阿部等さんのデクスター・ゴードン特集はとても良かった

昨日、「いーぐる」の連続講演、阿部等さんによるデクスター・ゴードン特集に出席してきた。 もとより大好きなゴードンなだけあって、前々から楽しみにしていたんだけど、予想以上に良かった。 16曲中、9曲がブルーノートからのセレクションで、最初に選曲リストをいただいたときには、あらら、ちょっとバランス悪いんじゃないの? スティープルチェイスが少ないなぁ、なんて思ったのだが、実際データ上だけで…

続きを読む

山下洋輔『家』(紙ジャケット仕様) がCD再発売!

1976年に発売された筒井康隆の小説を題材にした山下洋輔の作品。 筒井康隆本人がナレーションで全面参加しています。 ブラジル音楽に取り組んだ最初の日本人で、伝説のボサノバ・ギタリストでもある伊勢昌之や、タモリも参加。 ジャズ畑からは、坂田明、向井滋春、近藤等則らが参加。 さらにシュガーベイブからは大貫妙子、寺尾次郎、村松邦男も参加というジャンルや音楽性を超えた素敵すぎる布…

続きを読む

昨日の続きですが、

「高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?」では、できるだけ、多くのゲストにご登場いただこうと思っています。 すでに、出演希望者も出てきていますし、こちらサイドからも、何人かの出演してほしい、ミュージシャンや評論家にもアプローチをかけはじめています。 そのほうが、狭い守備範囲の私だけの話よりも、話題の幅も広がるし、私もいろいろなことを勉…

続きを読む

ディレクター嬢と新番組の打ち合わせ

半蔵門のTFMに行き、10月より始まる新番組「高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?」の打ち合わせをした。 この番組を担当するディレクターは、なんと20代の女性! しかも、ジャズに関してはこれからモリモリ勉強していきたい! という意欲マンマンな子なので、基本的には、ジャズ初心者向けの内容を目指すこの番組にはうってつけの人員配置だと思…

続きを読む

今週のこれを聴くべし!~ソニー・ロリンズの《ポールズ・パル》

ソニー・ロリンズと、ジョン・コルトレーンの唯一の共演が記録された演奏、《テナー・マッドネス》。 シンプルなB♭のブルースに乗り、互いの技量を競い合う、テナーバトルの演奏は、両者の個性がクッキリと浮き彫りになった興味深い演奏。 と同時に、演奏としても楽しめる内容となっている。 したがって、『テナー・マッドネス』というアルバムは、どうしても、1曲目のタイトル曲ばかりに興味と話題が集…

続きを読む

「快楽ジャズ通信」の放送エリアと、放送時間帯のお知らせ

10月よりはじまる、私がパーソナリティをつとめるジャズ番組、 「高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Calles Jazz?」の 放送エリアと、放送局をお伝えします。 まだ、これから増えるかもしれませんが、 現時点での報告です。 放送は、いずれも土曜日の夜8時からの50分となります。 左から、局所在地/放送局/ステーションネーム/可…

続きを読む

ボビー・マクファーリンは、まずは映像から!

七色の声を持つ男、ボビー・マクファーリン。 ボビー・マクファーリンをご存じのない人は、まずは音のみのCDよりも、先に映像に触れていただいたほうが、彼の面白さ、素晴らしさ、スゴさがいっぺんに分かるだろう。 その映像とは、『スポンティニアス&インヴェンションズ』。 たった一人のパフォーマンスで、ステージを熱狂の渦に巻き込んだライブだ。 ソプラノ・サックスを吹くウェイン…

続きを読む

佐藤允彦フィーチャリング エディ・ゴメス&スティーヴ・ガッド『ダブル・エクスポージャー』

ピアニスト、佐藤允彦が放つ渾身の一作。 彼を支え、煽りたてるは、ベーシストのエディ・ゴメスと、ドラマーのスティーヴ・ガッドという強豪。 しかし、佐藤は彼ら強力なリズムセクションにまったく怯むことなく、むしろ堂々と主導権を握り、自己の音楽を展開してゆく様がかっこいいです(ま、リーダーだから当り前といえばそうかもしれませんが)。 日本的な「和」の要素を盛り込みつつも、ジャズには必要…

続きを読む

デトロイトの盟友同士による、デトロイト回想

トミー・フラナガンと共に、デトロイト出身のギタリスト、ケニー・バレルとの共演。 若き日のトミフラが、デトロイト在住時代に出演していたジャズ・クラブ『ブルーバード・イン』を回顧して作曲したタイトルナンバーが光る。 ▼収録曲 1. ブルーバード 2. イエスタデイズ 3. フィフティ・トゥエンティワン 4. ブルース・イン・マイ・ハート 5. バルバドス 6. ビヨンド・ザ・…

続きを読む

ウッドベースの生音

楽器の生音と、オーディオ装置で再生された音色には乖離があることはいうまでもない。 特に、ウッドベースの音色にそれが著しい。 ライブなどの生演奏に至近距離で接すればよくわかるが、まずはウッドベースの生音(ピックアップやマイクなどで拾って増幅した音ではなく、胴体のfホールから発せられる音色)が忠実に再生されることは、皆無といっても過言ではない。 とくにJBLやアルテック…

続きを読む