阿部薫『Jazz Bed』

フリージャズアルトサックス奏者の阿部薫と、山崎弘(現・比呂志)のデュオライブ。 1971年1月24日に池袋「Jazz Bed」にて収録。 ▼収録曲 1. 1971.1.24. Duo1 2. 1971.1.24. Duo2 Jazz Bed阿部薫PSFレコード発売日 1995-09-25価格:¥2,940(税込)発送可能時期:在庫あり。

続きを読む

ディジー・ガレスピーのトランペットが曲がっている理由(3)

ディジー・ガレスピーが上向きに45度曲がったトランペットを使用している理由には諸説あるが、その発端はともかくとして、なぜ使い続けているのか、ということを考えると、それなりに、トランペット奏者として都合の良い理由があるのだろう。 その理由は「自分のサウンドが聞こえやすいから」。 音量のある楽器とはいえ、トランペットの朝顔の先から放たれる音は、自分の顔からは少し遠い。朝顔の先を曲げること…

続きを読む

ディジー・ガレスピーのトランペットが曲がっている理由(2)

ディジー・ガレスピーが45度曲がったトランペットを使用している理由のもうひとつのエピソードは、こうだ。 これはドキュメンタリー映画の『ハバナジャム』で語られている内容だが、男性客に捻じ曲げられたという話。 シカゴのジャズクラブで演奏しているときに、マフィアとおぼしき男が女性を連れて店にはいってきた。その男が休憩時間にディジーのところにやってきて、そのトランペットを500ドルで売って欲…

続きを読む

ディジー・ガレスピーのトランペットが曲がっている理由(1)

ディジー・ガレスピーのトレードマークは、朝顔の部分が45度上に曲がったトランペットだ。 どうして、彼は曲がったトランペットを使用するようになったのか? 諸説はいくつかあるが、まずは代表的なものから。 これは、ディジー自身がよく述懐していたエピソードでもある。 あるパーティの際、ガレスピーは椅子の上にトランペットを置きっぱなしにしていた。 これに気づかずに、彼の奥さんのロレイ…

続きを読む

上原ひろみと矢野顕子のピアノデュエットが収録『はじめてのやのあきこ』矢野顕子

井上陽水や槇原敬之、忌野清志郎らゲストを迎えたべスト・コラボレーション・アルバム。 ラストナンバーのピアノのデュオ相手は上原ひろみ。 ▼収録曲 1. 自転車でおいで(Guest 槇原敬之) 2. 中央線(Guest 小田和正) 3. PRESTO(Acoustic Version)(Solo) 4. ごはんができたよ(Guest YUKI) 5. 架空の星座(Gue…

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ