放送第58回『トニー・ウィリアムス特集』(2)

マイルス・デイヴィスは自伝の冒頭で、彼がまだ若い頃にディジー・ガレスピーとチャーリー・パーカーがセントルイスにやってきたとき(1944年)の演奏に、ものすごい衝撃を受けたことを告白しています。 マイルス・デイビス自叙伝〈1〉 (宝島社文庫)作者: マイルス デイビス出版社/メーカー: 宝島社発売日: 1999/12メディア: 文庫 あの夜のときのフィーリングが欲しい。 マイルス…

続きを読む

Bobby Hutcherson『Oblique』評

ボビー・ハッチャーソンの『オブリーク』評をアップしました。 ⇒ここをクリックしてください。 まるで「ルパン三世」のバックに使えそうな極上のリラクゼーションナンバーから緊張感あふれる演奏まで。《処女航海》の名演で知られる『ハプニングス』の姉妹盤とでもいうべき内容です。 Oblique/Bobby Hutcherson

続きを読む