お絵描きエリントン

幼い時画家を志したというエリントンは、パレットで絵具をまぜてあわせるように、楽器のサウンドをブレンドするのです。かれのオーケストラにはハリー・カーネイ(バリトン・サックス)のように四十年以上の勤続者を含め、三十年以上の人が三人もいます。メンバーが自分の都合で退団するか死亡しない限り、エリントンの方から首を切ったことはありません。親分…

続きを読むread more

ソニー・クリス『アウト・オブ・ノーホェア』

明るく澄んだ音色で、裏表なく明朗に吹き上げるクリス。 濁りやダークな成分が少なく、それこそ竹を割ったように明快で率直。 だからこそ、切なく感じ、胸が締め付けられることもある。 クリスファンは、きっと、彼の明るさ、淀みのないアルトサックスから、微量の哀しみの成分をも敏感に感じ取っているのだろう。 ジャケット通りの真…

続きを読むread more

アイドル・モーメンツ グラント・グリーン

代表的な1曲目もいいけれども、 ぜひ2曲目の魅力にも開眼して欲しいな。 本日再発。 アイドル・モーメンツ+2アーティスト: グラント・グリーン,ジョー・ヘンダーソン,ボビー・ハッチャーソン,デューク・ピアソン,ボブ・クランショウ,アル・ヘアウッド出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン発売日: 2007/12/…

続きを読むread more

ダイアナ・クラールの『オール・フォー・ユー』

神保町ジャズ喫茶「Big Boy」のマスターいちおしのダイアナ・クラールのアルバム。 というか、彼は昔からダイアナ・クラールが好きだったからね。 「あの人は完全男だよ」 なんていいながら、以前、このアルバムを貸してくれました。 オール・フォー・ユー~ナット・キング・コール・トリオに捧ぐ [Limited Editio…

続きを読むread more

リンゴ・スターのジャズアルバム

ビートルズのドラマーだったリンゴ・スターがジャズアルバムを出していたことはご存知? センチメンタル・ジャーニー(紙ジャケット仕様) / リンゴ・スター これはビートルズが解散表明をする一ヶ月前に発売された、リンゴの初ソロアルバムで、アレンジにはかのクインシー・ジョーンズも担当している曲もある。 《スターダスト》…

続きを読むread more