クリス・ハンター『スカボロー・フェア』

音色やプレイスタイルから、なにかとデヴィッド・サンボーンと比較されがちなクリス・ハンターですが、彼ならではのオリジナリティを強力に打ち出したのが1989年に録音された『スカボロー・フェア』です。 ポップなメロディ・ラインのセンス、暖かくマイルドなトーンは、ゆるやかな気持ちにさせてくれます。 ジャズとして構えて聴くのではなく、極上のBGMとしての1枚。 スカボロー・フェア /…

続きを読む