上原ひろみ曲収録『映画「オリヲン座からの招待状」オリジナル・サウンド・トラック』

メインテーマの《place to be》は、上原ひろみ作曲のナンバー。 ▼収録曲 1. オリヲン座からの招待状::PLACE TO BE (「オリヲン座からの招待状」メインテーマ) 2. オリヲン座からの招待状::最後のチケット 3. オリヲン座からの招待状::オリヲン座からの招待状 4. オリヲン座からの招待状::自転車はフィルムを積んで 5. オリヲン座からの招待状:…

続きを読む

パーカー、NY最初の仕事はピアニストだった。

チャーリー・パーカーがカンザスシティからニューヨークに「上京」してきた際の最初の仕事は、「モンローズ・アップタウン」でピアノを弾くことと、「ジミーズ・チキン・シャック」での皿洗いだった。

続きを読む

山中千尋『LIVE IN TOKYO [DVD]』

2007年6月に草月ホールで行われたライブの模様を収録したDVD。 ドラムスもベースもリズムセクションも女性。 かなりハードでゴリゴリ迫ってくる。 ▼収録曲 1. アイム・ゴナ・ゴー・フィッシン 2. フォレスト・スター 3. 砂の船 4. テイク・ファイヴ 5. RTG 6. アントニオズ・ジョーク 7. インパルシヴ 8. アウトサイド・バイ・ザ・スウィング …

続きを読む

バンド運営の大変さ

バンドを切り回すためには、さまざまな力量が必要とされる。その多くは、音楽とは一切関係ないものだ。これまでもくり返し述べてきたが、敵が多く、冷淡で、競争の激しい音楽業界のなかでひとりの個人が生き抜いていくためには、広く大きな背中と相当な自信が必要だ。ジョーの精神的な回復力には驚異的なものがある。人生において、立ち直れないほどに落胆したり、意気消沈したり、行き先を見失うことはほとんどなかった…

続きを読む

不眠症の方にもオススメ(?)コンピ『Naturally〜in the moonlight〜』

「夜のリラックスした時間」をテーマに編集された癒し系コンピレーションアルバム。 ジャズ・ヴァイオリニスト、寺井尚子や、 ジャズ・キーボーディスト、松居慶子の演奏も収録されている。 ▼収録曲 1. Here We Are(久石譲) 2. Thinking Of You(寺井尚子) 3. ノスタルジア(都留教博+中村由利子) 4. KISS OF LIFE(テレサ・ブ…

続きを読む

3週間でバークリーをやめたザヴィヌル

アメリカに到着して三週間もたたないうちに、彼はバークリーを去った。しかし、学校に入ったことが間違いだったというわけではない。それどころか、評価の高い学校に奨学生として迎えられるという事実がなければ、アメリカへ入国することさえ難しかったかもしれないのだ。(ブライアン・グラサー『ザヴィヌル~ウェザー・リポートを作った男』より) ザヴィヌル―ウェザー・リポートを創った男

続きを読む

ジャズは金儲けの手段にあらず

金儲けをしたい、一発当てたいと考えている人は、「ジャズ」という分野を選択肢に選んではいけない。 なぜなら、儲からないから(笑)。 儲けを度外視し「それでも好きだから」と頑張る人のための聖域なのだ。 演奏家は別として、単なる趣味が高じたマニアが、多少の知識がある程度のレベルで、ジャズでひと山当てよう、ジャズで有名になろう、商売ジャンルのひとつにしようなどと色気と欲目を出し、結局は…

続きを読む

レイス・レコードとヒルビリー・レコード

レイス・レコードのレイス=人種は、黒人を差す。 1920年に、黒人女性歌手のメイミー・スミスのブルースレコードが売れたため、レコード会社は黒人レコードもビジネスになることに気がついた。 そこで黒人レコードの需要に注目するようになり、黒人の懐事情をかんがえ、なるべく休めに売るようにし、一般向けのレコードと区別するために、レイス・レコードと名付けるようになった。 これに並んで、南部など…

続きを読む

キャバ嬢同伴ジャズライブ

いくら、あなたがジャズマニアで、 ジャズの知識を披露しようという下心などが働くからといって、 キャバクラ嬢を連れての同伴出勤の場所は、狭いジャズクラブは選ばないほうが賢明。 以前、某ジャズのライブハウスに行った際、隣のテーブルには同伴出勤とおぼしきサラリーマンと、どうみても水商売風の若い女の子がいた。 ベースとギターのデュオなので、音量は低い。 というか、このフォーマットは…

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ