もうちょいで2005年もさよならですね。

今年もあっという間に過ぎてしまいました。 とはいえ、 さきほど、今年撮影したデジカメの画像を整理していたら、 結構、いろんなところに行き、いろんなことをやったんだな、とも感じました。 ま、仕事や遊びはさておいて、 執筆活動といえば、 夏より、邱永漢氏のサイト『ハイハイQさんQさんですよ』に 週3回の…

続きを読むread more

Charlie Parker『Evening at Home With the Bird』

音質悪いが聴きやすし。 《小さなホテル》のようにメロディアスなナンバーがあるからかもしれない。 案外、このあたりからのパーカー入門もいいかもね。 Evening at Home With the Bird ▼収録曲 1. There's A Small Hotel 2. These Foolish T…

続きを読むread more

ジェリー・マリガンのピアノレス・カルテットが生まれた背景

最初は、ピアノのジミー・ロウルズもバンドメンバーだったが、 1、彼のガールフレンドがリハーサル中、うるさく邪魔 2、たまたまロウルズ抜きで練習してみたら、しっくりきた という理由がジェリー・マリガン=チェット・ベイカーのピアノレス・カルテットが誕生した理由らしい。 音楽的、楽理的な理由ではないのが意外だが…

続きを読むread more

Bill Evans『Paris Concert 1』

ビル・エヴァンスの最後のレギュラートリオによるパリ公演の模様をおさめたアルバム。 この最後のレギュラートリオのメンバーは、ベースのマーク・ジョンソンと、ドラムスのジョー・ラバーバラ。 エヴァンス自身、このメンバーのことを機に行っていて、とくにマーク・ジョンソンのことは、ようやくスコット・ラファロに匹敵するベーシストがはい…

続きを読むread more

クリスマスに流すジャズは

クリスマスに流すジャズは、 うちの場合、コレ。 かれこれ15年近く、これで間に合っちゃっている。 カウント・ベイシー、 チェット・ベイカー、 ベニー・グリーン、 イリアーヌ、 ジョン・スコフィールドなどなど、大御所級のジャズマンの演奏や歌が、惜しげもなくぶち込まれており、選曲もセロニアス・モンクのク…

続きを読むread more