『アフロ・ディズニー』菊地成孔・大谷能生

 今考えるならば、このようなリスニング・スタイルはきわめて儀式性の高い行為だと言えるでしょう。われわれは、オーディオ・セットという神棚に向かい、どこで誰によって録音されたかもわからない音楽に対して真剣に耳を傾け、その言わんとすることを全身で受け止めようとする――こうした音楽の需要の在り方が、二〇世紀の長きにわたって、一般的には完全に受け入れられてきたという訳です。  日本におけるこのような音楽…

続きを読む