Chet Baker『My Favorite Songs The Last Great Concert』

マイ・フェイヴァリット・ソングス~ザ・ラスト・グレート・コンサート~アーティスト: チェット・ベイカー,ハーブ・ゲラー,ジョン・シュローダー,ウォルター・ノリス,ルーカス・リンドホルム,オーア・タンゴー出版社/メーカー: ISOL DISCUS ORGANIZATION発売日: 2008/08/20メディア: CDチェット・ベイカーが西…

続きを読むread more

弘田三枝子『JAZZING [Extra Tracks]』

「私の45年間の歌手生活の中で、『生涯で最高のジャズアルバム』と自負できるものが仕上がった」(談:弘田三枝子) ☆【送料無料】 CD/弘田三枝子/JAZZING/POPMAY-37 2006年に録音&発売された8枚組のボックス・セット(コロムビア)から単体発売されたアルバムがこれ。 ボーナス・トラックは、1…

続きを読むread more

Holly Cole『Dark Dear Heart』

ホリー・コールの『ダーク・ディア・ハート』は、 時おり棚から取り出して聴きたくなる。 隠れ名盤なのかもしれない。 重苦しくジャジーでもなく、 軽すぎるポップさもなく、 なんというかちょうど良い按配。 聴きやすいが、染みてくる要素も多いのです。 Holly Cole ホリー・コール / Dark Dear…

続きを読むread more

マーク・ホィットフィールドの『フォーエヴァー・ラヴ』

ストリングスをバックに、マイペースでしみじみとギターで歌い上げるマーク・ホイットヴィールド、vervでの第3弾。 一瞬、ウェスを連想してしまうサウンドテイストだが、マーク流のオリジナリティは健在だ。 ダイアナ・クラールも1曲参加している。 ▼収録曲 1. ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ 2. …

続きを読むread more

アイリーン・クラール『ホエア・イズ・ラヴ』

1974年録音のアイリーンによるバラード集。 自然体、という形容がもっとも相応しい、さらっとして、ふわっとした伸びやかなヴォーカルが心地よい。 クラールといえば、最近は「ダイアナ」のほうかもしれないが、「アイリーン」のほうもお忘れなく! Where Is Love [Import, From US] / Irene…

続きを読むread more