ソニー・クリス『ジャズU.S.A.』

ソニー・クリスをなんとなく聴かず嫌いしているハードバップ好きも、 これには満足するのではないだろうか。 バーニー・ケッセルにケニー・ドリューらがリズムセクションにつき、 プラス、オーケストラ。 重量感溢れる演奏を繰り広げています。 それに乗り、 奔放に「歌う」クリス! なかなか聴きやすい。 そして良いかたちでソニー・クリスのアルトサックスの歌心が 浮…

続きを読む

菊地成孔・大谷能生『東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・キーワード編 』

分からないコトバは遠慮なくすっ飛ばして、出来るだけ高速で読むが吉。 立ち止まりながら読むよりも、勢いで流れるように読んでしまったほうが楽しい。 で、次に分からないところを調べながら再読すると吉。 面白い⇒理解 という順で、ね。 東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・キーワード編菊地 成孔 /大谷 能生メディア総合研究所 刊発売日 2006-03価…

続きを読む

ディーバ・ジャズ・オーケストラとは?

ディーバ・ジャズ・オーケストラとは、ドラマーのシェリー・マリクルがリーダーの女性のみのビッグバンド。 拠点はニューヨーク。 1993年にオーディションで選ばれたメンバーにより初のコンサートを行い、世界各国のジャズフェスティバルやブルーノートNY出演など演奏活動繰り広げている。 ピアニストの山中千尋も一時期在籍していたこともある。

続きを読む

サッチモの全盛期は第二期

サッチモのキャリアーだけをたどるなら、かれのハイライトが、この第二期にあったことは夢疑いないと思います。かれの技巧は、さらに一段と冴え、フレイジングは精緻をきわめ、その才気に満ち満ちたるミュージカル・アイディアは、尽きるところをしらず、ここに、ジャズ芸術の頂点を示す一九二八年のサッチモが完成したのです。 “ウエストエンド・ブルース”、“マグルス”、“タイト・ライク・ジス”――一連の作品は…

続きを読む

被虐的な白人ジャズマンのニックネーム

白人⇒被虐的なニックネーム 黒人⇒偉い称号 言われてみれば、そのとおりですな。 ジャズ王国ではキングの地位を争って血みどろの争いが起り、初代のバディ・ボールデンは、二代目のフレディ・ケパードにその地位を奪取され、ケパードは、心ならずもジョー・オリヴァに破れ、オリヴァは、養子的ルイ・アームストロングに王冠を与え、一九五七年の現在、この王国は依然として、アームストロングの統…

続きを読む