Chet Baker『My Favorite Songs The Last Great Concert』

マイ・フェイヴァリット・ソングス~ザ・ラスト・グレート・コンサート~アーティスト: チェット・ベイカー,ハーブ・ゲラー,ジョン・シュローダー,ウォルター・ノリス,ルーカス・リンドホルム,オーア・タンゴー出版社/メーカー: ISOL DISCUS ORGANIZATION発売日: 2008/08/20メディア: CDチェット・ベイカーが西ドイツで行った最後のコンサートを収録したアルバム。 ク…

続きを読む

弘田三枝子『JAZZING [Extra Tracks]』

「私の45年間の歌手生活の中で、『生涯で最高のジャズアルバム』と自負できるものが仕上がった」(談:弘田三枝子) ☆【送料無料】 CD/弘田三枝子/JAZZING/POPMAY-37 2006年に録音&発売された8枚組のボックス・セット(コロムビア)から単体発売されたアルバムがこれ。 ボーナス・トラックは、1998年に録音されたにもかかわらずオクラ入りになったままだっ…

続きを読む

Holly Cole『Dark Dear Heart』

ホリー・コールの『ダーク・ディア・ハート』は、 時おり棚から取り出して聴きたくなる。 隠れ名盤なのかもしれない。 重苦しくジャジーでもなく、 軽すぎるポップさもなく、 なんというかちょうど良い按配。 聴きやすいが、染みてくる要素も多いのです。 Holly Cole ホリー・コール / Dark Dear Heart 輸入盤 【CD】 ▼収録曲 1. …

続きを読む

マーク・ホィットフィールドの『フォーエヴァー・ラヴ』

ストリングスをバックに、マイペースでしみじみとギターで歌い上げるマーク・ホイットヴィールド、vervでの第3弾。 一瞬、ウェスを連想してしまうサウンドテイストだが、マーク流のオリジナリティは健在だ。 ダイアナ・クラールも1曲参加している。 ▼収録曲 1. ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ 2. サム・アザー・タイム 3. マイ・ワン・アンド・オンリー・…

続きを読む

アイリーン・クラール『ホエア・イズ・ラヴ』

1974年録音のアイリーンによるバラード集。 自然体、という形容がもっとも相応しい、さらっとして、ふわっとした伸びやかなヴォーカルが心地よい。 クラールといえば、最近は「ダイアナ」のほうかもしれないが、「アイリーン」のほうもお忘れなく! Where Is Love [Import, From US] / Irene Kral (C...

続きを読む

ジョニ・ミッチェル初来日

ジョニ・ミッチェルの初来日は1983年の3月。 会場のひとつ日本武道館はガラガラだったとか。 ひきつれてきたメンバーは、 ラッセル・フェランテ(key) ラリー・クライン(b) ビリー・コライータ(ds) マイク・ラントー(g)

続きを読む

コルトレーンがソプラノサックスを吹くようになったキッカケ

様々な諸説が流れているが、一般的にメジャーなものを二つばかり。 1、 タクシーに乗ったとき、前の乗客の忘れものがソプラノサックだった。以来、ソプラノサックスが気になって仕方なくなった。 2、 マイルス・デイヴィスが自分のバンドをやめそうになったコルトレーンを引きとめるために、セルマーの最高級のやつをプレゼントした。 ▼あまりに有名なソプラノ初演盤 …

続きを読む

新主流派/メインストリーム・ジャズ

日本で「新主流派」なる称号を発明(?)したのは評論家の岩浪洋三氏。 しかし、その語源となる“ニュー・メイン・ストリート・ジャズ”なる言葉を使ったのは、評論家のアイラ・ギトラーだ。 最初にこの言葉が使われたのは、マイルス・デイヴィスの『マイルス・スマイルズ』のライナーノーツにて。 マイルス・スマイルズ

続きを読む

カメラが趣味だったアート・ブレイキー

ドラマーの故アート・ブレイキーはカメラ集めが趣味だったそうだ。 ハッセルブラッド、ニコン、ライカなどのカメラを収集しており、ツアーに出るときは、これらのカメラ持参で各地を回り、撮影をしていた。 ハード・バップ大学 アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズの天才養成講座

続きを読む