さっくりと聴きやすいスムースファンク~トミィ

たまにはジャズ以外の話題を。 スロバキア出身のシンガーソングライター、トミィのセカンドアルバム『ウィズ・ユー』は、なかなか耳に心地よいアルバムです。 ウィズ・ユー(期間生産限定盤)アーティスト: 出版社/メーカー: SMJ発売日: 2010/01/13メディア: CDtommyじゃなくて、TOMIね(笑)。 “極上のシルキー・ヴォイス”というキャッチコピーそのままの、甘くて…

続きを読む

ジャコの《ダニア》

久々にジャコ・パストリアスの『ライヴ・イン・ニューヨーク vol.1』を聴いています。 Live in New York City, Vol. 1: Punk Jazzアーティスト: 出版社/メーカー: Big Bear発売日: 1992/03/24メディア: CDハイラム・ブロック、ケンウッド・デナードのトリオ編成のvol.2も良いのですが、私はニューヨークのシリーズでは、vol.1…

続きを読む

纐纈さんのサックスに背中ゾワゾワ!?

昨日、TFMのスタジオにて「快楽ジャズ通信」の収録を行いましたが、収録現場に遊びにいらした、ジャズ友いっきさんが、早速そのときの模様をブログにアップされています。 “「いっき」のJAZZあれこれ日記” タイトルは、「纐纈雅代さんのアルトに背中が”ゾワゾワ”!」。 “背中ゾワゾワ”って面白い表現だ(笑)。 纐纈さんのルックスを、EXILEと一緒に踊っていそうなレゲエネエ…

続きを読む

放送第69回『ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ』(7)

「快楽ジャズ通信」の「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ」特集ラストのナンバーは、エリック・ドルフィーの『ラスト・デイト』より。 天空に飛翔してゆくかの如き エリック・ドルフィーのフルートは 本当、いつ聴いても素晴らしい! ラスト・デイトアーティスト: エリック・ドルフィー,ミッシャ・メンゲルベルグ,ジャック・ショールス,ハン・ベニンク出版社/メーカー: ユニバーサル …

続きを読む

放送第69回『ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ』(6)

「快楽ジャズ通信」の、「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ特集」でかけた5曲目は、本田竹曠のバージョン。 ヴォーカル×2、テナー×2という、いささか偏った流れで進んできたので、そろそろピアノトリオを、ということになりかけたのが、『ジス・イズ・ホンダ』からのバージョンでした。 ジス・イズ・ホンダアーティスト: 本田竹曠トリオ出版社/メーカー: アブソードミュージックジャパン発…

続きを読む

放送第69回『ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ』(5)

今回の快楽ジャズ通信の「スタンダード特集:ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ」でかけた4曲目は、ソニー・ロリンズの『サキソフォン・コロッサス』からのバージョン。 私がもっとも好きな《ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ》が、このバージョンです。 コルトレーンの『バラード』と比較すると、同じテナーサックス奏者でありながら、両者の様々な違いが浮き彫りになります。 両者…

続きを読む

放送第69回『ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ』(4)

昨日、本日の夜10時、木曜日の午後11時から放送の 「快楽ジャズ通信」の特集、 「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ特集」でかけた3曲目は、ジョン・コルトレーン『バラード』より。 バラードアーティスト: ジョン・コルトレーン,マッコイ・タイナー,ジミー・ギャリソン,レジー・ワークマン,エルヴィン・ジョーンズ出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック発売日: 200…

続きを読む

放送第69回『ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ』(3)

今週の「快楽ジャズ通信」の特集、スタンダードナンバーの「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ特集」でかけた2曲目は、ジミー・スコットのバージョンです。 アルバム『バット・ビューティフル』より。 バット・ビューティフルアーティスト: ジョー・ベック,リニー・ロスネス,ジョージ・ムラーツ出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント発売日: 2002/02/21メディア: CDじわじ…

続きを読む

放送第69回『ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ』(2)

今回の「快楽ジャズ通信」の特集、スタンダードナンバーの「ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ特集」でかけた1曲目は、カサンドラ・ウィルソンのバージョン。 ブルー・ライトアーティスト: 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン発売日: 1998/03/28メディア: CDのっけからディープに迫ってみました(笑)。 このカサンドラが歌う《ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ…

続きを読む

『Swing Journal 2月号』中山智広氏の“松本茜評”には「愛」がある。

今月号のスイングジャーナルのレコ評に松本茜さんの『プレイング・ニューヨーク』評が掲載されています。 Swing JOURNAL ( スイングジャーナル ) 2010年 02月号 [雑誌]作者: 出版社/メーカー: スイングジャーナル社発売日: 2010/01/20メディア: 雑誌 タイトルは「松本には輝く未来があると思う」。 レビュアーは、中山智広氏。 とてもよく今回…

続きを読む

纐纈雅代さんに、矢野沙織さんの新譜をブラインド(笑)

昨日、「快楽ジャズ通信」の収録にいらしていただいた纐纈雅代さんに、 同じ女性アルトサックス奏者としての意見を聞いてみようと、矢野沙織さんの新譜を聴いてもらいました(笑)。 BEBOP AT THE SAVOYアーティスト: 矢野沙織,ジム・ロトンディ,Hideo Ichikiawa,ランディ・ジョンストン,Tomio Inoue,パット・ビアンキ,Hideo Yamaki,Fukus…

続きを読む

纐纈雅代さんがゲスト!

昨日、番組収録してきました。 テーマはジャッキー・マクリーン。 ゲストは、アルトサックス奏者の纐纈雅代さんでした。 ソリチュード フィーチャリング纐纈雅代アーティスト: 鈴木勲,纐纈雅代,塩本彰,小松伸之,中村恵介出版社/メーカー: Sony Music Direct発売日: 2008/09/10メディア: CD番組後のアフターアワーズでは、 纐纈さんの超・入魂アルトも聴くこ…

続きを読む

Freddie Redd『San Francisco Suite』評

ピアニスト、フレディ・レッドの『サンフランシスコ組曲』を加筆修正アップしました。 ⇒ここをクリックすると記事へ サンフランシスコ組曲アーティスト: フレディ・レッド,ジョージ・タッカー,アル・ドリアーズ出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック発売日: 2009/06/19メディア: CD 今日の東京は快晴。 陽ざしの暖かい今日みたいな冬の日に、聴くの…

続きを読む