デイヴ・パイク『リンボ・カーニバル』

名盤『パイクス・ピーク』録音の後にレコーディングされた、快楽的サウンドのなかにもストイックな生真面目さも漂う、面白い肌触りのサウンドの『リンボ・カーニバル』。 プロデューサーはテオ・マセロ、 録音技師は、ルディ・ヴァン・ゲルダー、 ピアノで参加しているのは、トミー・フラナガンと、けっこう豪華な面子が、この仕事に関わっていたのだな~、と改めて。 ▼収録曲 1.…

続きを読む