今年もあとわずか。ノラ・ジョーンズの《ザ・ストーリー》と《バック・トゥ・マンハッタン》

今年もあとわずか、ですね。 来年もよろしくお願いします。 来年といえば、2日、3日放送の「快楽ジャズ通信」のテーマは、ノラ・ジョーンズです。 ゲストはシンガーソングライターの上野まなさん。 新年らしく(?)、 いつもとはちょっと違って、 かなりのリラックスモードな内容になっていると思います。 どうぞ、お楽しみに。 私が好きなノラ・ジョーンズは、 ウォ…

続きを読む

Joe Zawinul & The Zawinul Syndicate『World Tour』

気持ちの良い音色と躍動感。ジョー・ザヴィヌル(ザヴィヌル・シンジケート)の『ワールド・ツアー』! World Tourアーティスト: 出版社/メーカー: Zebra発売日: 2006/10/24メディア: CD リチャード・ボナや、 ビクター・ベイリーの 疾走するベースもいい感じです。

続きを読む

究極のベースソロ(2)

ベースソロが苦手な私ですが、 苦手とか、やりたくないとか、 そんなことを言ってヘラヘラしている私は まだまだ甘ちゃんだぜ~、 と痛いほど喝を入れまくってくれるのが、 ジミー・ギャリソンのベースソロの映像なのです。 この映像は『コルトレーン・レガシー』というビデオの映像なのですが(今はDVDにもなって出ています)、 私は大学時代から、ことあるごとに、 このビデオの中…

続きを読む

究極のベースソロ(1)

私は、ベースソロが苦手です。 バックで伴奏をしていることが好きなのです。 だから、ジャムセッションなどで自分にベースソロがふられると逃げ出したい気分になります(笑)。 オレは、伴奏しているだけで満足なんだから、 そんなオレにスポットを当ててくれなくてもいいんですぅ~、 どうぞ、そのままテーマにお戻りください~、 という気持ちになっちゃうんです。 技量的な問題もあ…

続きを読む

Phil Woods『Phil Talks With Quil』評

フィル・ウッズとジーン・クィルの熱いサックスバトル『フィル・トークス・ウィズ・クィル』評をアップしました。 フィル・トークス・ウィズ・クィルアーティスト: フィル・ウッズ=ジーン・クイル,フィル・ウッズ,ジーン・クィル,ソニー・ダラス,ボブ・コーウィン,ニック・スタビュラス出版社/メーカー: エピックレコードジャパン発売日: 1999/05/21メディア: CD 熱いけど、 熱いだ…

続きを読む

松本茜さんの新譜『プレイング・ニューヨーク』は1/20発売だ!

もう来年の春で卒業だったかな?  女子大生ピアニスト・松本茜さんの新譜が、 来年(来月)の1月20日に発売されます。 タイトルは『プレイング・ニューヨーク』。 先週から、一足先に、聴きまくっていますが、いいぞ~。 のっけから、ドカーンと迫力演奏、ビックリさせてくれます。 今回はバップチューン中心の選曲。 ライブでの定番ナンバーで、私が大好きなバド・パウエ…

続きを読む

今年のまとめ

ジャコ・パストリアス研究家のじゃこのめさんが、「今年のまとめ」を何回かに分けてアップしてくださっています。 私にとって、そして、おそらくはじゃこのめさんにとっても、今年は実りのある楽しい1年でした。 ありがとうございました。 今年のまとめ(その1) 今年のまとめ(その2) 今年のまとめ(その3) 今年のまとめ(その4)

続きを読む

真心ブラザーズの《エンドレス・サマー・ヌード》

思いっきり冬ですが、 思いっきり真夏の映像(笑)。 いや~、カッコいいです。 テンポの早いライブもいいけど、オリジナルのバージョンも、もちろん素晴らしいです。 いや~、青春、青春(笑)。 この曲は、birdもカバーしているけど(⇒こちら)、こちらは、個人的にはイマイチですね。 歌は良いんですが、アレンジがよくないのかな? クールに、曲の熱量をあえて抑…

続きを読む

Randy Weston『Portrait Of Thelonious Monk』

ランディ・ウェストンの『ポートレイツ・オブ・セロニアス・モンク』! Portraits of Monkアーティスト: 出版社/メーカー: Polygram Records発売日: 1990/06/01メディア: CD ウッドベースがうねるウネル。 重量級アコースティック・ファンクとでもいうべき、ピアノトリオ+パーカッションの編成で奏でられるモンクナンバー集です。 …

続きを読む

今月の「ジャズ批評」にも、

書いてます(笑)。 「いっき」のJAZZあれこれ日記のいっきさんも、書いてます(笑)。 今回の特集は「白人テナーサックス」。 好きな白人サックス奏者3人とアルバムのところにも、3つ挙げて書きました。 さて、誰と誰と誰でしょう?(笑) 書店でチェックしてね! ジャズ批評 2010年 01月号 [雑誌]作者: 出版社/メーカー: 松坂発売日: 2009/12/24メディア…

続きを読む

ん?

偶然発見↓ 中国のサイト? http://cn.last.fm/music/MUSIC+BIRD/+tracks

続きを読む

第65回『2009年ジャズ・年末ベスト』(2)

今日の夕方にようやく、今回の同録が届いたので、現在、それを聴きながらパソコンをパチパチ叩いています。 昨日、本日、大晦日放送の特集は「2009年・年末ベスト」。 ゲストはTOWER RECORDS渋谷店のジャズバイヤー、吉村健さんです。 1曲目の吉村さんオススメのManami Moritaさんの新譜『Colors』からの《ジャングルブック》は、昨日ブログで紹介したので割愛さ…

続きを読む

第65回『2009年ジャズ・年末ベスト』(1)

今回の特集は、「年末ベスト」。 ゲストは、TOWER RECORDS渋谷店のジャズバイヤー、吉村健さんです。 いつもなら、コミュニティFMで放送が開始される、この時間に合わせて番組でかけた音源の紹介をアップしているのですが、今日はまだ番組の同録が届いていません(最近来ないことが多いのですよ)。 恐らく、明日か明後日には届くでしょうから、同録が届いた時点で、編集された番組内容をチ…

続きを読む

小林香織『LUV SAX』

ジャズサックス、というよりも、サックスインスト、という感じかもしれない。 たしかに聴きやすくはあるのだが、コアはジャズマニアにはちょっと歯ごたえ少ないかも?! ▼収録曲 1. Story 2. もらい泣き 3. Missing 4. Sweet Memories 5. メリー・ジェーン 6. 元気を出して 7. PRIDE 8. I Love You…

続きを読む

明日からの「快楽ジャズ通信」は、年末ベスト発表!

いよいよ年末ですね。 今年の「快楽ジャズ通信」も残すところあと1回。 今年ラストの特集は、「年末ベスト」です。 ベストといっても、売れ行きのベストではありません。 今回ゲストにご登場いただいたTOWER RECORDS渋谷店のジャズバイヤー・吉村健さんと、私の2人による「思い入れベスト盤発表」です。 ま、吉村さんの場合は、実際に店頭で売れた音源もご紹介してくださいますが…

続きを読む

マイルス・ジャレット(笑)

私が毎週楽しみににしているテレビ番組の一つに、毎週日曜日の朝7時から放送されている『夢色パティシエール』があります。 いつも女房と息子と3人で観ています(笑)。 パティシエに憧れる女の子が、お菓子作りの専門学校・聖マリー学園でスイーツ修行を重ねる話です。 夢色パティシエール 1 (りぼんマスコットコミックス)作者: 松本 夏実出版社/メーカー: 集英社発売日: 2008/12/15…

続きを読む

1月のケニー・ドリュー特集、ゲストは水岡のぶゆきさん

昨日、1月分の番組2本分の収録を行ってきました。 そのうちの1本は、ケニー・ドリュー特集。 ゲストは水岡のぶゆきさんです。 彼とは、実は20年ぐらい前に一緒にバンドを組んでいたんです。 たしか、渋谷の楽器屋でベースを買ったときのことです。 ベースを買った後、その楽器屋さんには、メンバー募集の掲示板があったので、そこにメンバー募集の張り紙を出したんですよ。 まだ、ベース…

続きを読む

Cliff Jordanの『Cliff Jordan』(Blue Note 1565)

今朝は寒いけれども、なんだか太陽の日差しからすると、日中は暖かくなりそうな予感です。 冬の晴れた日に、iPodに音源を落として、近所の公園を散歩したくなる「心ぽかぽか」なアルバムといえば、クリフ・ジョーダンの『クリフ・ジョーダン』。 クリフ・ジョーダンアーティスト: 出版社/メーカー: EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)発売日: 2008/12/26メディア: CD …

続きを読む

ウィルバー・ハーデン『メイン・ストリーム1958』

参加ジャズマンは、コルトレーン、トミー・フラナガンなど。 ▼収録曲 1. ウェルズ・ファーゴ 2. ウェスト・42nd ストリート 3. E.F.F.P.H. 4. スナッフィ 5. ロードマグネチックス メイン・ストリーム1958ウィルバー・ハーデンコロムビアミュージックエンタテインメント発売日 2009-12-23価格:¥1,100(税込)発送可能時期:在庫あり。

続きを読む

エラ・フィッツジェラルド『ジャズ・アット・モントルー1977 [DVD] 』

1977年、エラ、モントルーでのライブ。 ピアノでサポートするは、トミー・フラナガン。 ▼収録曲 1. トゥ・クロース・フォー・コンフォート 2. アイ・エイント・ガット・ナッシン・バット・ザ・ブルース 3. マイ・マン 4. カム・レイン・カム・シャイン 5. デイ・バイ・デイ 6. オーディナリィ・フール 7. ワン・ノート・サンバ 8. アイ・レット・ア・ソング…

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ