縮」スタイル、 すでにその萌芽はありますが、 どちらかというと音の連続の中に、 感情のほとばしりを込めているように聴…

続きを読む

メイティング・コール タッド・ダメロン

タッド・ダメロンのリーダー作、 『メイティング・コール』は、 編成が、コルトレーンのワンホーンカルテットゆえ、 1956年のコルトレーン、 つまりは、マイルスの「マラソンセッション」時の コルトレーンのプレイが好きな人にとっては、 たまらない内容といえるかもしれません。 このアルバムを紹介した動画を YouTubeにアップしました。 …

続きを読む

マイティ・マイク・クオッツォ

テナーサックス奏者、マイク・クォッツォのアルバム 『マイティ・マイク・クオッツォ』。 サヴォイに残された、 彼の数少ないリーダー作です。 このアルバム評をYouTubeにアップしました。 エディ・コスタがヴィブラフォンで参加! なかなか良いヴァイブです。 また、トリスターノ派の英国人、 ロニー・ボールがピアノで参加! …

続きを読む

快楽ジャズ通信 ポール・チェンバース特集をYouTubeにアップしました。

快楽ジャズ通信の「ポール・チェンバース特集」。 この放送内容を音楽抜きで編集した動画をYouTubeにアップしました。 大好きなベーシストということもあり、 また、ベースに関しては他の楽器よりも少し詳しいということもあり、 いつもの語りよりも、かなり熱の入った内容になっています。 チェンバース好きの人も、 チェンバースに興味を持った方も、 ぜひ、お聞きになて…

続きを読む

伝説のライヴ・イン・ジャパン 小川隆夫

小川隆夫氏の新刊『伝説のライヴ・イン・ジャパン~記憶と記録でひもとくジャズ史』。 マイルス・デイヴィス、ソニー・ロリンズ、セロニアス・モンク、 ジャズ・メッセンジャーズ、ウェザー・リポート……。 すべて行ったことのないライヴばかりなので (なにしろ生まれてないか幼い頃の出来事ばかりなので) 読むと新鮮、 目からウロコ。 めちゃくちゃ読みごたえのある本…

続きを読む