ブルーノート¥1100シリーズ第3弾・完結編

奄美大島のCDショップ「サウンズパル」のtakaraさんが、12月8日発売される「ブルーノート名盤リイシュー¥1100シリーズ第3弾・完結編」の全50タイトルを紹介してくれています。 これを機会に持っていないCDを買おう、買い直そうと思っている人は要チェックだ! ブルーノート¥1100シリーズ第3弾!① ブルーノート¥1100シリーズ第3弾!② takaraさん、第1、2…

続きを読む

いっきさんの「PCMジャズ喫茶」レポートが面白い!

昨日よりアップされている、いっきさんのブログ「いっき」のJAZZあれこれ日記の「PCMジャズ喫茶レポート」から目が離せません。 おそらく3回に分けてのレポートになると思いますが、その1、その2が滅茶苦茶面白い。 マンハッタン・ジャズ・クインテットのアルバムを80年代に買って聴いた人、爆発的なヒットを放ったマンハッタン・ジャズ・クインテットを毛嫌いしているコアなジャズマニアの方、「ジャ…

続きを読む

放送第60回「ジャズフルート特集」(2)

今回の「快楽ジャズ通信」の特集は“ジャズフルート”です。 ゲストはフルート奏者のMiyaさん。 今回は番組でかけた曲の紹介です。 ジェレミー・スタイグが好きだというMiyaさん。 ジェレミーのアグレッシヴな面がよく出た演奏、ビル・エヴァンスの『ホワッツ・ニュー』より《ストレート・ノー・チェイサー》。 What's New/Bill Eva…

続きを読む

Ella Fitzgerald & Joe Pass『Take Love Easy』評

エラ・フィッツジェラルドが、ジョー・パスのギター1本の伴奏で、素晴らしい歌唱をした名盤『テイク・ラヴ・イージー』評をアップしました。 ⇒ここをクリックすれば記事に飛べます Take Love Easyアーティスト: 出版社/メーカー: Pablo発売日: 1991/07/01メディア: CD

続きを読む

放送第60回『ジャズフルート特集』(1)

えーと、今回の快楽ジャズ通信の特集は「ジャズフルート」です。 ゲストはフルーティストのMiyaさんです! で、えーと、いつもだったら、番組でかけたアルバムと曲を紹介するところなのですが、今回はまだ同録が届いていないんです。 だいたい覚えてはいるけど、いつもは同録を聴きながらレポート書いているので、あやふやな記憶のまま書いてしまうと滅茶苦茶書いてしまいそうなので、アル…

続きを読む

快楽ジャズ通信、公開収録のお知らせ

明日、明後日、来週木曜日の「快楽ジャズ通信」のテーマは、「ジャズフルートです」。 ゲストは、フルーティストのMiyaさんです(>∀<)/。 そして、そのMiyaさんをゲストに迎えて、 来年、1月10日の日曜日に、銀座のアップルストアにて快楽ジャズ通信ポッドキャスト編の公開収録が行われます。 午後2時からのようです。 皆さんいらしてくださいね。 詳しくは…

続きを読む

Miles Davis『Bag's Groove』

先日、六本木の「アルフィー」に、ベーシスト・井上陽介さんのライブを観に行ってきました。 新作『LIFE』の発売記念のライブです。 LIFEアーティスト: 井上陽介,小曽根真,渡辺香津美,川嶋哲郎,大坂昌彦出版社/メーカー: エム アンド アイ カンパニー発売日: 2009/10/21メディア: CD メンバーは、 川嶋哲郎:テナーサックス 椎名豊:ピアノ 大坂昌彦:ド…

続きを読む

ドナルド・エドワーズのドラミングはシャープで重い

ことあるごとに、マーク・アイザというドラマーの『オファリング』が好きだと色々なことで書いたり言ったりしている私。 とくに、《マチルダ》という曲の彼のドラミングの畳み掛けるようなスピード感と繊細さが大好きなんです。 Offering/Marc Ayza このマーク・アイザのドラミングに重量感を付加すると、ドナルド・エドワーズのようなドラムになるのではないのかと。 彼のリーダ…

続きを読む

ピアニスト・水岡のぶゆき

昨日アップされていた、いっきさんのブログ、面白かったですね。 近藤サトが司会を務めた番組「音楽の正体」についての解説がされていました。 ⇒「いっき」のJAZZあれこれ日記 つい最近、いっきさんと私の間では、松本茜さんの《ハーフ・ブラッド》という曲で、控えめながらも効果的に用いられている「sus4(サスフォー)」と呼ばれているコードの響きと、曲の流れの中でどのように使われているの…

続きを読む