タミール・ヘンデルマン『プレイグラウンド』

タミール・ヘンデルマンの初リーダー&デビューアルバムの『プレイグラウンド』の《雨に歌えば》で和んでるところ。 ハンコック、コリア、ピーターソンの要素がバランスよく共存している感じのピアノ、っていうのかな。 聴きやすくて、午後ジャズにはピッタリかもです。 ベースは、ジョン・クレイトン。 ドラムは、ジェフ・ハミルトン。 プレイグランドアーティスト: タミール・ヘンデルマン,…

続きを読む

スライド・ハンプトンの『ザ・ファビュラス・スライド・ハンプトン・カルテット』

現在、スライド・ハンプトン(tb)の『ザ・ファビュラス・スライド・ハンプトン・カルテット』を聴きながら、燃えてます(笑)。 ヨアヒム・キューンのブチ切れたピアノが、これまたいいんだ! ザ・ファビュラス・スライド・ハンプトン・カルテット(紙ジャケット仕様)アーティスト: スライド・ハンプトン,ヨアヒム・キューン,ニールス・ヘニング・オルステッド・ペデルセン,フィリー・ジョー・ジョーンズ…

続きを読む

Freddie Hubbard『ゴーイン・アップ』評

フレディ・ハバードの『ゴーイン・アップ』! ゴーイン・アップアーティスト: フレディ・ハバード,ハンク・モブレー,マッコイ・タイナー,ポール・チェンバース,フィリー・ジョー・ジョーンズ出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン発売日: 2009/09/16メディア: CD ファースト・リーダー作にして名盤の『オープン・セサミ』から約半年後の録音のブルーノート2枚目。 ハバー…

続きを読む

これぞ「男子ジャズ」?! Jimmy Smith『The Champ』評

ジミー・スミスの『ザ・チャンプ』が録音されたのは、54年前の今日、3月11日。 今聴いても、滅茶苦茶フレッシュな勢いと、クドいほどに爽快なオルガンシャワーですが、録音されてから、もう半世紀以上も経っているんですね。 ザ・チャンプアーティスト: ジミー・スミス,ソーネル・シュワルツ,ドナルド・ベイリー出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン発売日: 2005/09/22…

続きを読む

島田奈央子さんの「女子ジャズ」と、高良&雲の「初ジャズ」と、いっきさんのブログ

今、話題のジャズ本といえば、ジャズライター・島田奈央子さんの「女子ジャズ」でしょう。 Something Jazzy 女子のための新しいジャズ・ガイド作者: 島田 奈央子出版社/メーカー: 駒草出版発売日: 2010/01/26メディア: 単行本(ソフトカバー) もちろん、発売直後に私も読みました。 以前、奄美大島のCD屋「サウンズパル」の高良俊礼さんと一緒に書いた『初ジャズ』…

続きを読む

Eric Dolphy『The Illinois Concert』評

エリック・ドルフィーが、47年前の本日、イリノイ大学で行ったライブパフォーマンスを行った『イリノイ・コンサート』。 当時23歳のハービー・ハンコックがサイドマンとして参加していることも珍しい、充実演奏のアルバムです。 The Illinois Concertアーティスト: 出版社/メーカー: Blue Note発売日: 1999/09/08メディア: CD 『ラスト…

続きを読む

『超・音楽鑑賞術!』オビ推薦の言葉は、フルート奏者Miyaさんです!

発売まで、あと10日前後と迫った『超・音楽鑑賞術!』ですが、カバーにかかるオビにはフルーティスト・Miyaさんからの推薦文をいただきました。 ▼仕上がりイメージ この本の軸となる鑑賞術の基本は「ペンを持って紙に書きながら聴こう!」なのですが、なんとMiyaさんも音楽を聴きながら紙にメモするのが習慣なのだそうです。 まさに、このオビの言葉に適任なお方でした! なので…

続きを読む

Pat Martino『Desperado』評

本日、3月9日からジャスト40年前、 1970年3月9日、パット・マルティーノの『デスペラード』が録音されました。 Desperadoアーティスト: 出版社/メーカー: Prestige発売日: 1991/07/01メディア: CD いやぁ、やっぱりマルティーノのギターはええわ。 私にとって「パット」といえば、 「モラン」でも「メセニー」でもなく、 「マルティーノ…

続きを読む

Art Blakey『Holiday For Skins vol.1』

アート・ブレイキーの『ホリデイ・フォー・スキンズ vol.1』! Holiday for Skinsアーティスト: 出版社/メーカー: Blue Note発売日: 2006/05/12メディア: CD 打楽器奏者12人という恐るべき、「打」の大艦巨砲主義を体感していただきたい1枚。 まさに、人力トランスミュージック! ブレイキーの貪欲なリズムへの実験、探求精神には…

続きを読む