今月号のジャズ批評

今月号の『ジャズ批評』2009年7月号は、150号記念号です。 1967年に創刊されて以来、季刊、隔月刊を経て、じつに40年以上の年月も発行を続けてきた雑誌なんですね。(そういえば、67年といえばコルトレーンが亡くなった年ですね) まだ、私が生まれる前から松坂編集長は奮闘してきたのだと思うと、その熱意には頭が下がりっぱなしです。 この150号は、ジャズ批評ゆかりの関係者…

続きを読む

放送第39回「ジミー・スミス」(3)

今月の10日に、ブルーノートの名盤50タイトルが1100円という廉価で発売されました。 廉価で50枚という思い切った大量リリース。先日ゲスト出演していただいたEMIミュージックジャパンの行方さんも「100枚全部買いの人もいるんだよ」と仰っていたとおり、“大人買い”な入門者も多いようです。 全部買っても5万5000円ですからね。 いやはや、私の場合は、その昔、1800円前後の輸入…

続きを読む

放送第39回「ジミー・スミス」(2)

活動的の長いジミー・スミスなだけあり、出しているアルバムの数も膨大です。 たとえば、彼を“発見”し、 最初に彼のリーダー作を世に送り出したブルーノートですが、 このレーベルだけでも40枚近く彼参加のアルバムをリリースしています(笑)。 演奏時間の長い曲も多いので、今回も選曲には苦労しましたが、それでもできるだけジミー・スミスのオルガン奏者の持つ様々な側面を、演奏の肌ざわりやアプロ…

続きを読む

放送第39回「ジミー・スミス」(1)

『高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?』。 今回のテーマは、オルガン奏者の「ジミー・スミス」です。 この番組は、本日午後8時より全国52局のコミュニティFMで放送されます。 ミュージックバードのジャズ・チャンネルでは、明日(日曜日)の22時からの放送、同じくクロスカルチャー・チャンネルでは、来週木曜日の23時より放送されます。 …

続きを読む

明日からジミー・スミス!

明日の土曜日、明後日の日曜日、 そして、来週木曜日放送の「快楽ジャズ通信」は、 ジミー・スミス特集です。 ファンキー、ノリノリ、圧倒的な音のシャワー! 選りすぐりの音源が流れます。 どうぞお聴き逃しなく! 土曜日:コミュニティFM52局(午後8時~8時55分)    ※放送FM局は右サイドテーブルを参照してください。 日曜日:高音質デジタル放送ミュージックバー…

続きを読む

放送第38回「ウイントン・マルサリス」(4)

最近発売されたウイントン・マルサリスの新譜はジャケットがなかなか素敵です。 テーマは、男女関係。 人類普遍のテーマではあるけれども、なんとも漠然かつ広範なテーマをウイントンはチョイスしたものだと思います(笑)。 ウイントン自身の詩の朗読も収録されていたりと、ウイントンならではの“思い込み”と周到な“作りこみ”がなされたアルバムではありますが、意外に聴きやすいといえば、聴きや…

続きを読む

細野不二彦『BLOW UP!』

沖縄のジャズカフェ「スコット・ラファロ」のオーナー・tommyさんのblog上での、ふとしたやりとりをキッカケに、その昔、愛読していたジャズマンガを思い出し、久々に読み返してみました。 『BLOW UP!』というマンガです。 やりとりは⇒こちら う~ん、やっぱりジーンとくるなぁ。 このマンガの設定や背景、ディティールが、結構リアルなんですよ。 ちょっとした会…

続きを読む

山下洋輔イントロデューシング国仲勝男『暖流』発売!

ベーシスト国仲勝男を山下洋輔がプロデュース。 1979年録音作品、本日発売 暖流 / 山下洋輔, 国仲勝男, 佐山雅弘, 小山彰太, 武田和命, 清水靖晃, 坂田明ほか ▼収録曲 1. アンブレラ・ダンス 2. グッドバイ・ポーク・パイ・ハット 3. バグス・グルーヴ 4. ウガンジョ(聖域) 5. カプランガ 6. ナーナ・(石垣島平野)|カウンター・…

続きを読む

湿度高き日々に、バッカナル

ここのところ、東京では週末から湿度がモワ~っと高い日が続いています。(今日はそうでもなかったけど) 紙なんかは、クターッとくたびれてくるし、 気分もなんだか頭が重くなってくるので、 あまりいい気分じゃありません。 雨がザーザー降りの日もありましたが、 降るんだか降らないんだかハッキリせい! な日もあったりと、 なんともグズグズした陽気は、 私の頭の中までグズグズと湿り気を…

続きを読む

放送第38回「ウイントン・マルサリス」(3)

ウイントン・マルサリスの父、エリス・マルサリス。 彼は、ベテランピアニストとして、またジャズ教育者としても有名です。 地元のニューオーリンズを中心に活動しているためか、あまり有名ではないかもしれませんが、息子のウイントンとの共演アルバム『スタンダードタイム vol.3』が発売された頃は、話題になりました。 しかし、これとほぼ同時期に発売された、リーダー作(ピアノトリオ)…

続きを読む