坂本龍一の新譜と新刊

坂本龍一の自伝、『セルダム・イリーガル』以来、約20年ぶりの自伝を読んでいる。 幼少期から現在までの教授の足跡。 ファンとしては面白く、また、駆け足で読んでしまうのが勿体ないので、パラパラとランダムにページをめくりながら、興味のあるトピックスから、ゆっくりと読んでいる。 村上春樹の本を読むときと同じで、勢いに乗って早く読み終わるのが勿体ないので、勢いをセーブしながらゆっ…

続きを読む