アルバート・アイラーの死因

1970年11月25日、三島由紀夫が自衛隊の市ヶ谷駐屯地で自殺した日に、ニューヨークの東にあるイースト・リヴァーでアルバート・アイラーの死体が発見された。 この日より20日前から、彼は行方不明になっていたという。 彼の死は、遺体に撃たれた痕が10発あったとか、麻薬絡みでマフィアから見せしめにされたなど、諸説わかれているが、真の死因はいまもって謎のままだ。

続きを読む