明日からは、ゲイリー・バートン特集

『高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?』、明日、明後日、来週木曜日の特集は、ヴィブラフォン奏者のゲイリー・バートンです。 ゲイリー・バートンに心酔してやまないヴィブラフォン奏者の山﨑史子さんがゲストです。 バートンを、ヴィブラフォンを、熱く語る山﨑さんは、とてもチャーミングな方でした。 彼女のトークもあわせてお楽しみに!

続きを読む

You Play Jazzをご存じですか?

WEBマガジン型JAZZ動画番組配信サイトの「You Play Jazz?」をご存じですか?⇒こちら ジャズスポット紹介から、ライブ動画、ジャズメンの連載コラムなど、ジャズ好きにはたまらない渋いコンテンツが充実したページなのです。 渋いといえば、「ジャズ批評150号記念」の編集長・松坂さんのインタビュー映像が渋い!⇒こちら 『ジャズ批評』誌創刊当時の画像などが挿入されつつ(時代…

続きを読む

放送第43回『サマータイム』(4)

今回番組中でかけた《サマータイム》の中でも、もっとも異色なのが、アート・ペッパーの『モダン・アート』に収録されているバージョンでしょうね。 といっても、オリジナルの『モダン・アート』には、《サマータイム》は収録されていません。 80年代後半にCD盤として復刻された輸入盤の『モダン・アート』に、ボーナストラックとして収録されたことによって、はじめて日の目を見た演奏です。 なん…

続きを読む

放送第43回『サマータイム』(3)

番組中で、ちらりと《サマータイム》と、《セントルイス・ブルース》の冒頭のメロディの近似性を指摘してみました。 《サマータイム》は、ジョージ・ガーシュインの作曲。 《セントルイス・ブルース》は、ガーシュインが尊敬していた作曲家、ウィリアム・クリスティ・ハンディ(W.C.ハンディと表記されることが多い)の曲です。 番組中では、ルイ・アームストロングの《セントルイス・ブルース》の一部を比…

続きを読む

放送第43回『サマータイム』(2)

《サマータイム》でおススメの演奏は? 《サマータイム》、最初の一枚は? と尋ねられたら、私はマイルス・デイヴィスの《サマータイム》を推したいと思います。 シャープにピリリと絞まったマイルスのミュート・トランペット。 とてもスマート、かつ知的です。 このマイルスのトランペットは、スルリと通り過ぎてゆくほどの滑らかさがありつつも、容赦なく照りつけるギラリとした太陽の…

続きを読む

放送第43回『サマータイム』(1)

7月25、26、30日に放送の『高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?』のテーマは《サマータイム》。 これは、きっと今晩も、日本の各地で演奏されるであろう超有名なスタンダードですが、もとはといえば、黒人オペラ『ポーギーとベス』の第一幕で歌われる子守唄です。 私はこのオペラ、DVDを持っていますが、ご興味のある方は是非ご覧になってくださ…

続きを読む

ポッドキャスト編、iTunesでも聴けるようになりました!

さて、今晩20:00より、コミュニティFMで放送される「高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?」のテーマは、《サマータイム》です。 いつものように、番組でかけたアルバムと曲をリストアップしようと思った、……のですが、 しまった!時間がない! そうなんです、本日は予定を入れまくってしまい、ほぼ1日中、まるまる外なので、パソコンを触…

続きを読む

次回のテーマはサマータイム

明日のコミュニティFM、 明後日のミュージックバードのJAZZ ch、 来週木曜日のミュージックバードのcross culture chで放送される「快楽ジャズ通信」のテーマは、今夜も、きっとどこかのジャズクラブで演奏されているであろう、大スタンダードの、「サマータイム」の特集です。 この名曲には、様々なアプローチ、様々なタイプの演奏があります。様々な感動を呼ぶ名演をお届したいと思いま…

続きを読む

放送第42回『アート・ブレイキー・アンド・ジャズメッセンジャーズ』(5)

きょうはちょっと精神的に疲れる出来事があり、 それに伴い、肉体的にも疲労気味な自覚があるので、手短に済ませたいと思います。 私が好きなアート・ブレイキーのアルバムは? といえば、 かなあ。 フロントは、 テナーサックス:ウェイン・ショーター、 トロンボーン:カーティス・フラー、 トランぺット:フレディ・ハバードの3人編成。 重厚なアンサンブル。 じ…

続きを読む

『ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン』

『ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン』評をアップしました。⇒こちら コルトレーンの『バラード』が好きな人は、 セットでこのアルバムが好きな人が多いですよね(笑)。 また、コルトレーンとエリントンの共演アルバムが好きな人も、 セットでこのアルバムが好きな人が多いように感じます。 で、そのような人が、 が好きだ~! って話はあまり聞かない(笑)。 …

続きを読む