ドナルド・エドワーズのドラミングはシャープで重い

ことあるごとに、マーク・アイザというドラマーの『オファリング』が好きだと色々なことで書いたり言ったりしている私。 とくに、《マチルダ》という曲の彼のドラミングの畳み掛けるようなスピード感と繊細さが大好きなんです。 Offering/Marc Ayza このマーク・アイザのドラミングに重量感を付加すると、ドナルド・エドワーズのようなドラムになるのではないのかと。 彼のリーダ…

続きを読む

ピアニスト・水岡のぶゆき

昨日アップされていた、いっきさんのブログ、面白かったですね。 近藤サトが司会を務めた番組「音楽の正体」についての解説がされていました。 ⇒「いっき」のJAZZあれこれ日記 つい最近、いっきさんと私の間では、松本茜さんの《ハーフ・ブラッド》という曲で、控えめながらも効果的に用いられている「sus4(サスフォー)」と呼ばれているコードの響きと、曲の流れの中でどのように使われているの…

続きを読む

BOZO『Duende』評

以前、番組の「ウェイン・ショーター特集」にゲスト出演いただいた津上研太さん率いるバンドBOZOのアルバム『Duende』評を加筆修正して再アップしました。 ⇒こちらをクリック DUENDE/BOZO

続きを読む

テンプレートの時代

パソコンとネットの普及により、世は急速に「テンプレート」の時代になった感があります。 たとえば、稟議書や出張報告など、ビジネス書式のテンプレートは、簡単にダウンロード出来、これに数字や文字を埋めれば、あっという間に完成します。 テンプレートを作った人は苦労したかもしれませんが、それに乗っかるだけの我々は、ラクです。 さて、ジャズにとって最大のテンプレートは何かというと、私は「4…

続きを読む

Eric Dolphy『Memorial Album』評

エリック・ドルフィーの『メモリアル・アルバム』は2枚出ていますが、今回は、ブッカー・リトル(tp)との双頭コンボではないほうのレビューを加筆してみました。 リチャード・デイヴィスのベースとのデュオの《アローン・トゥゲザー》が染みます。 Memorial Album/Eric Dolphy

続きを読む

明日からの特集は、マーカスとマイルスです!

明日、明後日、来週木曜日放送の「快楽ジャズ通信」の特集テーマは、 マーカスとマイルスです。 そう、トランペッターのマイルス・デイヴィスとマーカス・ミラーです。 先日、ビルボードのマーカスさんの楽屋にお邪魔したときのインタビューを交えつつ、マーカスというフィルターを通した復帰後のマイルス・デイヴィスを紹介したいと思います。 今回は、独断と偏見を丸出しにしたドッカーン!な選曲でか…

続きを読む

奄美からブルースまで

先日、ゲストにいらした、ピアニスト・板橋文夫さんと打ち解けるキッカケは、奄美大島の話題でした。 私は奄美が好きで、というか「Sounds Pal」の高良さん会いたさに、これまで3回ほど足を運んでいますし、板橋さんも奄美大島にはよく演奏旅行に行かれるそうです。 というか、じつは板橋さんの奄美大島でのライブ話や、ライブ後においしそうに御飯をもりもり食べた話などは、以前高良さんから教えても…

続きを読む

ナンシー梅木『Miyoshi』評

1955年に渡米し、映画『サヨナラ』ではアカデミー賞の助演女優賞も受賞しているナンシー梅木のアルバム『ミヨシ』評をアップしました。 ⇒こちらをクリックしてください。 Miyoshi/ナンシー梅木

続きを読む

12月の「マッコイ・タイナー特集」のゲストは、板橋文夫さん!

昨日、TFMで番組収録してきました。 はやいもので、もう12月分の収録っすよ、、 12月、2週目の放送は(12/12,13,17)は「マッコイ・タイナー特集」。 ゲストはピアニストの板橋文夫さんです。 昨日収録したんですが、いやあ~板橋さん面白い。 写真のイメージからは気難しそうな方だと思っていたのですが、実際はまったくそんなことありませんでした。 いかにマッ…

続きを読む

放送第58回『トニー・ウィリアムス特集』(2)

マイルス・デイヴィスは自伝の冒頭で、彼がまだ若い頃にディジー・ガレスピーとチャーリー・パーカーがセントルイスにやってきたとき(1944年)の演奏に、ものすごい衝撃を受けたことを告白しています。 マイルス・デイビス自叙伝〈1〉 (宝島社文庫)作者: マイルス デイビス出版社/メーカー: 宝島社発売日: 1999/12メディア: 文庫 あの夜のときのフィーリングが欲しい。 マイルス…

続きを読む

Bobby Hutcherson『Oblique』評

ボビー・ハッチャーソンの『オブリーク』評をアップしました。 ⇒ここをクリックしてください。 まるで「ルパン三世」のバックに使えそうな極上のリラクゼーションナンバーから緊張感あふれる演奏まで。《処女航海》の名演で知られる『ハプニングス』の姉妹盤とでもいうべき内容です。 Oblique/Bobby Hutcherson

続きを読む

『iPod Fun』2009年10月号に「快楽ジャズ通信」のポッドキャスト編が紹介されました。

少し前の話になっちゃいましたが、9月発売の『iPod Fun』(毎日コミュニケーションズ)で、『高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?』のポッドキャスト編、「ジャズボサ特集」が紹介されました。 iPodFan 2009 Autumn(マイコミムック) (MYCOMムック)作者: 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ発売日: 2009…

続きを読む

放送第58回『トニー・ウィリアムス特集』(1)

本日の午後8時よりコミュニティFMで放送の「高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?」のテーマは、ドラマーの「トニー・ウィリアムス」。 ゲストは、ジャズドラマーの大坂昌彦さんです。 ミュージックバードのJAZZchは、明日、日曜日の午後10時から、 同じくミュージックバードのcross culture chでは、来週木…

続きを読む

今月の「ADLIB」にマーカス記事書いています。

そういえば、告知するの、すっかり忘れていたんですが(汗)、今月号の「ADLIB」(ケイコリーが表紙の号ね)に、マーカス来日ライブ記事書いてます。 ADLIB (アドリブ) 2009年 11月号 9月に来日したマーカス・ミラーさんが六本木・ミッドタウンの『ビルボード』で熱いライブを繰り広げましたが、ライブ開始前に楽屋を訪問してインタビューしたお話とともに、ライブについての記事を書かせて…

続きを読む

マーカス・ロバーツ氏インタビュー!

先日、来日したピアニスト、マーカス・ロバーツ氏のインタビューに丸の内の「コットンクラブ」に行ってきました。 私は彼のピアノが結構好きだったので、直に本人をお話することが出来てとても嬉しかったです。 物静かに、じっくりと言葉を吟味しながらデューク・エリントンの音楽を語るロバーツさん。 彼が敬愛してやまないエリントンの特集は、来月中旬の放送です。 もちろん、マーカスさ…

続きを読む

オススメ本『人を動かす質問力』

嘘か誠か真実は分かりませぬが、「ジャズ評論家のトホホな都市伝説」の一つとして誠しやかに語られている話があります。 その評論家先生は、来日した某ジャズマンのインタビューをすることになったのですが、そのときの質問内容が、 「あなたが196●年の▲月◆日に録音した作品についてですが……」 だったのだそうです。 いきなりウン十年も前にレコーディングをした演奏について尋ねられたジャズマンは…

続きを読む

スガダイローさんとの対談&セッション映像~虚構の中のリアリズム

人気ピアニスト・スガダイローさんとの対談&セッションの模様が、インターネットTVの「You Play Jazz」にアップされました。 ⇒ここをクリック! 「機動戦士ガンダム」のグフから、次第にダイローさんのジャズ観、音楽観に話が移行していますが、まあなんちゅーか、二人ともメカ好きなので、ガンダムでもあり、結局は宇宙戦艦ヤマトの波動砲なのであります(笑)。 スガさん主…

続きを読む