Kenny Dorham『Trompeta Toccata』評

今週の「ケニー・ドーハム」特集でかけたかったけれども、時間の関係でかけられなかったナンバーの一つが《トランペット・トッカータ》。 セツネ~の文脈からは外れる威風堂々ドーハム。 ジョー・ヘンダーソンと繰りなすスケールの大きい(大きいゆえにちょっと大味なところは否めないが)演奏。 これもまたドーハムの魅力。 というわけで、ドーハムの『トランペット・トッカータ』! …

続きを読む