松井秀喜は「55」だが、55年前の今日録音されたジャズは?

移籍後の松井秀喜のエンゼルスの背番号は「55」になりましたが、では、55年前のジャズといえば(強引な話の飛び方ですな~)、まさに、本日2009年12月18日から55年前に録音されていたのが、あの名盤、『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』だったのです。 サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン+1アーティスト: クリフォード・ブラウン,ハービー・マン,ポール・クイニシェッ…

続きを読む

放送第63回「マッコイ・タイナー特集」(2)

村上春樹の『海辺のカフカ』を読まれましたか? 海辺のカフカ (上) (新潮文庫)作者: 村上 春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/02/28メディア: 文庫海辺のカフカ (下) (新潮文庫)作者: 村上 春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/02/28メディア: 文庫 読まれた方は、下巻でジョン・コルトレーンの《マイ・フェイヴァリット・シングズ》が登場したことを…

続きを読む

John Zorn『Masada 1』評

ジョン・ゾーンの『マサダ1』評をアップしました。 マサダ1アーティスト: 出版社/メーカー: ディウレコード発売日: 1994/12/17メディア: CD クラリネットで演奏されれば、そのままユダヤのクレッツマーになりそうな音楽ですが、ピアノレス編成で疾走するジョン・ゾーンのアルトサックスは、まるで攻撃力の高いオーネット・コールマン。 オーネットとドン・チェリーのコンビに近い肌触り…

続きを読む

橋本一子さん自らのライブレポート

先日、銀座のアップルストアでの一子さんライブに行ってきて、良かったぞ~な話は先日書きましたが、一子さん自らもブログでライブレポをアップしています。 ⇒ここをクリックすると一子さんブログに飛べます 打ちこみと人力の融合、共存に関しては一子さんは独自の含蓄をお持ちで、それは、先日放送された「打ち込みジャズ」でも一子さんは、興味深い発言をたくさんしていただきましたが、今回のブログにも一子さんの…

続きを読む

誰だ、こんな音楽かけてるのは!

昨日書いてアップした「ジャズ喫茶話」ですが、いっきさんがウケてくれたので、調子にのって、パート2を書きます(笑)。 私は、アルバイトをしてみたかったジャズ喫茶に、後輩がアルバイトをしている日にお邪魔して、夜な夜な通ってはレコードをかけていた、ということは先日書いたとおり。 ある日のこと。この店に行こうと思ったら、急にイヤな予感がしたので、行くのをやめました。 大正解でした。…

続きを読む

『Kenny Burrell & John Coltrane』評

ケニー・バレルとジョン・コルトレーンの『ケニー・バレル&ジョン・コルトレーン』評をアップしました。 ⇒ここをクリックしてください ケニー・バレル&ジョン・コルトレーンアーティスト: ケニー・バレル,ジョン・コルトレーン,トミー・フラナガン,ポール・チェンバース,ジミー・コブ出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック発売日: 2009/01/21メディア: CD …

続きを読む

Jan Lundgren『Will You Still Be Mine?』評

ヤン・ラングレンの『ウィル・ユー・スティル・ビー・マイン?』評をアップしました。 ⇒ここを押して記事に飛んでください PLAYS MUSIC OF MATT DENNISアーティスト: 出版社/メーカー: FRESH SOUND発売日: 2009/03/22メディア: CD 粋な曲をたくさん書いた作曲者、マット・デニスの曲ばかりを演奏した軽妙かつセンスにあふれる、聴きやすい…

続きを読む

銀座アップルストアでの橋本一子さんライブ

昨日、銀座のアップルストアにて行われた、橋本一子さんのイン・ストア・ライブに行ってきました。 今回は、アコースティック・トリオのub-xではなく、打ち込みのほうのArc'd-Xのライブ。 メンバーは、橋本一子(vo,key) 石井AQ(syn,DJ,vo) 小田島亨(sax,fl) の3名。 一子さんが今年発表したアルバム『Arc'd-X』からのナンバーが演奏され、いやあ、もう…

続きを読む

放送第63回「マッコイ・タイナー特集」(1)

今回放送の「快楽ジャズ通信」のテーマは、マッコイ・タイナー。 ゲストは板橋文夫さん。 今回は番組中にかけた音源の紹介をいたします。 まずは、板橋さんが学生時代に夢中になってコピーしたという思い出のレコード、マッコイの『インセプション』よりタイトル曲。 インセプションアーティスト: マッコイ・タイナー,アート・デイビス,エルビン・ジョーンズ出版社/メーカー: ユニバーサル ミュ…

続きを読む

今回のテーマはマッコイ・タイナー。ゲストは板橋文夫さん

本日からの「高野 雲の快楽ジャズ通信~What Is This Thing Called Jazz?」のテーマは、ピアニスト、マッコイ・タイナーです。 ゲストは、板橋文夫さん。 板橋さんのユニークなトークもたっぷり楽しめます。 コミュニティFMは、本日午後8時から55分、 ミュージックバード・ジャズチャンネルでは、明日の午後10時より1時間、 ミュージックバード・クロスカルチャ…

続きを読む