放送第70回『バップピアノ(女性ピアノ)』(2)

本日のアフターアワーズで、ゲストの松本茜さんにセッションしていただいた曲は、《ハーフ・ブラッド》。 茜さんのオリジナル曲です。 彼女のファースト、『フィニアスに恋して』に収録されています。 松本茜『フィニアスに恋して』~10代で最初で最後のレコーディング... とてもいい曲です。 だから大好…

続きを読むread more

マーヴィン・ゲイの《What's Going On?》を支えたベースの弦は?

先ほど、ラウンド弦とフラット弦の話を書きましたが(こちら)、じつは、弦の種類はこの2種類だけではありません。 動物の腸から作るガット弦。 ジャズだと、チェンバースやミンガスなど、昔のウッドベース奏者が使っていた弦ですね。 芯線のみのプレーン弦(いわゆるピアノ線)。 これは、三味線や、胡弓の最高音弦のみに使われます。 …

続きを読むread more

ウェス・モンゴメリーとフラットワウンド

アクセス解析をしていると、毎日、必ず「フラットワウンド」という言葉で検索をかけて、このブログに辿りつかれる方がいらっしゃるようです。 ▼私はダダリオのフラット弦を愛用しています。 【ベース弦】【Long Scale,5弦ベース用】D`Addario Flat Wound Bass Strings ECB81-5 …

続きを読むread more

Paul Bley『Introducing Paul Bley』

ポール・ブレイのファーストリーダー作『イントロデューシング』! Paul Bley ポール・ブレイ / Introducing Paul Bley ベースがチャールス・ミンガスで、 ドラムがアート・ブレイキーというすごい組み合わせ。 ヒンヤリとした触感のブレイのピアノは、 ピタ心地よく、そこはかとなくふ…

続きを読むread more

昨日の“ツボ”検索ワード

昨日も、なかなか興味深いワードで検索をかけて、このページに辿りつかれた方が大勢いらっしゃるようです。 いっけんジャズとは関係ないワードでありながらも、 そのじつ、私にとっては、ツボにくるワード。 ということは、これらのワードも間接的にはジャジーであり、そんなキーワードをも包括してしまうジャズという音楽の懐の深さを感じざ…

続きを読むread more