明日からは、ゲイリー・バートン特集

『高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?』、明日、明後日、来週木曜日の特集は、ヴィブラフォン奏者のゲイリー・バートンです。 ゲイリー・バートンに心酔してやまないヴィブラフォン奏者の山﨑史子さんがゲストです。 バートンを、ヴィブラフォンを、熱く語る山﨑さんは、とてもチャーミング…

続きを読むread more

You Play Jazzをご存じですか?

WEBマガジン型JAZZ動画番組配信サイトの「You Play Jazz?」をご存じですか?⇒こちら ジャズスポット紹介から、ライブ動画、ジャズメンの連載コラムなど、ジャズ好きにはたまらない渋いコンテンツが充実したページなのです。 渋いといえば、「ジャズ批評150号記念」の編集長・松坂さんのインタビュー映像が渋い!⇒こちら …

続きを読むread more

放送第43回『サマータイム』(4)

今回番組中でかけた《サマータイム》の中でも、もっとも異色なのが、アート・ペッパーの『モダン・アート』に収録されているバージョンでしょうね。 といっても、オリジナルの『モダン・アート』には、《サマータイム》は収録されていません。 80年代後半にCD盤として復刻された輸入盤の『モダン・アート』に、ボーナストラックとして収録さ…

続きを読むread more

放送第43回『サマータイム』(3)

番組中で、ちらりと《サマータイム》と、《セントルイス・ブルース》の冒頭のメロディの近似性を指摘してみました。 《サマータイム》は、ジョージ・ガーシュインの作曲。 《セントルイス・ブルース》は、ガーシュインが尊敬していた作曲家、ウィリアム・クリスティ・ハンディ(W.C.ハンディと表記されることが多い)の曲です。 番組中では、…

続きを読むread more

放送第43回『サマータイム』(2)

《サマータイム》でおススメの演奏は? 《サマータイム》、最初の一枚は? と尋ねられたら、私はマイルス・デイヴィスの《サマータイム》を推したいと思います。 シャープにピリリと絞まったマイルスのミュート・トランペット。 とてもスマート、かつ知的です。 このマイルスのトランペットは、スルリと通り過ぎてゆくほど…

続きを読むread more