放送第26回 MJQ特集 (3)

先日のMJQ特集の際に、『コンコルド』というアルバムの《朝日のように爽やかに》をかける前に、対位法の説明をし、バッハの音源をかけ、キーボードをディレクター嬢と手分けをして少し弾くなどの解説をしてみました。 そうしたら、リスナーの方から、 「普段は聞き流していたジョン・ルイスのピアノに耳がいくようになった」 「ピアノはヴァイブの後ろで和音を弾いているものとばかり思って…

続きを読む

ザ・ディレクター嬢は聴いた!~チャーリー・パーカー編

えー、だいぶブランクが空いてしまいました。 単に忘れていただけなんですが(汗)、 ザ・ディレクター嬢は聴いた! です。 もう少しで4月になろうとしているのに、 しばらく止まっていたので、 出題は1月の放送分から全然進んでいない。 今回は、1月の3週目に放送した、 チャーリー・パーカー特集からです。 (⇒こちら) チェイシン・ザ・バードのよういちさんがゲストの回…

続きを読む

放送第26回 MJQ特集 (2)

今回、MJQ特集のアフターアワーズ編でかけた《ジャンゴ》は、ミッシェル・ルグランの『ルグラン・ジャズ』に収録されているバージョンです。 このアルバムは、ルグランが新婚旅行でニューヨークに行った際に録音されたものです。 個人的にはこのヴァージョンが大好き。 スローテンポのイントロの後、アドリブに入った瞬間のマイルスの「ピッ!」の一声(?)が、なんともかっこよく、にくた…

続きを読む

放送第26回 MJQ特集(1)

DJANGO/MODERN JAZZ QUARTET 本日午後8時、明日の午後10時より放送される「快楽ジャズ通信」のテーマは、モダン・ジャズ・カルテット。 MJQの特集です。 今回番組内でかけたアルバムと曲紹介をサクッといきたいと思います。 なお今回よりこの番組は翌週木曜日のミュージックバードcrosscultureチャンネルの午後11時からの1時間でも放送されます。 …

続きを読む

放送第25回『ハードバップ特集』(3)

50年代中盤から60年代前後までのハードバップの魅力。 それこそたくさんあるのですが、メロディもさることながら、リズムの懐の深さについても触れておこうと思います。 一言で言えば、表面的には「柔」でありながら、その実、かなりしたたかに「剛」であることが大きな特徴。 一聴、なんの変哲もない4ビートに感じても、このニュアンスを現代で出せるジャズマンがどれほどいることか。 …

続きを読む

『オーバーシーズ』+トロンボーン&テナー(フルート)=『ダイヤル・J.J.5』

トミー・フラナガンの『オーヴァーシーズ』のメンバー(トミフラ+ウィルバー・リトル+エルヴィン・ジョーンズ)に、J.J.ジョンソンのトロンボーンと、テナー&フルートのボビー・ジャスパーの2管編成が乗っかった編成、と考えれば、多くのジャズファンは、聴いていなくともサウンドのテイストは、おおよその見当がつくかもしれない。 充実したリズムセクションの上に乗り、闊達に繰り広げられるブローイングは…

続きを読む

放送第25回『ハードバップ特集』(2)

私がハードバップのジャズに惹かれる大きな魅力の1つが、テーマのメロディがあります。 親しみやすく、時に泣けるメロディが多く、それを肉厚でクッションの効いた躍動的なリズムが下からズン!と支える力強さ。 この2つの要素が良い按配でミックスされれば、哀愁のハードバップの完成です(笑)。 先日番組で阿部さんがセレクトしたブルー・ミッチェルの《アイル・クローズ・マ…

続きを読む

今度はエレクトリック・ベース特集

今月号の「スイング・ジャーナル」に原稿を書いています。 (Swing Journal 2009年4月号) 今回のお題目は、前回の「ウッドベース」に引き続き、「エレクトリックベース」です。 楽器をやったことのない人に向けての記事というオーダーなので、あまりマニアックなことは書かず、詳しい方からしてみればベタな内容に感じられるかもしれませんが、是非、お目を通してくださいな。

続きを読む

ソニー・クリス&ジョルジュ・アルヴァニタス・トリオ『ライヴ・イン・イタリー』

イタリアで行われた、ソニー・クリスと伴奏するジョルジュ・アルヴァニタスのトリオ、そして現地のオーケストラによる演奏。 バックの編成がシンプルであれ、豪華であれ、クリスはいつものクリス。 流麗にコブシを回しながら歌うさまは変わりがないのだな、と。 ▼収録曲 1. Tin Tin Deo 2. Lover Man 3. Sonny's Blues 4. Summer…

続きを読む