ジミー・ギャリソンのベース

ジミー(ギャリソン)についてこれだけは、はっきり言える。ジミーの拍子の取り方と、音の選び方は、ジョン(コルトレーン)が使ったベース奏者の中で最高だった。彼はどちらかというと表面に出たがらず、それがまたジョンの望み通りでもあった。(マッコイ・タイナー) マッコイの証言をまさに裏付けるとおりの演奏が、『ライブ・アット・ヴィレッジ・ヴァンガード』収録の《チェイシン・ザ・トレーン》を聴けばよく…

続きを読む