放送第48回『ブルーノート1500番台の個性派たち』(3)

今回、行方さんがオススメの『J.R.モンテローズ』の《ウィー・ジェイ》は完全に盲点でしたね。 もちろん、持ってはいるし、もう10年以上前に購入したときは何度も聴いていました。 ところが、ここ数年の間はまったく聴いていなかった。 だから、アルバムの内容は記憶の中からきれいさっぱり忘れ落ちてしまっていた(汗)。 J.R.モンテローズは、どちらかというと、ザナドゥ盤の『ストレー…

続きを読む

放送第48回『ブルーノート1500番台の個性派たち』(2)

今回の「ブルーノート1500番台の個性派たち」、選曲の前半は、行方さんが出会ったアルバムの順番になっています。 かつてはロック少年だった行方さんが、ジャズに出会い、ズルズルとジャズに引きずり込まれてゆく過程がよくわかると同時に、「呪術的」と行方さんがおっしゃる通り、“入門の時からかなりヤバい音源に出会っているな~”と私は感じました。 ジャズに関しては白紙に近い状態の人が、これらディー…

続きを読む

放送第48回『ブルーノート1500番台の個性派たち』(1)

今回の「快楽ジャズ通信」のテーマは「ブルーノート・レーベル1500番台の個性派たち」。 ゲストはEMIミュージック・ジャパンのレコード・プロデューサーの行方均さんです。 コミュニティFM52局は、本日午後8時より、 ミュージックバードのジャズチャンネルは、明日(8/30)の午後10時より、 ミュージックバードのクロスカルチャー・チャンネルでは来週木曜日(9/3)の午後11時から1…

続きを読む

来月発売の「ジャコ・アーリー・イヤーズ・レコーディング」は……

ブログのデザインを変えてみました。 ジャコ・パストリアス研究家・じゃこのめさんにアドバイスされたからです。 先日、クリスチャン・マクブライドの取材の後、もつ煮の旨い飲み屋でビールをガブガブ飲んでいたら、じゃこのめさんに、 「雲さん、今までのゲスト出演者の写真、小さくてもいいからブログに載せといたら? 写真の力って大きいよ」 とアドバイスされたんですね。 なるほど、言…

続きを読む

明日からの特集はブルーノート!

明日、明後日、来週木曜日の「快楽ジャズ通信」のテーマは、 「ブルーノート1500番台の個性派たち」です。 ゲストは、EMIミュージックジャパンのレコードプロデューサー、そして、“日本のミスター・ブルーノート”の行方均さんです。 ただでさえも、個性的なミュージシャンに目をつけ、個性的、かつ、クオリティの高い音楽を発表しつづけてきたブルーノート・レーベルですが、その中でも、個性が際立つ…

続きを読む

クリスチャン・マクブライド取材

昨日のライブの興奮も冷めやらぬ本日の午後、再び「コットンクラブ」に赴き、クリスチャン・マクブライドの取材をしてきました。 フレディ・ハバードの思い出、 インサイド・ストレートのメンバーについて、 敬愛するベーシスト、レイ・ブラウンについて、 次期プロジェクトについて、 などなど、色々と話を聞いてきました。 詳細は、また追ってお知らせしたいと思います。 私のベースを持…

続きを読む

圧巻!マクブライドのベース!完全にやられました!

いや~、夜が明けてもまだ興奮がさめない。 昨日、「コットンクラブ」にクリスチャン・マクブライド(インサイド・ストレート)のライブに行ってきたんだけど、マクブライドの低音はすごかった。 パンチのある低音の一音一音が、ヘヴィ―級ボクサーが繰り出すパンチのよう。 ボスッ! ボスッ! ボスッ! 低音の一音ずつが、心地よい打撃となって、私の腹を直撃しまくり。 昨夜は、このパン…

続きを読む

ハンコック『サンライト』の隠し玉

昨日より、ハービー・ハンコックの『サンライト』の《アイ・ソート・イット・ワズ・ユー》と、笠井紀美子の『バタフライ』の《アイ・ソート・イット・ワズ・ユー》と、真心ブラザーズの《エンドレス・サマー・ヌード》を交互に聴いている私。 特に真心ブラザーズのノリノリの曲は、「う~ん、サビのメロディが、松任谷由美の《ダンデライオン》に似とるかもしれんの~」などと呟きながらも、気分は完全にソウルモ…

続きを読む

ハービー・ハンコック私的愛聴盤3枚

沖縄のジャズカフェ「スコット・ラファロ」のオーナー・tommyさんが、ここ最近ハンコックのアルバムばかりを聴きまくってハンコック研究をしています。 1日1枚聴き。 その日のテーマアルバムだけを繰り返し聴く。 なんてストイックな姿勢なんでしょう。 もうかなりの枚数を聴きこんだようなので、そろそろtommyさんのハンコック研究も後半に差し掛かってきている様子。 おそらく近日中に…

続きを読む

いっき、塩サバ、タカラにアキラ/ジャズブロガー群雄割拠時代(笑)

先日も紹介しましたが、今月号の『ジャズ批評』のブログランキングのコーナーにも、『「いっき」のジャズあれこれ日記』の管理人、いっきさんのブログからの記事も掲載されています。 いっきさんは、私の番組のレビューをしてくださっている、とっても素晴らしい友人なのですが、ここ10ヵ月近くの間のいっきさんのブログパワーと、それと優にも劣らないジャズパワーには驚嘆すべきものがあります。 「甲…

続きを読む

今月の『スイングジャーナル』と『ジャズ批評』

今月発売の『スイングジャーナル』に、私、記事書いてます。 クリスチャン・マクブライドの新譜について、そして全編アコースティック・ベースでアルバムを作るまでに至る経緯などの記事ですね。 片側1ページが、ズーン!とマクブライドのポートレイトが配されたレイアウトなので、なかなかいい感じに仕上がっていると思います。 是非是非、お読みになってください。 (Special Tan…

続きを読む

放送第47回『ジャズボサ』特集 (1)

今晩のコミュニティFMで夜8時からの放送、 そして、明日のミュージックバードのジャズチャンネルと、 来週木曜日のクロスカルチャーチャンネルの特集は、「ジャズボサ」です。 まだまだ暑い中、涼しいボサから熱いボサまで、とにもかくにも聴いていて楽しい、気持ちよい、ゴキゲンな気分になる内容を目指しました。 ボサの歴史や、細かな定義や、考え方、音楽的なアプローチに関しては、『ボサノバの歴史…

続きを読む

明日からジャズボッサ

明日、明後日、来週木曜日放送の快楽ジャズ通信のテーマは、「ジャズ・ボッサ」特集です。 北半球で生まれたジャズ。そのジャズの影響(特にウェストコーストの)影響を受けている南半球で生まれたボサノバ。 そして南半球で生まれたボサの要素を取り入れ、北半球で演奏されたジャズボサ。 料理もそうですが、同じカレーでも地域違えば味違うのと同じように、恩獏もところ変われば味変わります。 ボサは…

続きを読む

放送第46回『キャラヴァン』特集 (3)

デューク・エリントンがゴンゴンとピアノに悲鳴をあげさせている『マネー・ジャングル』を聴いてしまうと、しばらくは他のピアノトリオの《キャラヴァン》を聴く気がしなくなります。 しかし、もう番組を収録してからだいぶ時間が経ったので、ようやく落ち着いて、他のピアニストの演奏も聴けそうです。 エリントン以外でオススメしたいピアノトリオの《キャラヴァン》は、ケニー・ドリューの『ケニー・ドリュー・…

続きを読む

『POPEYE』と『Hot Dog PRESS』

先日、収録にいらしたトランペッター・類家心平氏は、ファッション誌『POPEYE』で紹介されていたチェット・ベイカーを見て、おお、ジャズマンってカッコいいな~!と感じたそうです。 そういえば、『POPEYE』じゃないけど、私は『Hot Dog PRESS』をたまに読んでいて、この雑誌には、巻頭の数ページにトレンドなカルチャーの話題が掲載されていたのですが、ここでウイントン・マルサリスの名前を…

続きを読む

トランペッター類家心平さんゲスト出演!

本日、9月放送の番組の収録をしてきました。 今回のテーマは、「第二期黄金のカルテット時代のマイルス」。 ゲストに、トランペッターの類家心平さんをお招きしました。 類家さんは、菊地成孔ダブセクステットの右腕として活躍する一方、ジャムバンドグループurb、Shinpei Ruike 4 piece bandを率いて活躍する、日本の若手No.1の呼び声も高いトランペッターです。 …

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ