橋本一子さんとの対談は興味深かったゾ!

先日、ピアニスト・橋本一子さんがゲストの会を収録してきました。 テーマは「打ち込みジャズ」。 ジャズは、「人力」のイメージの強い音楽ですし、 実際打ち込みの音楽は、ジャズ・ミュージシャンよりも、 テクノやヒップホップなど「その筋」の人たちが作りだすもののほうが刺激的で面白いものが多い。 しかし、ジャズ畑にもテクノロジー…

続きを読むread more

奔放なアッコちゃんと、アンソニー・ジャクソンのベースはやっぱり凄い

昨晩、You Tubeでアンソニー・ジャクソンの映像を集中的に見ていたんだけど、やっぱりというか、矢野顕子とのトリオに釘付けになってしまいました。 アッコちゃんの歌には好きなものがたくさんあるんですが、《電話線》、《いつか王子様が》、《デビッド》の3曲には格別な思い入れがあります。 坂本龍一アレンジのアルバムバージョ…

続きを読むread more

荒ヶ田貴美的冒頭解説効果良好

少し前から、番組のオープニングには、ディレクター嬢の解説を入れるようにしています。 今までは、私が特集の趣旨と、個人的な思い入れなどを語って番組の本編がスタートするような進行だったのですが、思い入れの比重が大きすぎて肝心なジャズマンや曲の情報が疎かになりがちだったこともあったため、 客観的情報=ディレクター嬢 主観的感想=…

続きを読むread more

アフターアワーズ編は、東京オリンピックや東海道新幹線の話など。

エリック・ドルフィー特集のバスクラ編のアフターアワーズ編、バックには『アウト・トゥ・ランチ』から《ハット・アンド・ベアード》をかけました。 本当は、この曲も番組内でかけたいと思った最有力候補の一つではあったのですが、時間の関係と、それとこのアルバムはトニー・ウィリアムス、ボビー・ハッチャーソン、フレディ・ハバードを特集するときのネ…

続きを読むread more

放送第52回『エリック・ドルフィー特集~バスクラリネット編』

今回の「高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?」の特集は「エリック・ドルフィー(バスクラリネット編)」です。 本日午後8時よりコミュニティFM、 明日午後10時よりミュージックバードのジャズチャンネルにて、 来週木曜日の午後10時からはミュージックバードのクロスカルチャー・チャ…

続きを読むread more