なにもこんなに高速でやる必要ないのに、な、シリア

私はバド・パウエル作曲の《シリア》という曲が大好きだ。 名盤『ジャズ・ジャイアント』の2曲目。 あまりに有名かつ名演の《テンパス・フュージット》の次の曲なので、 いささか地味な印象もぬぐえないかもしれないが、 『ジャズ・ジャイアント』バド・パウエル なかなかどうして、この時代の鬼気迫るパウエルが 少々…

続きを読むread more

今週のこれを聴くべし!~ビリー・ホリデイの《ベイビー・アイ・ドント・クライ・オーヴァー・ユー》

ちょっとご無沙汰してしまった、「今週のこれを聴くべし!」 はい、本日はビリー・ホリデイです。 近日ラジオ番組で特集するシンガーということもあり、ここのところ、仕事場ではビリーばかりかけている。 今日と昨日で、のげでだいたい150曲ぐらいは聴いたかな。 そんなに、たらふく聴いて、飽きない? いや、全然! …

続きを読むread more

アカデミー助演女優賞を受賞した日本人ジャズシンガーは?

正解はナンシー梅木。 北海道小樽出身のジャズシンガーで、上京後ジャズシンガーとして米軍基地で腕を磨いた。 当時はペギー葉山とともに人気・実力ナンバーワンの日本人ジャズシンガーだった。 1956年に渡米し、出演した映画『SAYONARA』の演技が認められ、助演女優賞を受賞した。 サヨナラ [DVD] / 梅木ミ…

続きを読むread more

トミー・フラナガン『レッツ』

1993年録音。 トランペッターで、トミフラの友人でもあったサド・ジョーンズ作曲のナンバーを演奏した、いわば、サド・ジョーンズ作品集。 あいかわらず、センスの良いピアノを聴かせてくれます。 ▼パーソネル トミー・フラナガン(p) イエスパー・ルンゴー(b) ルイス・ナッシュ(ds) ▼収録曲 1.…

続きを読むread more

エヴァンスとコルトレーン

(マイルス・グループでの)最後の共演は、1958念11月4日から16日までの『ヴィレッジ・ヴァンガード』への出演とされる。そして、そのころにはエヴァンスがグループの誰よりも重度の常習者となり、人気グループゆえの過酷なツアーに耐えられなくなっていた。 だがエヴァンスが脱退した理由には、音楽的な要因もすくなからずあった。マイルスに…

続きを読むread more