放送第25回『ハードバップ特集』(2)

私がハードバップのジャズに惹かれる大きな魅力の1つが、テーマのメロディがあります。 親しみやすく、時に泣けるメロディが多く、それを肉厚でクッションの効いた躍動的なリズムが下からズン!と支える力強さ。 この2つの要素が良い按配でミックスされれば、哀愁のハードバップの完成です(笑)。 先日番組で阿部さんがセレクトしたブルー・ミッチェルの《アイル・クローズ・マ…

続きを読む