さよならハバード、さよなら2008年!

先日、トランペッターのフレディ・ハバードが亡くなったとのニュースがありました。 唇の調子が回復しない、体調がすぐれないなどの話はちょくちょく伝わってきていたのですが、まさか亡くなってしまうとは。 享年70歳。 まだ60代半ばぐらいかな、と思っていたのですが、もうそのような年になっていたのですね。 謹んで冥福をお祈り申し上げます。 フレディ・ハバードといえば、初リ…

続きを読む

今週の「ザ・ディレクター嬢は聴いた!」正解編

さて、「ザ・ディレクター嬢は聴いた~フリューゲルホーン編」の正解は、ケニー・ホイーラーの「スマッター」でした。 どうしてこの曲が好きなのか、理由を尋ねてみましょう。 「日本を思わせるような綺麗な旋律だったので気に入りました。留学していた頃に聞いていたら、きっと、こればかり聴いていたことだろうと思います。 」 そう、ディレクター嬢は学生時代はカナダにいたんですよ。 …

続きを読む

放送第13回 『2008年ベスト』(3) マーク・アイザの『オファリング』

先日の番組ラストにかけたマーク・アイザの『オファリング』は、私のセレクションです。 とはいえ、この音源も以前、タワレコの吉村健さんに「雲さん、ジャジー・ヒップホップも聴きなよ」と紹介された音源ではあるのですが(笑)。 マーク・アイザは、スペインのドラマーです。 このアルバムの1曲目のタイトル曲を聴いて、 まずはウッドベースのセクシーな音色に引き込まれました…

続きを読む

放送第13回『2008年ベスト』(2)アフターアワーズ編

本日午後10時から放送のミュージックバードのアフターアワーズ編の主役というか司会は、いつのまにかディレクター嬢です(笑)。 というか、彼女が完全にイニシアチブ握ってますね。 今、プレイバックしてるんだけど、ワタクシ、結構イジメられております(涙)。 ミュージックバードをお聴きの方は、オマケの5分もお聴き逃しのないように~(笑) ▼番組では、復刻・発掘音源は流さなかったけど…

続きを読む

放送第13回 「年間ベスト発表」(1)

本日、コミュニティFMで放送される「高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?」の特集は、「2008年年間ベスト」です。 タワーレコード渋谷店のジャズバイヤー・吉村健(たけし)さんをお招きしています。 せっかくタワーレコード・渋谷店という、若者が多く集まる地域・お店の方をお招きしているので、年間ベストといっても、今年トータルで売れたCDの…

続きを読む

櫻倉レオン『Urban Score』

甘くハスキーな歌声が魅力の櫻倉レオンのソロアルバム。 豪華メンバーに囲まれたスタイリッシュなジャズ。 『たけしの誰でもピカソ』のエンディングテーマ《Cat Walk》も収録。 ▼参加ミュージシャン 倉田大輔(ケイコ・リー、ジェイ・トーマス) 加藤雄一郎(エゴラッピン、Calm) 伊藤志宏fromshima&shikou duo (UA、青木カレン) 東保光(山…

続きを読む

来年分の収録も着々と進んでます

来年1月放送の快楽ジャズ通信の収録も着々と進んでいます。 本日も2本録ってきました。 そのうちの1本のゲストはピアニストのアキコ・グレースさん。 以前、TFMのロビーでバッタリ出会ったときに、マイルスとトリスターノで話が盛り上がり、 「あ、色々話してくれそう、面白そう!」 と感じたので、その場で出演をお願いしたら、快く承諾をいただけたのです。 で、テーマはマイルスに絡めて…

続きを読む

放送第12回 「ジャズバッハ」(3) ファジル・サイのバッハ

番組中で、「ジャズではないんですけど、この伸び伸びした感じがものすごく気持ちいいです」といいながらかけたのが、ファジル・サイの《イタリア協奏曲》。 ファジル・サイ(p)/シャコンヌ!~サイ・プレイズ・バッハ(CD) トルコ人ピアニストのファジル・サイ。 最初に知ったのは、ストラヴィンスキーの《春の祭典》をピアノの多重録音でやっているアルバムを聴き、面白いピアニストだなぁと思ったのが…

続きを読む

ニュー・ロマン・トリオのCD2枚発売!

ニュー・ロマン・トリオの新譜2枚発売中! 松本茜嬢奏でるぬくもりのあるピアノで、この冬を暖かく! ジャズで聴くバッハ BACH JAZZ/NEW ROMAN TRIO[CD] ジャズで聴くバカラック BACHARACH JAZZ/NEW ROMAN TRIO[CD] どっちがいいんだよ? 迷うよ? そうお悩みの貴兄には、個人的にはバッハのほうをお勧めしたいかな。 …

続きを読む

告知×3

JAZZ喫茶「いーぐる」のマスター・後藤雅洋さんの新刊が面白い! ジャズ喫茶リアル・ヒストリー/後藤 雅洋 ¥1,575 Amazon.co.jp マイク・モラスキー氏の著書と合わせて読むと、 より一層「ジャズ喫茶」という戦後日本独特の特異空間が浮かび上がってくることでしょう。 戦後日本のジャズ文化―映画・文学・アングラ/マイク モラスキー ¥2,520…

続きを読む