オーネットの『ゴールデン・サークル』で聴いて、心洗われた。

オーネット・コールマンの『ゴールデン・サークル』を久々に聴いて、心洗われた。 泉のごとく湧き出てくるオーネットのアルトは、どこまでも奔放。 このスピード感、飛翔感は、透明感は心の中の膿出し効果には最適。 さらに、凄烈なチャールズ・モフェットのシンバルもパワフルかつ澄んでいて、出てきた膿を洗い流す清流のごとし。 このアルバムの目玉は、なんといっても《フェイシーズ・アンド・プレイ…

続きを読む