変形合体ブルース!(←本文とはあまり関係ありません)

先日発売された小川隆夫さんの新刊 この本は、なかなかカッコいい装丁なので、表紙を眺めたり、紙の匂いをかいだりしながら(笑)、お気に入りのアルバムのところから、ランダムに少しずつ読んでいるのだが、 ……あ、ソニー・クラークの『クール・ストラッティン』の紹介のところで、2つ間違いを発見! ひとつは、P231の “その代表的な演奏がタイトル曲だ。二四小節で構成されたこの…

続きを読む