パーカー論争

ふっふっふ、行ってきました、『寺島靖国のPCMジャズ喫茶』。 今回2度目のゲスト出演で、本日収録された内容は、編集を経てから、来月の3週目と4週目に放送されます。 詳しい内容は、追って少しずつ報告するとして、でも、今回の目玉は、なんといっても、「パーカー論争」でしょうね。 もうお気づきのとおり、 寺島&長澤組 vs 岩浪&雲 という陣営が組まれ、 私から見れば…

続きを読む

7/19放送の「寺島靖国のPCMジャズ喫茶」を聴いて

正確には、7/12日に放送された内容の再放送なのだが、ゲストは山中千尋。 まぁ、二人ともよく喋る喋る喋る。 ほとんど、寺島さんと山中千尋が喋ってたんじゃないかと思うほどで、長澤さんにいたっては、数回しかコメントしてないんじゃないかな? 岩浪さんも長澤さんより少しだけ発言回数は多いが、似たようなもの。 ま、自分らが前に出るよりも、寺島さんとゲストを立てるために一歩引くという…

続きを読む

ヘフナー用ヴァイオリンベース弦

以前、遊びで、普通の4弦ベースにヘフナー専用の弦を張ってみようとしたことがあります。 私が大好きなフラット・ワウンドの弦だし、ってことで。 LaBella 760FHB2 for Hofner ”Beatle Bass” ところが、ヘフナーってショートスケールなのよね。だから、長さが足りんかった(涙)。 残念。 ヘフナーに貼ると、あのビートルズ時代のポール・マッカートニーば…

続きを読む

クリス・ハンター『スカボロー・フェア』

音色やプレイスタイルから、なにかとデヴィッド・サンボーンと比較されがちなクリス・ハンターですが、彼ならではのオリジナリティを強力に打ち出したのが1989年に録音された『スカボロー・フェア』です。 ポップなメロディ・ラインのセンス、暖かくマイルドなトーンは、ゆるやかな気持ちにさせてくれます。 ジャズとして構えて聴くのではなく、極上のBGMとしての1枚。 スカボロー・フェア /…

続きを読む

今週のこれを聴くべし! 《フラメンコ・スケッチ》~『カインド・オブ・ブルー』

先週もマイルス・デイヴィスだったが、 今週もマイルスの超有名盤、 かつ、超名盤の『カインド・オブ・ブルー』より、 《フラメンコ・スケッチ》 を、CD棚、 あるいはレコード棚から取り出して聴きなおしてみよう。 『カインド・オブ・ブルー』の代名詞ともいえる、 《ソー・ホワット》。 1曲だけウイントン・ケリーがピアノで参加のブルースという 話題…

続きを読む

アスペクト・イン・ジャズ~チック・コリア特集

前回の放送で「アスペクト・イン・ジャズ」も最終回か、残念だったなぁ~と思いきや、先日の金曜日には、「番組ピックアップ」として「チック・コリア」特集が放送された。 解説&流された曲は、 《マトリクス》、 《ナウ・ヒー・シングズ・ナウ・ヒー・ソブス》、 《デュエット》、 《ネフェルティティ》、 《ヌーン・ソング》 ソリッドステイトの『ナウ・ヒー・シングズ・ナ…

続きを読む

池田芳夫、田村翼を語る

私のジャズ友であり、 ジャズカフェ「スコット・ラファロ」のオーナーでもあるtommyさんは、 ベーシスト・池田芳夫さんにベースを習っているのですが、 池田芳夫さんといえば、 田村翼との共演歴のある方。 昨日は、tommyさん、ベースのレッスンもそこそこ、 池田先生に色々とインタビューをされたようで、 その内容が、 「スコット・ラファロ」のブログにア…

続きを読む

ラジオ番組、持てそうです

昨日、FM東京のプロデューサーがやってきて、色々と打ち合わせをしたのだが、おそらく、秋あたりから、新番組を立ち上げてもらえそう。 詳細は追って、随時、公開していいところまで公開してゆく予定だけど、もしかしたら2枠、かも?!

続きを読む

ジャズアレンジでペール・ギュント「山の魔王の宮殿にて」を聴く

もしかしたら、ジャズファン、あるいはクラシックファンも眉をひそめるかもしれませんが、ブライアン・セッツァーによるクラシックのジャズアレンジも時には面白いです。 特にペール・ギュントをアレンジした《山の魔王の宮殿にて》なんかが面白い。 特に、ギターをやっている人にとっては、ロック、ジャズ問わず、おいしいフレーズ満載ゆえ、たくさん盗める箇所があるのではないでしょうか? ウル…

続きを読む

う~ん、いいっ!! 田村翼の『メモリーズ・オブ・サマータイム』

本日購入した田村 翼の『メモリーズ・オブ・サマータイム』を聴いているんだけど、いっやぁ~、こりゃええわぁ~(笑) エキサイティングな演奏に、会場の熱気、息遣いが臨場感たっぷりに封じ込められた音源。 takaraさんゴメン! もしかしたら、おれ、こっちのほうが好きかも(笑)。 もちろん、このアルバムに比べると、いくぶんエレガントさの成分の強い『スイート・アマミ』も、もちろんいいけ…

続きを読む