ハイボールはある意味、国民酒っていうか。菊地成孔&矢野沙織

サントリーとのタイアップ立て看板。 Tower Records新宿店にて。 人気サックス奏者2人のツーショットで、マッカランのハイボール。 そういえば、マッカラン12年は炭酸で割ったことはないなぁ。 なんか、このお酒本来の美味しさや味わいが無くなってしまう気がし、それがとても勿体ない気がして。←単にケチ? だいたい、マッカラン飲むんだったら、ストレートか、ロック…

続きを読む

女子ジャズ・オヤジジャズ

仕事帰りに、“いつもの駅”で降りて、 “いつもの店”で、 “いつものやつ”を一杯ひっかける。 十代の頃の私は「早く大人になりたい」症候群だったので、「そのようなスタイルがサマになる大人になりたいな」と憧れていたものです。 しかし、“いつもの店”で“いつもの酒”が似合う年齢になってくると(それとも、まだまだお子チャマかな?)、それって、なんだかオッサンくさくて、ダサイものに思え…

続きを読む

『ジャズ批評 No.155』2010年5月号

告知するの、忘れてましたが、 今月発売の『ジャズ批評 No.155 2010年5月号』。 ジャズ批評 2010年 05月号 [雑誌]作者: 出版社/メーカー: 松坂発売日: 2010/04/24メディア: 雑誌いつものコーナー「ブログ・ウォーキング」に、妹尾美里さんのピアノと、「君に届け」に絡めた記事を書いてます。 ラヴィアーティスト: 妹尾美里,鳥越啓介,加納樹麻出版社/メーカー…

続きを読む

晴れた木曜日には

森高千里の歌に《晴れた日曜日には》という名曲がありましたが、 LUCKY 7アーティスト: 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン発売日: 1993/05/10メディア: CD今日は、晴れた木曜日には、って感じですね。 暖か涼しく、いい陽気なんじゃないでしょうか。 というわけで、これからCD漁りに出かけます。 渋谷、新宿、お茶の水あたりを巡るつもり。 もし、た…

続きを読む

Lee Morgan『Lee Way』評

リー・モーガンの『リー・ウェイ』が録音されてから、今日でちょうど50年。本日がリー・ウェイ51歳の誕生日ですね。 Lee-Wayアーティスト: 出版社/メーカー: Apo発売日: 2009/04/14メディア: CD もう10年近く前のことですが、ネット上で優れたエロ小説を発表している女史と知り合いになり、やりとりを重ねているうちに、彼女はジャズ、というよりはリー・モーガンが…

続きを読む

高野雲の「JAZZ聴き会」

先日、古巣の出版社を“脱藩”した我々浪士(?)が、新宿荒木町に集結しました。 荒木町といえば、多くの皆さんは、ゴールデン街と同様“飲み屋街”というイメージが浮かぶと思います。 ところが、最近の荒木町は、飲みに来るお客さんが年々減少気味なのだとか。そもそも「飲む“だけ”」に来るお客さんが少なくなってきているとのことです。 飲むだけではなく、イベント的な要素、カルチャー的な要素…

続きを読む

村上春樹の『1Q84』の3冊目

村上春樹の『1Q84』はもう読まれましたか? 私はまだ読んでません(涙)。 先日発売されたときは、「ハリー・ポッター」が発売されたときのような長蛇の列の店もあったようですが、私の周囲にかぎっての話ですが、今回の内容に関しての評判で、あまり芳しい評価は聞いてません(涙)。 早く読まなくては。 その前に読む本が山積しているんだけど……。 1Q84 BOOK 3作者: 村上春樹出…

続きを読む

Lou Donaldson『Hot Dog』評

ルー・ドナルドソンのゆる~くてファンキーな『ホット・ドッグ』が録音されて、今日でちょうど42年目に突入。 ホット・ドッグアーティスト: メルヴィン・スパークス,チャールズ・アーノルド,レオ・モリス出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン発売日: 2010/04/21メディア: CD ルーさんが電気サックスを使ったことでも有名なアルバムです。 といっても、「演奏…

続きを読む

Ornette Coleman『Something Else!!!!』評

オーネット・コールマンの『サムシン・エルス!!!!』。 サムシング・エルス!アーティスト: オーネット・コールマン,ドン・チェリー,ウォルター・ノリス,ドン・ペイン,ビリー・ヒギンズ出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック発売日: 2009/01/21メディア: CD 初期のオーネットをとらえた1枚で、この頃は、まだピアノが伴奏についています(笑)。 …

続きを読む

匙加減の達人、マイルス・デイヴィス

多くのジャズマンの演奏を聴くと、凡人は、その圧倒的な技量を前に「すごい、真似できない」とため息をつく。 マイルス・デイヴィスの偉大なところは、凡人に「もしかしたらオレにも出来るかもしれない」と思わせるギリギリの表現をし、そのじつ誰もができないことをしたところにある。 ヒット企画を立てる達人の匙加減に似ているのかもしれない。 ヒットを生み出す人の商品企画は、消費者…

続きを読む