小川隆夫『ビバップ読本 証言で綴るジャズ史』評

ジャズ評論家・小川隆夫氏の新刊、 『ビバップ読本 証言で綴るジャズ史』評をアップしました。 ▼こちら ビバップ読本 証言で綴るジャズ史/小川隆夫 読みやすい! 面白い! 参考になる! いわゆる誰もが知るバップの「通史」に、 小川氏独自のインタビューのストックが まぶされているので、 「線」の流れが より立体的に把握することが出来るので…

続きを読む

姫の乱心「No Exit」評

懐かしい! 宮城純子さん率いていたフュージョンバンド「姫の乱心」の 『No Exit』評をアップしました。 ▼こちら No Exit/姫の乱心 昔、ライブにいったことがあるんですが、 すごい音圧、 すごい迫力アンサンブルでした。 CDだと、だいぶスッキリと 健康的なサウンドになっちゃっているんですけどね……。 …

続きを読む

マッドリブ『ブルーノート帝国への侵略』評

マッドリブの『ブルーノート帝国への侵略』評をアップしました。 ▼こちらです ブルーノート帝国への侵略/マッドリブ ヒリヒリとした音の触感は、 まさに「私の考えるジャズ」(←クインシー・ジョーンズっぽく)と ピタリと合致し、 ヘタなフツーのジャズよりも、 よっぽど「ジャズ」を感じる内容と感じるのですが、 皆さんの耳にはどう響くのでしょうか? …

続きを読む

アンソニー・ブラクストンの『フォー・アルト』評

アンソニー・ブラクストンの『フォー・アルト』評をアップしました。 ▼こちら フォー・アルト/アンソニー・ブラクストン アルト1本で即興演奏に臨んだアルバムです。 スティーヴ・レイシーのソプラノサックスソロや、 リー・コニッツの無伴奏ソロ、 それに阿部薫の諸作が好きな人は興味深く聴けるのではないでしょうか。 ところどころで表出するフリークト…

続きを読む

マイルスとドーハムのマイ・ファニー

人気スタンダードの常に上位に位置する《マイ・ファニー・ヴァレンタイン》。 《マイ・ファニー》といえば、マイルスのバージョンが有名ですが、 同じトランぺッターのケニー・ドーハムの《マイ・ファニー》も捨てがたい。 ワンホーンカルテットという同じフォーマットでありながらも、 そこで見せる表情はまったく別物。 そして両方いい! 好みの違いはあるでしょう…

続きを読む

平井景スペシャル-The Trio Autumn 2018-

ドラマー・作曲家の平井景氏の公演情報です。 今秋、故郷の奈良にて凱旋コンサート! 10/13(土) 奈良県奈良市・学園前ホール http://www.nem-shiteikanri.jp/shisetsu/nara/ 全席指定 18:00~ ●平井景トリオ 平井景(ds) 光田健一(p) 村上聖(b) ▼前売券購入方法 [WEB]…

続きを読む

パウエル心がうずくバリー・ハリスの『思い出のパリ』

もうこれは完全にパウエルファン狙いの企画なんだろうけど、 かつてバド・パウエルが演奏したお馴染みの曲を散りばめて 「もっともパウエルに近い男」バリー・ハリスに演奏させるなんざ、 もう反則ギリギリじゃないですか。 ヴィーナスの『思い出のパリ』は。 ハリスのピアノも いつになくパウエル風のタッチに聴こえてしまうし、 それなら最初からパウエル聴いたほうがイイじゃんとも思う…

続きを読む

《ソング・フォー・マイ・ファーザー》のジョー・ヘンダーソン

ホレス・シルヴァー屈指の名曲《ソング・フォー・マイ・ファーザー》。 このナンバーをカバーしているジャズマンもいますが、 いまだ、ブルーノートのホレス・シルヴァーのオリジナルの演奏にかなうバージョンがない理由のひとつとして、 テナーサックスのジョー・ヘンダーソンの存在が大きいのではないかと。 アドリブの中盤から、エキサイトしてくるヘンダーソンのテナー。 ヘンダーソンが…

続きを読む

ビッグバンドアレンジのミンガス《ラヴ・チャント》。好き?嫌い?

『直立猿人』などに収録されている、 ミンガス作曲の傑作の《ラヴ・チャント》。 個人的にはミンガスのナンバーの中では、 《リンカーネーション・オブ・ラヴ・バード》とともに、 ミンガス特有の「哀」がにじみ出た曲だと思っています。 参考記事:ミンガスの『直立猿人』はB面が最高なのだ。 このナンバーが、なんと! ビッグバンド用にアレンジされ、 演奏されている動…

続きを読む

マイルス21歳の時の《マイルストーンズ》

《マイルストーンズ》といえば、 モード奏法の先駆け的存在ともいえるアルバム 『マイルストーンズ』に収録されている曲が有名です。 しかし、この曲を作る前、 マイルスは、まだパーカー先輩の「金づる坊屋」だった頃に 同名異曲の《マイルストーンズ》を作曲しています。 まだマイルスが21歳の頃。 初リーダーとしての録音に臨む際、 張り切って作った曲です。 …

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ