Grant Green『I Want Hold Your Hand』評

45年前の本日にレコーディングされた、グラント・グリーンの『抱きしめたい』。 I Want to Hold Your Handアーティスト: 出版社/メーカー: EMI Japan発売日: 1997/10/27メディア: CD エキサイティングなエルヴィン・ジョーンズのドラミングを楽しめる《スピーク・ロウ》。 以前、番組にゲスト出演いたいだいたスガダイローさんとこの演奏…

続きを読む

放送第78回「渡欧後のバド・パウエル」(2)

今回の放送の冒頭で、ディレクター嬢が読み上げた、渡欧から死までのバド・パウエル、ナレーション原稿です(嗚呼、毎週これ書いてたんだけど、今回が最後だぁ~!←と、解放感感じてます) ピアニスト、バド・パウエルは 1959年、 クレオパトラの夢でも有名なブルーノートでの5枚目のアルバム、『ザ・シーン・チェンジズ』を録音した後、アメリカの生活に見切りをつけて、ヨーロッパに移住しました。 …

続きを読む

女子アナ・金城わか菜 with スコット・ラファロ

最近のジャズカフェ「スコット・ラファロ」のオーナーtommyさんは、マイク・モラスキーさん著の『ジャズ喫茶論』に書いてある内容に関して ジャズ喫茶論 戦後の日本文化を歩く作者: マイク・モラスキー出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2010/02/27メディア: 単行本 いろいろと考えたり、少し怒ったり、反省してみたりと、色々と忙しいようですが(笑)、 ▼このあたりです マイク…

続きを読む

Cannonball Adderley『キャノンボールズ・ボサ』

キャノンボール・アダレイの『キャノンボールズ・ボサ・ノヴァ』! Cannonball's Bossa Novaアーティスト: 出版社/メーカー: Blue Note発売日: 2000/01/13メディア: CD ボサノバは、なにも夏だけに聴く音楽ではありません。 冬も、暖かい暖房と落ち着いたインテリアの部屋で聴けば、優雅な贅沢気分を味わえますし、春に聴けば、なんだか、希…

続きを読む

矢野沙織ライブの感想

先日、渋谷の「duo music exchange」にて行われた矢野沙織ファイナル・ライブで演奏された曲目は、以下の通りです。 1.スターダスト(口笛入り) 2.ブルース・ウォーク 3.アリゲーター・ブーガルー 4.ザ・キッカー 5.ファイヴ・スポット・アフターダーク(ドラムソロ中に衣装替え) 6.ス・ワンダフル 7.スイート・ケイク 8.ドント・エクスプレイン 9.ハ…

続きを読む

ブーガルー・ジョー・ジョーンズ『Black Whip』評

ソウル・ジャズ・ファンクの傑作、 ブーガルー・ジョー・ジョーンズの『ブラック・ホイップ』! ブラック・ホイップアーティスト: ブーガルー・ジョー・ジョーンズ,デイヴ・ハバード,ソニー・フィリップス,ボビー・ノウルズ,ロン・カーター,バド・ケリー,ジミー・ジョンソン出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック発売日: 2009/10/21メディア: CD プレスティ…

続きを読む

Bill Evans『How My Heart Sings』評

ビル・エヴァンスの『ハウ・マイ・ハート・シングズ』! ハウ・マイ・ハート・シングス+1アーティスト: ビル・エヴァンス,チャック・イスラエル,ポール・モチアン出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック発売日: 2007/09/19メディア: CD スコット・ラファロ亡き後、トリオに加入したベーシスト、チャック・イスラエルズは、ラファロほどピアノに積極的に絡んで…

続きを読む

矢野沙織ライブin渋谷「duo music exchange」

つい先ほど、矢野沙織さんの渋谷「duo music exchange」で行われたライブから戻ってきました。 詳細は、別の機会にアップすると思います。 おそらく、ジャズカフェ「スコット・ラファロ」のオーナー、tommyさんのブログや、 “甲斐のJAZZ虎”いっきさんのブログにも、ライブレポートがアップされるのではないかと思われます(笑)。 お楽しみに! ▼久々に聴…

続きを読む

放送第78回「渡欧後のバド・パウエル」

今回のテーマ「渡欧後のバド・パウエル」でおかけしたナンバーをご紹介いたします。 まず、ディレクター嬢のパウエルのプロフィール朗読のバックで流したのは、『アット・ザ・ゴールデン・サークル vol.3』の《スウェディッシュ・ペイストリー》。 At the Golden Circle, Vol. 3アーティスト: 出版社/メーカー: SteepleChase発売日: 1…

続きを読む