放送第96回『茜先生のピアノ教室』(3)

番組で2曲目でかけた曲が、松本茜さんのセカンドアルバム『プレイング・ニューヨーク』より《マイ・ディア》。 プレイング・ニューヨークアーティスト: 松本茜,ナット・リーヴス,ジョー・ファンズワース出版社/メーカー: T&Kエンタテインメント発売日: 2010/01/20メディア: CD この曲、私、大好きなんですよ。 今年の『スイング・ジャーナル』の作曲部門のベストに彼女がランク…

続きを読む

放送第96回『茜先生のピアノ教室』(2)

今回の放送でかけた最初の曲は、松本茜さんのデビューアルバム、『フィニアスに恋して』より《スピーク・ロウ》。 フィニアスに恋して~10代で最初で最後のレコーディング~アーティスト: 松本茜,山下弘治,正清泉出版社/メーカー: Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)発売日: 2008/05/28メディア: CD 茜ちゃん19歳のときの演奏です。 …

続きを読む

放送第96回『茜先生のピアノ教室』(1)

本日より3回にわたって(※)放送されるラジオ盤「快楽ジャズ通信」の特集は「茜先生のジャズピアノ教室」です。 ゲストは、ご存じ、ピアニスト松本茜さん。 今年、大学を卒業して、現在は演奏活動と同時に、ジャズピアノ教室の先生もしているのです。 そこで、今回は、茜先生にジャズピアノを習うことに! とにもかくにも、オンエア前に、ポッドキャスト編をお聞きください。 …

続きを読む

ついに、「いーぐる」のマスター後藤さんがゲストに登場!

本日、ラジオ版・快楽ジャズ通信の収録に行ってきました。 ゲストは、なんと! 四谷のジャズ喫茶のマスター「いーぐる」の後藤雅洋氏! ご存じの方も多いとは思いますが、私、学生時代は「いーぐる」でアルバイトをしていたのです。 いろいろな意味で「いーぐる」という“場”と、後藤さんというジャズ喫茶のマスターには鍛えられました。 今日の私があるのは、後藤さんと「いーぐる」従業員…

続きを読む

Charlie Parker『Charlie Parker Story On Dial vol.1 West Coast Days』評

ドラッグの禁断症状を誤魔化すために、睡眠薬とアルコールを大量に服用し、フラフラになった状態で演奏に挑んだ、チャーリー・パーカー。 俗に「ラヴァーマン・セッション」と呼ばれていますが、これが録音されたのは、今日からちょうど64年前の7月29日です。 ストーリー・オン・ダイアル Vol.1アーティスト: チャーリー・パーカー,ディジー・ガレスピー,マイルス・デイヴィス,ワーデル・…

続きを読む

Lou Donaldson『Blues Walk』評

アルトサックス奏者、ルー・ドナルドソンを代表する1枚、『ブルース・ウォーク』。 本日、2010年7月28日が、このアルバムが録音されて、ちょうど52年。 53歳の誕生日を迎えました。 ブルージーな哀感と、土臭いアーシーさが魅力のタイトルナンバーは、今後も多くのリスナーに聴きつがれてゆくことでしょう。 ブルース・ウォークアーティスト: ルー・ドナルドソン,ハーマン・…

続きを読む

Bobby Hutcherson『Dialogue』

ボビー・ハッチャーソンの『ダイアローグ』! Dialogueアーティスト: 出版社/メーカー: Blue Note Records発売日: 2001/12/20メディア: CD ボビー・ハッチャーソンの初リーダー作。 曲提供は、このアルバムにサイドメンとして参加しているアンドリュー・ヒル(p)、サム・リヴァース(ts)、ジョー・チェンバース(ds)の3人なので、ハッチャーソ…

続きを読む

いっきさんがミック・カーンの『タイトルズ』を紹介

Titles/Mick Karn いっきさんが、私が大好きなベーシスト、ミック・カーンのファースト・ソロアルバム『タイトルズ』(日本版のLPが発売されたときのタイトルは「心のスケッチ」)をブログで紹介してくれています。 ⇒嵌るとこの軟体ベースが気持ちいい。 いっきさん、ありがとう! 私がベースをやろうと思ったのも、フレットレスベースを弾いているのも、すべてはミック…

続きを読む

Howard McGhee『マギーズ・バック・イン・タウン』評

本日7月26日より、ちょうど49年前に、ビ・バップを代表するトランペッター、ハワード・マギーのリーダー作『マギーズ・バック・タウン』がレコーディングされました。 Maggies Back in Townアーティスト: 出版社/メーカー: Fantasy発売日: 1990/10/17メディア: カセット ピアノがフィニアス・ニューボーン・ジュニア、 ベースがリロイ・ヴィネガー…

続きを読む