ジーン・クルーパはハスキー・ヴォイスがお好き?

(ジーン・クルーパの功績の第2は、)白人歌手として無名のアニタ・オデイを発掘してきて、アメリカ最大歌手の一人に仕立てたことでありましょう。アニタ・オデイは、柊二、最もマイクに不向きと思われていた、しわがれ声(ハスキー・ヴォイス)の持ち主でしたが、クルーパの指導と登用によって大人気を得、後年、ジューン・クリスティ、クリス・コナー、ヘレ…

続きを読むread more

青木カレン『Groovin’Jazz Night presents Karen』

本人がMCを務めるBS Asahiの人気音楽番組「Groovin` Jazz Night」と連動した最新作。 プロデューサー、共演にJABBERLOOP、native、Flat Three、Shima&ShikouDUOといった今一番勢いのある面子を集め、ジャンルレスな名曲をクラブ・ジャズ・カバー。 オリジナル楽曲の番組のエ…

続きを読むread more

スタンリー・ジョーダンのタッピング奏法

スタンリー・ジョーダンは、タッピング奏法で一躍注目を浴びたギタリストだ。 多くのリスナーを驚かせたのが、彼のタッピング奏法。 ピックで弦を弾かず、 ギターの指板の上から指で押弦する奏法だ。 タッピングは、主にヘヴィメタ系のギタリストが用いることの多いギターの奏法だが、 彼は、ロック系のギタリストがこの奏…

続きを読むread more

クラブ・ジャズ・ファンにはたまらないオムニバスCD、その名もベタに『フォー・ビート』

なんとも大雑把なタイトルではあるが、これは、東芝EMIの持つクラブ・ジャズ系音源のコンピレーション盤。 セレクトされたミュージシャン、音源は下記のとおりで、非常に多岐に渡っているので、たかがコンピと侮れない内容だ。 オーソドックスな古き良き4ビートから、最近の4ビートまで。 人力、打ち込み、なんでもござれ。 若い…

続きを読むread more

ジャズマンの名前言い代え(?)便利表

エブラハム⇒エーブ アルバート⇒バート アレキサンダー⇒アル、アレックス、サンディ アンドリュー⇒アンディ アンソニー⇒トニー ベンジャミン⇒ベン、ベニー カルヴィン⇒カール チャールズ⇒チャーリー、チャック ダニエル⇒ダニー、ダン ダグラス⇒ダグ エドモンド⇒エド、エディ、ネ…

続きを読むread more