カフェ・ボヘミアのケニー・ドーハム vol.1

ケニー・ドーハムの素晴らしさを味わうには、『静かなるケニー』や『ウナマス』や『アフロキューバン』だけでは物足りない! やっぱり、コレがないと片手落ちってもんでしょ、な、ブルーノートから出ている「カフェボヘミア」でのライブです。 ジャケ写は、なんだかR&Bのシンガーみたいなファッションとポーズのケニーですが、彼はれっきとした名トランペッター(笑)。 熱く鉛色の…

続きを読む

よういちさん、お疲れさまでした。~パーカー派アルト特集

昨日、ジャズ喫茶「いーぐる」で催された「いーぐる特集」、鈴木よういちさんによる「チャーリー・パーカー vs. ”パーカー派” 十番勝負」に出席してきました。 スティット、キャノンボール、ウッズ、マクファーソン、クリス、ルードナ、マクリーン、カーク、オーネット、ドルフィー、スティーヴ・コールマンらそれぞれのアルトサックス奏者の特徴を、パーカーと対比させることによって分かりやすく丁寧に、か…

続きを読む

Tete Montoliu『Tete!』評

本日2010年5月28日は、36年前にテテ・モントリューが代表的傑作ピアノトリオ『テテ!』を録音した日です。 アルバート・ヒースと、ニールス・ペデルセンというお馴染みのスティープルチェイスのリズムセクションのサポートを得て、ノリ良し、爽快。 いつ聴いても元気が出るピアノトリオですね。 テテ!(紙ジャケット仕様)アーティスト: テテ・モントリュー出版社/メーカ…

続きを読む

Kenny Dorham『Trompeta Toccata』評

今週の「ケニー・ドーハム」特集でかけたかったけれども、時間の関係でかけられなかったナンバーの一つが《トランペット・トッカータ》。 セツネ~の文脈からは外れる威風堂々ドーハム。 ジョー・ヘンダーソンと繰りなすスケールの大きい(大きいゆえにちょっと大味なところは否めないが)演奏。 これもまたドーハムの魅力。 というわけで、ドーハムの『トランペット・トッカータ』! …

続きを読む

春 ~Sound of Contrabass~

ジャケットに大写しになったコントラバスがなにより渋いです。 日野皓正グループのレギュラー・ベーシストとしても有名な金澤英明のリーダー作『春 ~Sound of Contrabass~』。 春 〜Sound of Contrabass〜 [Original recording] / ... 参加する、もうひとりのコントラバス奏者の溝入敬三と、そしてピアノの柴田敏弥。 彼…

続きを読む

SJ誌休刊によせて

先ほど、『スウィング・ジャーナル』誌から依頼されていた原稿を入稿し終えたところ。 もう皆さんご存知でしょうが、SJ誌休刊なんですよね。 Swing JOURNAL (スイングジャーナル) 2010年 06月号 [雑誌]作者: 出版社/メーカー: スイングジャーナル社発売日: 2010/05/20メディア: 雑誌Swing JOURNAL (スイングジャーナル) 2010年 05月…

続きを読む

オレ ジョン・コルトレーン

来年で録音50周年。 49年前の今日に吹き込まれたのが、コルトレーンの『オレ!』です。 自宅で、もっとも聴いている頻度の高いコルトレーンのアルバムが、じつはコレだったりします。 後半の《アイシャ》が個人的な マイ・フェイヴァリット・ナンバーなのですが、 タイトルナンバーの《オレ!》も 聴くたびに、じわじわと気分が昂まってきます。 執拗に和音を繰り返す…

続きを読む

Donald Byrd『At The Half Note Cafe vol.1』

ドナルド・バードの『アット・ザ・ハーフ・ノート・カフェ vol.1』! ドナルド・バード・アット・ザ・ハーフ・ノート・カフェ Vol.1アーティスト: ドナルド・バード,ペッパー・アダムス,デューク・ピアソン,レイモン・ジャクソン,レックス・ハンフリーズ出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン発売日: 2005/11/23メディア: CD バード奏でる高音管楽器のトラ…

続きを読む

You Play Jazz 過去の映像

ジャズにまつわる動画掲載サイトの「You Play Jazz」に、過去アップされた映像のいくつかが、別のサーバーに移転されたようです。 私が出演している映像は、以下のページにまとめられていますので、是非アクセスしてみてください。 ▼You Play JAZZバックナンバー:高野雲の快楽ジャズ通信 こちらのページです 具体的には、平野敬一郎さん、類家…

続きを読む

Dexter Gordon『Our Man In Paris』評

47年前の今日、5月23日にパリで録音されたデクスター・ゴードンの『アワ・マン・イン・パリ』。 デックスの豪快なブローが楽しめる上に、バド・パウエルのピアノに、ケニー・クラークのシンバルが、否が応でも濃密なバップの香り。 いやぁいつ聴いても、やはり良いです。 アワ・マン・イン・パリアーティスト: デクスター・ゴードン,ケニー・クラーク,バド・パウエル,ピ…

続きを読む

Count Basie『For The First Time』評

ビッグバンドの勢いあるサウンドの谷間の要所要所をピリリと締めるカウント・ベイシーのピアノ。 絶妙なタイミングと、節約された音数で構成される小粋なフレーズを聴いていると、ベイシーが奏でるピアノをもっともっと聴いてみたい!という軽い飢餓感に襲われることがあります。 そんなときは、コレ!ですね。 カウント・ベイシー・トリオの『フォー・ザ・ファースト・タイム』。 36年前の今日、…

続きを読む

ケニー・ドーハム特集!

お待たせしました! と、誰に対してお待たせかというと、どちらかというと、自分に対してだったりしますが(笑)、やっと実現しました、ケニー・ドーハムの特集。 やりたかったんですよ、ドーハム。 大好きなんですよ、ケニー・ドーハム。 嗚呼、せつねぇ、最高!(笑) マイルス・デイヴィスも素晴らしいですが、かつて、彼と同年代のトランペッターとして、ジャムセッションで技を競い合った、…

続きを読む

バグズ・グルーヴ マイルス・デイヴィス

マイルス・デイヴィスの『バグズ・グルーヴ』評、加筆してみました。 ⇒こちらです 内容はもちろんのことですが、ジャケットのタイポが、ものすごく素晴らしい。 色合いといい、フォントの配列具合といい。

続きを読む

Donald Byrd『Byrd In Hand』評

ドナルド・バードの『バード・イン・ハンド』! バード・イン・ハンドアーティスト: ドナルド・バード,チャーリー・ラウズ,ペッパー・アダムス,ウォルター・デイヴィス,サム・ジョーンズ,アート・テイラー出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン発売日: 2005/10/26メディア: CD 名アレンジャー、ソウルジャズ、ファンキージャズ等々、キーワード中心に語られがちなドナ…

続きを読む

東京発のポップインプロ「TransitE」~Miyaさん・ダイローさんの新ユニット

フルート奏者・Miyaさんと、 ピアニスト・スガダイローさんが新ユニットを結成。 トランサイト(TransitE)です。 Miyaさんもダイローさんも、「快楽ジャズ通信」にゲスト出演いただいたとても素敵なミュージシャン。 お二人とも遊び心が分かり、エッジのある過激な音から、包容力のある深~い音まで、表現の海を自在に行き来する「音と空間の達人」です。 このお二人が…

続きを読む

Pete La Roca『Basra』評

らせん状にうねるジョー・ヘンダーソンのテナーに目覚めてしまうと、彼が参加した演奏は、もう何でも聴きたくなり、何でもよく聴こえてしまうものです(笑)。 ドラマー、ピート・ラロカのリーダー作『バスラ』。ここでのジョーヘンの演奏も素敵♪ 45年前の今日、録音。 Basraアーティスト: 出版社/メーカー: Blue Note発売日: 2004/12/14メディア: CD …

続きを読む

Hank Jones逝去

深夜独りこれ聴き冥福祈る For My Fatherアーティスト: 出版社/メーカー: Justin Time発売日: 2005/05/24メディア: CD

続きを読む