ザ・アシスタント嬢は聴いた!(最終回)

さて、一部の方からは熱烈な応援をいただいていた、「ザ・アシスタント嬢は聴いた!」も、本日で最終回です。 なぜなら、アシスタント嬢、本日で退職、なのです(笑)。 今まで、何度も徹夜をさせちゃったり、過酷な労働を強いてしまったこともあったりもしたけど、よくガンバってくれた、どうもありがとう! 新しい環境でも、楽しくバリバリ頑張っておくれ! というわけで、最後にアシスタント嬢に…

続きを読む

ジャコの未発表音源集!

これは、ジャコ・フリークならずともオススメしたい音源だ。 ジャコ・パストリアスのデビュー前のデモや未発表ライヴ音源が満載されたCD。 とくに、11曲中6曲が世界初音源だというから嬉しいではないか。 未発表、と聞くとおそらく多くの方の頭に浮かぶのは、 「音質、悪いんじゃないの?」 なのだろうが、気になるほどの劣悪音質のものはない。 私は、デビュー前のオルガン・トリオ…

続きを読む

アート・ペッパーのエキサイティング未発表音源

今月発売された、アート・ペッパーのエキサイティング未発表音源。 タイトル通り、1980年に行われたロンドンでのライブ音源だ。 まず、結論から言ってしまえば、後期ペッパーを代表する名演だといっても過言ではないということ。 特に、エキサイティングに煽りまくるカール・バーネットのドラムが、こちらのマインドにビシバシと迫ってきて気持ちがイイ。 加えて、ミルチョ・レビエフの…

続きを読む

サージ・チャロフの最後のリーダー作

バリトンサックスの第一人者、ジェリー・マリガンに大きな影響を与え、僅か33歳の若さで、この世を去った白人バリトン・サックス奏者、サージ・チャロフ。 よって、彼が遺した音源の数はそう多くはないが、チャロフがリーダーの最後のレコーディング『ブルー・サージ』を彼の代表をみなすファンは少なくないだろう。 彼のバリトンサックスは、流麗で、淀みがない。 くわえて歌心もある。 …

続きを読む

先日の「パーカー論争」について~PCMジャズ喫茶

先日、「寺島靖国のPCMジャズ喫茶」に私がゲスト出演した際、思いもよらぬ「パーカー論争」に発展した旨をこのブログに少しだけ書いた。 その内容の一部、長澤さんのトンデモ発言、新・珍説を、本日の21時より配信のメルマガ、『【Jazz Magazine】《ジャズのメールマガジン》』に書いておきました。 知りたい方は、これを機会に是非、メルマガのご登録を(笑)! ▼こちらから http:…

続きを読む

Art Pepper『Goin Home』

アート・ペッパー最晩年の作品、いわゆる遺作です。 まるでペッパーは、自分の持てるすべてをアルトサックスを通して搾りだしているかのよう。 お相手を務めるは、ピアニストのジョージ・ケイブルス。 タイトル曲《家路》の淋しさ切なさには胸がしめつけられます。 涙なしには聴けぬ1枚。 コンプリート“ゴーイン・ホーム”セッション / アートペッパー&ジョージ・ケイブルス,…

続きを読む

ジョージ・ケイブルスの隠れた名盤、再発!

これまた嬉しい再発。 地味だが、味わい深いジョージ・ケイブルスのトリオが、廉価で再発された(91年の発売当時は3000円ぐらいした、はず)。 ごくごく自然にピアノで歌うケイブルス。 特に意識せずに聴けば、普通に聴き流せてしまうぐらい、強烈なインパクトやひっかかりのない演奏かもしれないが、この丁寧な演奏っぷりと、しなやかなピアノ力は、分かる人が聴けば、強烈に分かるハズ。 …

続きを読む

ホントは田村翼もかけたかったのだが……

先日、寺島さんの番組にゲスト出演した際に、私がかけたのは以下の2枚。 VINTAGE/秋吉敏子 Charlie Parker at Storyville/Charlie Parker ホントは、2枚目には、全国のまだまだ名前だけで音を聴いたことがない人が多数いると思われる、田村翼の『スウィート・アマミ』か『メモリーズ・オブ・サマータイム』をかけようかと思っていたのだが、まず、話…

続きを読む

青木カレン『Karen EP』

常に瑞々しく新しい感覚の音にトライしているカレンな感覚はそのままに、そして耳に馴染みのある《ラヴ・フォー・セール》などのスタンダードが心地よく融合しているので、“青木カレン最初の1枚”にも最適。 ▼収録曲 1. LOVE FOR SALE feat. indigo jam unit 2. SUMMERTIME feat. indigo jam unit 3. TAKE MY HE…

続きを読む

ペッパーと麻薬

1950年代には多くの傑作を生み出したアルトサックス奏者のアート・ペッパーだが、麻薬のために長い間音楽キャリアにブランクを空けてしまう。 1960年の10月に麻薬所持の容疑で逮捕されて以来、服役と治療、出獄、わずかな演奏活動→再度麻薬に手を染め→再び逮捕 を繰り返していた。 奇跡のカムバックと呼ばれたシーンへの復帰は1973年なので、60年からは13年もの歳月が経過していることになる…

続きを読む

パーカー論争

ふっふっふ、行ってきました、『寺島靖国のPCMジャズ喫茶』。 今回2度目のゲスト出演で、本日収録された内容は、編集を経てから、来月の3週目と4週目に放送されます。 詳しい内容は、追って少しずつ報告するとして、でも、今回の目玉は、なんといっても、「パーカー論争」でしょうね。 もうお気づきのとおり、 寺島&長澤組 vs 岩浪&雲 という陣営が組まれ、 私から見れば…

続きを読む

7/19放送の「寺島靖国のPCMジャズ喫茶」を聴いて

正確には、7/12日に放送された内容の再放送なのだが、ゲストは山中千尋。 まぁ、二人ともよく喋る喋る喋る。 ほとんど、寺島さんと山中千尋が喋ってたんじゃないかと思うほどで、長澤さんにいたっては、数回しかコメントしてないんじゃないかな? 岩浪さんも長澤さんより少しだけ発言回数は多いが、似たようなもの。 ま、自分らが前に出るよりも、寺島さんとゲストを立てるために一歩引くという…

続きを読む

ヘフナー用ヴァイオリンベース弦

以前、遊びで、普通の4弦ベースにヘフナー専用の弦を張ってみようとしたことがあります。 私が大好きなフラット・ワウンドの弦だし、ってことで。 LaBella 760FHB2 for Hofner ”Beatle Bass” ところが、ヘフナーってショートスケールなのよね。だから、長さが足りんかった(涙)。 残念。 ヘフナーに貼ると、あのビートルズ時代のポール・マッカートニーば…

続きを読む

クリス・ハンター『スカボロー・フェア』

音色やプレイスタイルから、なにかとデヴィッド・サンボーンと比較されがちなクリス・ハンターですが、彼ならではのオリジナリティを強力に打ち出したのが1989年に録音された『スカボロー・フェア』です。 ポップなメロディ・ラインのセンス、暖かくマイルドなトーンは、ゆるやかな気持ちにさせてくれます。 ジャズとして構えて聴くのではなく、極上のBGMとしての1枚。 スカボロー・フェア /…

続きを読む

今週のこれを聴くべし! 《フラメンコ・スケッチ》~『カインド・オブ・ブルー』

先週もマイルス・デイヴィスだったが、 今週もマイルスの超有名盤、 かつ、超名盤の『カインド・オブ・ブルー』より、 《フラメンコ・スケッチ》 を、CD棚、 あるいはレコード棚から取り出して聴きなおしてみよう。 『カインド・オブ・ブルー』の代名詞ともいえる、 《ソー・ホワット》。 1曲だけウイントン・ケリーがピアノで参加のブルースという 話題…

続きを読む

アスペクト・イン・ジャズ~チック・コリア特集

前回の放送で「アスペクト・イン・ジャズ」も最終回か、残念だったなぁ~と思いきや、先日の金曜日には、「番組ピックアップ」として「チック・コリア」特集が放送された。 解説&流された曲は、 《マトリクス》、 《ナウ・ヒー・シングズ・ナウ・ヒー・ソブス》、 《デュエット》、 《ネフェルティティ》、 《ヌーン・ソング》 ソリッドステイトの『ナウ・ヒー・シングズ・ナ…

続きを読む

池田芳夫、田村翼を語る

私のジャズ友であり、 ジャズカフェ「スコット・ラファロ」のオーナーでもあるtommyさんは、 ベーシスト・池田芳夫さんにベースを習っているのですが、 池田芳夫さんといえば、 田村翼との共演歴のある方。 昨日は、tommyさん、ベースのレッスンもそこそこ、 池田先生に色々とインタビューをされたようで、 その内容が、 「スコット・ラファロ」のブログにア…

続きを読む

ラジオ番組、持てそうです

昨日、FM東京のプロデューサーがやってきて、色々と打ち合わせをしたのだが、おそらく、秋あたりから、新番組を立ち上げてもらえそう。 詳細は追って、随時、公開していいところまで公開してゆく予定だけど、もしかしたら2枠、かも?!

続きを読む

ジャズアレンジでペール・ギュント「山の魔王の宮殿にて」を聴く

もしかしたら、ジャズファン、あるいはクラシックファンも眉をひそめるかもしれませんが、ブライアン・セッツァーによるクラシックのジャズアレンジも時には面白いです。 特にペール・ギュントをアレンジした《山の魔王の宮殿にて》なんかが面白い。 特に、ギターをやっている人にとっては、ロック、ジャズ問わず、おいしいフレーズ満載ゆえ、たくさん盗める箇所があるのではないでしょうか? ウル…

続きを読む

う~ん、いいっ!! 田村翼の『メモリーズ・オブ・サマータイム』

本日購入した田村 翼の『メモリーズ・オブ・サマータイム』を聴いているんだけど、いっやぁ~、こりゃええわぁ~(笑) エキサイティングな演奏に、会場の熱気、息遣いが臨場感たっぷりに封じ込められた音源。 takaraさんゴメン! もしかしたら、おれ、こっちのほうが好きかも(笑)。 もちろん、このアルバムに比べると、いくぶんエレガントさの成分の強い『スイート・アマミ』も、もちろんいいけ…

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ