ベーシスト上村信・参加アルバム

ベーシスト、上村信(かみむら・しん)氏は、1992年に大坂昌彦&原朋直クインテットに参加以来、8年間同グルー プのベーシストを務めた実力派ベーシストです。 96年にはダスコ・ゴイコヴィッチのツアーとアルバムレコーディングに参加。 97年にはワシ ントンD.C.のケネディーセンターにて開催されたコンサートに大坂&原クインテットのメンバーとして出演。 現在は、自己のカルテット(緑川 英…

続きを読む

島田奈央子さんをお迎えして公開収録:Apple Store銀座 7/10(土)

2010年7月10日(土)に、『Something Jazzy(女子ジャズ)』の著者で、ジャズライターの島田奈央子さんをお迎えして「快楽ジャズ通信」のポッドキャスト編・公開収録を行います。 場所は銀座のアップルストアの3F、アップルシアターにて、17:00のスタートです。 参加は無料ですので、iPad見物(購買)のついでにでも是非お立ち寄りください。 ミュージックバードから…

続きを読む

放送第90回「低音特集/ゲスト:森川進(低音キング)」(番外編)

今回の低音特集にゲスト出演いただいた、キングレコードの森川氏プロデュースの最新作を紹介しましょう。 ブライアン・ブロンバーグの『プレイズ・ジミ・ヘンドリックス』です。 プレイズ・ジミ・ヘンドリックスアーティスト: ブライアン・ブロンバーグ,ヴィニー・カリウタ出版社/メーカー: キングレコード発売日: 2010/07/21メディア: CD番組では、紹介していませんでしたが、このアルバム…

続きを読む

John Coltrane『Ascension』評

Ascension/John Cotrane 本日2010年6月28日より、ちょうど45年前、コルトレーンが問題作『アセンション』をレコーディングしました。 ⇒レビューはこちらです ⇒コルトレーンの失敗作?『アセンション』が愛おしい。 ほとんどの人が、おそらくは聴かず嫌い、 あるいは、1度聴いて、あとは聴かない状態なのだと思いますが、 これを機会に、いまいちど…

続きを読む

放送第90回「低音特集/ゲスト:森川進(低音キング)」(7)

「快楽ジャズ通信」、今回の低音特集のラストは、私の選曲。 今回、膨大な低音のCDを準備したにもかかわらず、スタジオに持ってくるのを忘れたマヌケな私ですが、かろうじて、私が選んだ音源の1枚がTFMの資料室にありました!(助かった~!) しかも、コントラバス(ウッドベース)による演奏続きだった今回の特集の最後を締めるにちょうど良い、エレクトリックベースのズシンとくる低音モノでした。 …

続きを読む

放送第90回「低音特集/ゲスト:森川進(低音キング)」(6)

「快楽ジャズ通信」、低音特集。番組内で、これかけたよコーナー、まだまだ続きます(笑)。もうちょっとで終わるけど。 さて、6曲目にかけた曲も森川さんの選曲です。 レジナルド・ヴィールの『ブルース&スピリチュアル』より《IIBS(ハイチ人戦闘の歌)》。 ブルース&スピリチュアルアーティスト: レジナルド・ヴィール,サイラス・チェスナット,エリック・ヴォーン出版社/メーカー: キング…

続きを読む

放送第90回「低音特集/ゲスト:森川進(低音キング)」(5)

今回放送の「快楽ジャズ通信」。ゲストは、キングの「低音シリーズ」のプロデューサー・森川進氏です。 5曲目にかけた曲は森川さんの選曲。 藤原清登の『ガルガンチュア』より《アメイジング・グレース》です。 ガルガンチュアアーティスト: 藤原清登出版社/メーカー: キングレコード発売日: 2000/10/25メディア: CDフランスのシノンにある修道院での録音。 朝のレコーディング。フラ…

続きを読む

放送第90回「低音特集/ゲスト:森川進(低音キング)」(4)

今回のラジオ盤「快楽ジャズ通信」では、ゲストに、キングレコード「低音シリーズ」のプロデューサー・森川進氏をお迎えした「低音特集」でお届けしています。 番組内4曲目にかけた曲。 これは、tommyさんの選曲ですね。 チャーリー・ヘイデンの『ジタン』より《ジタン》。 Gitaneアーティスト: 出版社/メーカー: Dreyfus発売日: 1995/04/18メディア: CD …

続きを読む

放送第90回「低音特集/ゲスト:森川進(低音キング)」(3)

今回の快楽ジャズ通信の特集テーマは「低音」。 ゲストは、キングレコードの低音シリーズのプロデューサー・森川進氏です。 3曲目は、森川さんの選曲。 森川さんは最近では、ブライアン・ブロンバーグのアルバムをたくさんプロデュースしているので、「ブロンバーグ使い」というイメージが強いのですが(笑)、ブロンバーグ・オンリーの方ではもちろんありません。 いやむしろ、ブロンバーグとは対…

続きを読む

放送第90回「低音特集/ゲスト:森川進(低音キング)」(2)

今回の「低音特集」は、ゲストにキング低音シリーズのプロデューサー・森川進氏をお迎えしてお届けしています。 2曲目は、tommyさんの選曲。 チコ・フリーマンの『スピリット・センシティヴ』より《ニューヨークの秋》。 フリーマンのテナーサックスとセシル・マクビーのデュオですね。 セシル・マクビーのベースを聴け!なナンバー。 Spirit Sensitiveアーティスト: 出版社/メ…

続きを読む

放送第90回「低音特集/ゲスト:森川進(低音キング)」(1)

今回のゲストは、キング低音シリーズのプロデューサー・森川進氏です。 出演者それぞれが好きな低音をかけようという趣向だったのですが、私、持ってくるの忘れちゃったので(いっきさんから借りているCD袋をスタジオに持ってきちゃった……)、今回は森川さんとtommyさんがかけあう形になっています。 まず1曲目。森川さんの選曲で、ルノー・ガルシア・フォンスの『ヴォヤージ』より《南方航路》。 …

続きを読む

ジャッキー・マクリーン『イッツ・タイム』評

It's Time/Jackie McLean ジャッキー・マクリーンの『イッツ・タイム』評をアップしました。 ⇒こちらでございます ハービー・ハンコックがピアノで参加。 60年代中盤、新しいジャズを模索していたマクリーンに新たな響きを付加しています。 また、トランペッター、チャールズ・トリヴァーの若かりし日の瑞々しいプレイも楽しめます。 さらに、ベースがセシ…

続きを読む

スイングジャーナル最終号(6)

毎号『スイングジャーナル』の表4(背表紙)には、オーディオ機器の広告が掲載されていますが、今回の“最終号”の広告はJBLでした。 コントロールモニター4312Eというスピーカーで、貫禄あるデザインは、昔ながらのJBLの趣きをそのまま踏襲していますね。 JBL スピーカー 4312E(ペア)出版社/メーカー: JBLメディア: ちなみに、オーディオといえば、今回のJazz Au…

続きを読む

スイングジャーナル最終号(5)

最後の号の『スイングジャーナル2010年7月号』ようやく、ページをぱらぱらとめくっています。。  スイングジャーナル 2010年7月号価格:1,200円(税込、送料別) 最後のディスコグラフィは、ジョン・コルトレーン。 表紙と連動していますね。 アルバムジャケットを見ながら、ほとんどあるな~などと思いつつも、ところどころに持っていないヌケがあったりするので、ディスコグラフ…

続きを読む

スイングジャーナル最終号(4)

最後の号ということで、なかなかページをめくる気分になれなかった『スイングジャーナル2010年7月号』。ようやく今、読み始めています。  スイングジャーナル 2010年7月号価格:1,200円(税込、送料別) 「HOT NEWS」のコーナーは、ほぼ見開きでハンク・ジョーンズの記事ですが、残りの少スペースで、オーネット・コールマンが名誉博士号が授与されたことも書かれています。 …

続きを読む

スイングジャーナル最終号(3)

ようやく重い腰をあげて(?)、めくりはじめた『スイングジャーナル 2010年7月号』。この号で休刊なんですよ、ああ残念。  スイングジャーナル 2010年7月号価格:1,200円(税込、送料別) 村井さんのコーナー。「解明!ジャズ素朴な疑問」を読み終え、パラリとまた1枚ページをめくると、「HOT NEWS」のコーナー。 先日、惜しくもこの世を去ったハンク・ジョーンズについて…

続きを読む

スイングジャーナル最終号(2)

ようやく重い腰(?)をあげて、めくりはじめた、この号で休刊の『スイングジャーナル 2010年7月号』。  スイングジャーナル 2010年7月号価格:1,200円(税込、送料別) 山中千尋嬢の連載エッセイページをパラリとめくると、いつもの村井康司さんのコーナー。「解明!ジャズ素朴な疑問」です。 「ジャズの歴史を知ろう(89)」明日のジャズはどうなるの? というお題目です。 …

続きを読む

スイングジャーナル最終号(1)

ようやく重い腰(?)をあげて、めくりはじめた、この号で休刊の『スイングジャーナル 2010年7月号』。 まず最初に見たのは、山中千尋様のエッセイのコーナー「山中千尋の日々 day by day」。 ほほお、今回はいつもの寺島靖国批判ではなく、今回は村上春樹批判です。メキシコ行かれたんですね。いいな~。  スイングジャーナル 2010年7月号価格:1,200円(税込、送料別)

続きを読む

『ジャズ批評』最新号はペギー・リー、ジュリー・ロンドン、ダイナ・ショア特集

昨日、『ジャズ批評』の最新号が届きました。 今回の特集は「人気女性歌手3人のすべて」。 ペギー・リー、ジュリー・ロンドン、ダイナ・ショアの3人。 ブログウォーキングのコーナーには、すずっくさん、いっきさん、私のブログの記事がいつものように掲載されています。 ペギー・リーもジュリー・ロンドンもダイナ・ショアもあっさり目のテイストゆえ聴きやすいヴォーカルの3人ですね。 …

続きを読む

スイングジャーナル休刊号

休刊ということもあってか、私の行動半径の中だけの話なのかもしれないが、近隣の書店では売りきれが目立ちます。ジョン・コルトレーンが表紙のスイング・ジャーナル。 Swing JOURNAL (スイングジャーナル) 2010年 07月号 [雑誌]作者: 出版社/メーカー: スイングジャーナル社発売日: 2010/06/19メディア: 雑誌

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ