ポッドキャスト編完成!

「高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?」のポッドキャスト編、完成しました。 ▼ http://www.musicbird.jp/podcast/kairaku_jazz.xml 上記URLからダウンロードして聴いてみてください。 1時間の番組のダイジェスト版、 ……のつもりだったんですが、どちらかというと、 ディレクター…

続きを読む

ポッドキャスト配信!

いよいよ今週末より、「高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?」のポッドキャスト編が配信されます。 番組のエッセンスを10分程度のさわりで紹介するポッドキャスト編は、趣向を変えて、メインのナレーションはディレクター嬢が担当しています。 彼女の声のほうが通りがいいし、おしゃべりも上手。 私よりも、ずっとずっとキャラ立ちしている。 さす…

続きを読む

寺島さん発言に一言。

田中さんは、毎朝、会社に到着すると「おはようございます」と元気な声で職場の人たちに挨拶をします。 同じ職場の鈴木さんも、「おはようございます」と職場のみんなに挨拶をしています。 二人とも礼儀正しく、きちんと挨拶をするサラリーマンです。 しかし、田中さんの朝の挨拶は評判良いですが、 鈴木さんの朝の挨拶は辛気臭いと評判が悪い。 言っている内容は同じ「おはようございます」なの…

続きを読む

ジャズ批評2009年5月号

先日発売された『ジャズ批評』2009年5月号(No.149)の「ブログウォーキング」に、このブログに掲載した松本茜さんのライブレポートが転載されていますので、是非ご覧になってください。 tommyさん撮影の写真入り。 あと、このブログウォーキングには、 いっきさんのブログ記事(「いっき」のJAZZあれこれ日記)も掲載されていますので、いっきさんファンはお見逃しなく! …

続きを読む

放送第30回 フレディ・レッド特集(2)

今回フレディ・レッド特集で、彼の「せつなさのスパイス」として、メジャーセブンス系のコードの使い方のセンスについて言及しました。 簡単にいえば、ルート(コードの一番根っこになる音)から長7度(7番目)の音を重ねた和音で、このコードの響きを「しんみり」「しっとり」としたニュアンスで受け止める人も多いと思います。 レッドが作る曲は、躍動的な部分と、しんみりとした部分が露骨に分かれていること…

続きを読む

放送第30回 フレディ・レッド特集

快楽ジャズ通信も、早いもので、本日の放送で第30回を迎えました。 50回まではあっという間にいきそうですね。 願わくば、私のメルマガのように1000号を突破するぐらいまでは続けたいものですが、週一のペースだと私はきっとヨボヨボのお爺さんになっていることでしょう。 ま、回数云々よりも充実した内容を目指してゆきたいと思います。 さて、今回の特集はピアニスト、フレディ・レッドの…

続きを読む

『グルーヴィ』レッド・ガーランド

レッド・ガーランドの『グルーヴィ』評をアップしました。 こちら いやはや、ガーランドのコロコロ転がるようなピアノも、 伸びやかでノリノリのチェンバースのベースも、 手堅く、だけども躍動的なアート・テイラーのブラッシュワークも、 どれをとっても最高! ピアノトリオを代表するピアノトリオ(?)です。

続きを読む

ライク・サムワン・イン・ラヴ

ベタな曲だけども、 バド・パウエルのバージョンはいいよね。 ゴールデン・サークルでのゆったりとしたバージョンもいいけど、やっぱり、個人的にはデクスター・ゴードンの『アワ・マン・イン・パリ』のバージョンが好き。 ピアノを弾く喜びにあふれています。 元気なときも、疲れたときでも、両方OK!

続きを読む

『ジャコ・パストリアスの肖像』Blu-spec CD

ずっと書こう、書こうと思っていて すっかり忘れていたんだけれども、 『ジャコ・パストリアスの肖像』のブルー・スペックCD、かなりイイです。 レベルが高くなっただけでhなあく、音がクッキリ、通常CDよりも音が一歩、前に踏み出ているような感触があります。 そうそう、以前、じゃこのめさんから借りて聴いたんだった。 じゃこのめさんも、「このCDが出たことで、また新たな鑑賞の楽しみが増え…

続きを読む

放送第29回 スコット・ラファロ(4)

プロとしての活動歴が4~5年しかないスコット・ラファロ。 当然、1枚もリーダー作はありません(活動歴の短さのわりには多くの参加音源は残っているのは番組中で触れたとおりですが)。 しかし、ラファロ作曲の素晴らしい曲はあります。 その筆頭が、なんといっても《グロリアズ・ステップ》でしょうね。 番組でも冒頭に流しましたが、美しいメロディのナンバー。 エヴァンスのピアノ…

続きを読む

エルヴィン・ジョーンズがリーダーのピアノトリオ

ドラマーのエルヴィンがリーダーのピアノトリオ。 演奏が比較的あっさり目に感じるのは、トミフラのセンスによるものか。 とはいえ、トミフラとエルヴィンの組み合わせで駄盤はないので、聴いているうちに、じわじわと染みてくることはたしか。 地味なる名盤。 味わい深い演奏。 ▼パーソネル エルヴィン・ジョーンズ(ds) トミー・フラナガン(p) リチャード・デイヴィス(b) …

続きを読む

青木カレン『THE CLUB JAZZ DIVA』

日本を代表するクラブジャズ・アーティストたちが集結。 青木カレン、過去の音源を選りすぐったベスト盤ともいえる1枚。 オリジナル未発表新曲や、SAPPOROエビスビールWEBサイト「エビスBAR」内の「Y列車で行こう」のテーマソング「A列車で行こう」も収録。 クラブジャズ好きにとってはたまらない1枚でしょう。 ▼収録曲 1. LULLABY OF BIRDLAND 2…

続きを読む

放送第29回 スコット・ラファロ(3)

ラファロのベースの素晴らしさは、 「ビル・エヴァンスとインタープレイという新たなピアノトリオの手法を確立しました」 という文字情報ではない。 トピックスにはなるけれども、 演奏内容がしょぼかったら ここまで多くのジャズファンに聴き継がれていなかっただろう。 ラファロのベースは 聴き手の好奇心と想像力と好奇心を刺激してやまないサムシングがあると私は感じています。 そのサ…

続きを読む

いうなれば挑発的なピンクの薔薇

あふれ出るロマンティシズム。 全曲オリジナルで固めた、妹尾美里のファーストアルバム。 いうなれば挑発的なピンクの薔薇。 ほとばしる香気漂うピアノは、前へ前へと疾走してゆく。 優美さと常に湛えた1音1音の音符。 しかし、単に漂うのは甘い優美さのみならず、必ず「私を聴いてください。私を知ってください。願わくば魅入られてください」という強い主張が込められており、この意気込みが全体に漲…

続きを読む

放送第29回 スコット・ラファロ(2)

まずは昨日の補足です。 ジョン・ルイスの『ゴールデン・ストライカー』の《ジャンゴ》ですが、ギターはジム・ホールです。 書き忘れ、書き忘れ。 申し訳ない。 この回にゲスト出演してくれたtommyさんは、ご自身のブログに “そ「自分がやらなくてもいい」という判断が出来るのは「究極のクリエィティブ」だと思うんだよね。” と書かれていますが、私もそのとおりだと思います。 …

続きを読む

放送第29回 スコット・ラファロ(1)

快楽ジャズ通信第29回目の特集はベーシスト、スコット・ラファロの特集です。 全国52局のコミュニティFMでは、本日午後8時より。 ミュージックバードのジャズ・チャンネルでは、明日午後10時より。 ミュージックバードのクロスカルチャー・チャンネルでは、来週水曜日の午後11時より放送されます。 では、今回も番組で流したアルバムと曲目紹介をサラリと。 『サンデイ・アット・ザ・…

続きを読む

いよいよスコット・ラファロです。

明日・明後日の「快楽ジャズ通信」のテーマは、 ベーシスト、スコット・ラファロです。 ビル・エヴァンス・トリオのインタープレイで有名なベーシストですが、「エヴァンスとの共演がラファロではない。もっと多彩な活動をしていたベーシストなのだ」と主張するのは、ゲストにお迎えした沖縄のジャズカフェ「スコット・ラファロ」のオーナーtommyさん。 「こんな録音にも参加していたんだ!?」 と…

続きを読む

メカを操る女性はカッコいいぞ!

番組担当のディレクター嬢は、いつもミキサー卓とPCをサクサクと素早く操ります。 もちろん、それが仕事だから当然なのかもしれないけど、見ていてなんかカッコいい(笑)。 ギターとメカを自在に操る女性は見ていて気持ちがいいものです。 『爆竜戦隊アバレンジャー』で、アバレイエローに変身する元アイドルだったけどメカいじりが好きで引退した らんるさん(いとうあいこ)も、そこはかとなくミリタリー…

続きを読む

ハンク・モブレイの『ワーク・アウト』

本日、スタジオで番組収録と、今後のちょっとした打ち合わせを終えた夕方。少し火照った頭をクールダウンさせようと、四谷の「いーぐる」にコーヒーを飲みに行きました。 店でかかっていたのが、ハンク・モブレイの『ワークアウト』。 レコードでかかっていました。 久々に聴くな~。 これ、モブレイのテナーのみならず、グラント・グリーンのギターも光る好盤です。 持ってはいるし、昔は何…

続きを読む

放送第28回 ケントン楽団の歌姫たち(3)

今回の「ケントン歌姫」でかけたさまざまなケントン楽団出身の白人女性ヴォーカルの中で、私が一番好きな、というより「ジャズを感じる」歌手は、なんといってもアニタ・オデイです。 「ジャズを感じる」という曖昧な感覚、これっていったいなによ? と問われるとちょっと困ってしまうのですが、 強いて言語化するなら、私の場合は「退廃浪漫」な感じかな。 ちょっと不健康な感じ。 やるせなさと…

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ