放送第41回『ボサノヴァ 女性ヴォーカル』(3)

今回の特集のアタマでかけたナンバーは、 ナラ・レオンの《小舟》です。 私の場合、《イパネマの娘》ではなく、この素朴な曲を聴いて「ボサノヴァっていいなぁ~」と初めて思いました。 ナラ・レオンって、結構好きなんですよね。 個人的には、アストラッド・ジルベルトよりも好き(笑)。 ボサノヴァの女王(ミューズ)と呼ばれたナラ・レオンは、 アントニオ・カルロス・ジョビンらとと…

続きを読む

『毛の生えた拳銃(若松孝二傑作選外伝7) 』発売!

毛の生えた拳銃! ▼参加ミュージシャン 中村誠一(ts) 森山威男(ds) 60年代後半のアンダーグラウンドシーンの荒涼とした幻想的フリージャズの傑作!! 映画用音楽テープから最新リマスタリングで収録! 音楽監修・相倉久人インタビュー掲載。

続きを読む

「マルカムの要塞」に行ってきたゾ!

本日、久々に渋谷の「マルカムの要塞」に顔を出してきました。 ん? マルカムの要塞? この深~く、深~いスポットは、説明すると長くなるうえに、 雰囲気を少しずつ「感じて」欲しいゆえ、 tommy's jazz cafeをご覧ください(笑)。←手抜き(笑) 沖縄のジャズカフェ『スコット・ラファロ』の店主、tommyさんのブログに、ちょくちょく登場します、マルカムの要塞。 …

続きを読む

ソニー・クリスとドロ・コカーの『ブルース・イン・マイ・ハート』

ソニー・クリスのアルトと、ドロ・コカーのピアノはとても相性が良いと思う。 当初はLPで発売された2人のレコード2枚分の録音が1枚のCDになったのがコレ。 お得盤です。 ▼パーソネル ソニー・クリス (as) ドロ・コカー (p) レイ・クロウフォード (g on 1-5 & 14) ラリー・ゲイルズ (b) ジミー・スミス (ds) Recorded in …

続きを読む

官僚たちが夏だった頃、NYではミッドナイトだった

先週から始まった、『ぼくの妹』の後番組、 日曜・夜9時からTBSで放映されている『官僚たちの夏』。 城山三郎の原作は、親父に「コレ読め」言われて、たしか中学生ぐらいのときに読んだ記憶があるのですが、実際映像化されたものを改めて観ると、感激と感動もひとしおですね。 私はナマケモノなので、その反動なのか、頑張る熱い男を見ると、ウルウルと目がしらが熱くなってきてしまうのです。 …

続きを読む

放送第41回『ボサノヴァ 女性ヴォーカル』(2)

7月の3週目に放送された『高野雲の快楽ジャズ通信』のテーマは「ボサノヴァ・女性ヴォーカル」。ゲストは、シンガーソングライターの上野まなさんでした。 ナラ・レオンやアストラッド・ジルベルトなどの定番歌手もチョイスしつつ(当然まなさんも彼女たちのファンです)、それだけだと面白くないので、リズムが打ち込みのナンバーも選曲してみました。 インコグニートのジャン・ポール"ブルーイ"モー…

続きを読む

放送第41回『ボサノヴァ 女性ヴォーカル』(1) ゲスト:上野まなさん

『高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?』。 今回のテーマは、ボサノヴァ・女性ヴォーカル特集です。 ゲストは、シンガーソングライターの上野まなさんです。 この番組は、本日午後8時より全国52局のコミュニティFMで放送されます(その時間にあわせてブログ、アップしてます)。 ミュージックバードのジャズ・チャンネルでは、明日(日曜日…

続きを読む

ゲストに上野まなさん! 明日、明後日、来週木曜日

明日からの『高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?』のゲストは、シンガーソングライターの上野まなさんです。 ピースするまなさんにつられて、私もピース 終始、まなまなパワーに引っ張られっぱなしだった私 テーマは「ボサノヴァ・女性ヴォーカル」特集。 さわやかな女性ボサ歌はもとより、 これら素敵なソングを題材に交わされ…

続きを読む

放送第40回「ミシェル・ペトルチアーニ」(4)

番組のアフターアワーズ編では、2曲をさわりでかけましたが、後半にかけた曲は、《ワルツ・ニュー》。 聞けばすぐにわかるとおり、この曲のコード進行は《いつか王子様》です。 《いつか王子様》を裏返したようなシンプルな旋律ゆえ、はじめて聞く人も親しみを感じるのではないかと思います。 この演奏は、ウェイン・ショーター、ジム・ホールとの共演ライブ『パワー・オブ・スリー』からのナンバーですが、こ…

続きを読む

上野まなさんがゲストに!

昨日、2本分の番組の収録をしてきました。 ゲストにいらしたのは、シンガーソングライターの上野まなさんです。 いやはや、収録、とっても楽しかったです。 彼女は音楽家ではありますが、ジャズやボサに関しては、いち純粋なファンです。 なので、今回の番組の内容は、 ミュージシャン目線や、評論家目線とは一線を画した、軽やかで楽しいノリのになったのではないかと思います。 あ…

続きを読む