放送第20回『A列車で行こう』(3)

ジャズは、“曲”の良さよりも素晴らしい“演奏”こそが醍醐味なんだと思います。 だからこそ、様々なジャズマンの様々な解釈、アプローチ、表現の違いを楽しんでもらうために、今後も番組では「曲シリーズ」は折にふれて続けてゆきたいと思います。 じつは今回の特集の俎上に乗せた《Aトレイン》は、ながらく苦手な曲でした。 メロディが単純明快過ぎて、あまりにもベタだから。 私はジャズにおいては…

続きを読む