寺島靖国さんと戦(?)う私

先週と先々週の土曜日に放送された、「寺島靖国のPCMジャズ喫茶」。 私がゲスト出演している回なのですが、人気ジャズブロガーのいっきさんが、そのときの模様をとても詳しく、そして面白おかしくレポートしています。 まるで番組を聴いている気分になること請け合い。 いや、いっきさんの突っ込みやコメントが秀逸なので、面白さは番組以上?(笑) 是非、のぞいてみてください。 ▼ http…

続きを読む

本日は、軽く決定事項のみを

えーと、さきほどディレクター嬢から 「明日は収録日なので、今日はちゃんと食べて、暖かい格好をして風邪をひかないよう今日は早く寝てください」令が発令され、 「はーい」と返事をしちゃった以上、良い子のボクはもう寝ますが(笑)、寝る前に、本日決定したことを2つほど報告。 まず、12月に松本茜さんのゲスト出演が決まりました。 松本茜トリオ/フィニアスに恋して~10代で最初で最後のレコ…

続きを読む

ザ・ディレクター嬢は聴いた【正解編】

さて、10/11と12日放送のフィニアス特集、 ディレクター嬢は、どの曲が一番イイと思ったか? の解答ですが、 正解は、 3. 《ハーレムブルース》 『ハーレムブルース』より でした。 ハーレム・ブルース 雲 「どうして、ハーレムが好きなんですか?」 嬢 「元気が出る曲だし、切れのいいパワフルなプレーが聴いていて気持ちいい!」 雲 「なる…

続きを読む

今週のザ・ディレクター嬢は聴いた!

さて、今週の「ザ・ディレクター嬢は聴いた!」です。 先週の放送、 そう、松本茜さんがゲスト出演したときの回にかけたナンバーで、ディレクター嬢がもっとも「いい!」と思った曲は、以下7曲のうちのどれでしょう? 1.《ダフード》『ワールド・オブ・ピアノ』より 2.《ラッシュライフ》『ワールド・オブ・ピアノ』より 3.《ハーレムブルース》『ハーレムブルース』より 4.…

続きを読む

放送第4回 ビリー・ホリデイ(2)

Songs For Distingué Lovers/Billie Holiday さて、今晩の「快楽ジャズ通信」は、ミュージックバードでの放送です。 ゲストは、ビリー・ホリデイで人生が変わった男、 「K-Style」の金田有記さん。 金田さんは、私の友人のアートディレクターです。 収録前にパチリ! ミュージックバードならではの「オマケコーナー…

続きを読む

放送第4回 ビリー・ホリデイ

本日、午後8時よりFM52局にて放送される 第4回目の「高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?」の特集は、ビリー・ホリデイです。 ミュージックバードは、明日の午後10時より放送されます。 今回はゲストに、Kスタイルのアート・ディレクター金田有記さんをお招きしました。 photo:tommy ビリー・ホリデイを特集する…

続きを読む

本日発売の「ジャズ批評」

本日発売の「ジャズ批評」に、「いーぐる」のマスター後藤さんと私との現代女性・ピアノトリオ対談が掲載されています。 ジャズ批評 2008年 11月号 [雑誌] 対談中の私の顔写真、かなり間の抜けた、というか、気の抜けた顔で掲載されているので、皆さん今月号は、読まないでください、買わないでください。寺島さんの連載も今月号はお休みだし! ……と、書くと、少しは読む気になりました?…

続きを読む

雨やまないかな煙

今日は、ずっと雨が降っているから、 というわけでもないが、 なんというか、 バリー・ハリスの『プレミナード』を2回ほど聴いていた。 ジャケ写がいいムード。 で、1曲目の《マイ・ハート・ストゥッド・スティル》のムードもダークになり過ぎず、パウエルほど乾いてもいず、非常に良い按配。 晴れないかなぁ、と窓からぼーっと顔を出して、タバコの煙をふあ~っと吐き出したときに、バリー・ハ…

続きを読む

スタンリー・タレンタインの『ザ・マン』

ソニー・クラークとトミー・フラナガン、2人のピアニストが参加。 それぞれのピアニストの個性を楽しめると同時に、やっぱりフロントでリーダーのタレンタインの存在感が圧巻。 ▼収録曲 1. レッツ・グルーヴ 2. シェリ 3. ストールン・スウィーツ 4. マイルド・イズ・ザ・ムード 5. マイナー・ムード 6. タイム・アフター・タイム 7. マイ・ガール・イズ・ジャスト・…

続きを読む

ザ・受付嬢は聴いた!~正解編~

あ、しまった、受付嬢じゃなかった。 ザ・ディレクター嬢の間違いでした(汗)。 気がつくと、指が勝手に受付嬢と打っていた。特に深い意味はないのだが……。 でも、なんとなく面白いので、タイトルは直さず、そのままにしておきますが(いいかげん)、 さて、前回の問題の答えは、 じゃんじゃじゃーん! 戦闘闘馬、じゃなくて、 セント・トーマスでした! 1番の《セント・トーマス》…

続きを読む