阿部等さんのデクスター・ゴードン特集はとても良かった

昨日、「いーぐる」の連続講演、阿部等さんによるデクスター・ゴードン特集に出席してきた。 もとより大好きなゴードンなだけあって、前々から楽しみにしていたんだけど、予想以上に良かった。 16曲中、9曲がブルーノートからのセレクションで、最初に選曲リストをいただいたときには、あらら、ちょっとバランス悪いんじゃないの? スティープル…

続きを読むread more

山下洋輔『家』(紙ジャケット仕様) がCD再発売!

1976年に発売された筒井康隆の小説を題材にした山下洋輔の作品。 筒井康隆本人がナレーションで全面参加しています。 ブラジル音楽に取り組んだ最初の日本人で、伝説のボサノバ・ギタリストでもある伊勢昌之や、タモリも参加。 ジャズ畑からは、坂田明、向井滋春、近藤等則らが参加。 さらにシュガーベイブからは大貫妙子、寺尾次…

続きを読むread more

昨日の続きですが、

「高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?」では、できるだけ、多くのゲストにご登場いただこうと思っています。 すでに、出演希望者も出てきていますし、こちらサイドからも、何人かの出演してほしい、ミュージシャンや評論家にもアプローチをかけはじめています。 そのほうが、狭い守備範囲の…

続きを読むread more

ディレクター嬢と新番組の打ち合わせ

半蔵門のTFMに行き、10月より始まる新番組「高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?」の打ち合わせをした。 この番組を担当するディレクターは、なんと20代の女性! しかも、ジャズに関してはこれからモリモリ勉強していきたい! という意欲マンマンな子なので、基本的には、ジャズ初…

続きを読むread more

今週のこれを聴くべし!~ソニー・ロリンズの《ポールズ・パル》

ソニー・ロリンズと、ジョン・コルトレーンの唯一の共演が記録された演奏、《テナー・マッドネス》。 シンプルなB♭のブルースに乗り、互いの技量を競い合う、テナーバトルの演奏は、両者の個性がクッキリと浮き彫りになった興味深い演奏。 と同時に、演奏としても楽しめる内容となっている。 したがって、『テナー・マッドネス』というアル…

続きを読むread more