John Coltrane『Quartet Plays』評

ジョン・コルトレーンの『カルテット・プレイズ』評をアップしました。 The John Coltrane Quartet Playsアーティスト: 出版社/メーカー: Grp Records発売日: 1997/03/11メディア: CD 《マイ・フェイヴァリット・シングズ》と同じコンセプト、アプローチで演奏されている《チム・チム・チェリー》が、このアルバムの代表曲。 自己…

続きを読む

寺久保エレナ『North Bird』評

期待の大型新人アルトサックス奏者・寺久保エレナの『North Bird』評をアップしました。 NORTH BIRDアーティスト: 寺久保エレナ出版社/メーカー: キングレコード発売日: 2010/06/23メディア: CD 私、結構このCD好きで、発売以来何度も聴き返しています。 ピアノがケニー・バロン、 ベースがクリスチャン・マクブライド、 リー・ピアソン(ハンク…

続きを読む

Miles Davis『Nefertiti』評

今から43年前にレコーディングされたマイルス・デイヴィスの『ネフェルティティ』。 ネフェルティティアーティスト: マイルス・デイヴィス,ロン・カーター,ハービー・ハンコック,ウェイン・ショーター,トニー・ウイリアムス出版社/メーカー: ソニーレコード発売日: 1996/09/21メディア: CD 真夏の真夜中に聴くとムード満点!

続きを読む

『Jazz Japan』と寿司

先日休刊した『スゥイング・ジャーナル』が、新たに別版元から『Jazz Japan』として生まれ変わるとのことです。 ⇒こちらに書いてありました でも、まあ良かったというか、まだどんな内容になるか分からないのですが、とりあえず復活1号目は買ってみようかと。 で、まったく本当にどうでもよくて、関係ないことなんですが、上記記事を読んでいたら、無性に寿司が喰いたくなってしまいました …

続きを読む

Johnny Coles『Little Johnny C』評

本日2010年7月18日より、ちょうど43年前に、ジョニー・コールズの《リトル・ジョニーC》がレコーディングされました。 リトル・ジョニーCアーティスト: ジョニー・コールズ,レオ・ライト,ジョー・ヘンダーソン,デューク・ピアソン,ボブ・クランショウ,ウォルター・パーキンス,ピート・ラロカ出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン発売日: 2008/09/26メディア: CD …

続きを読む

放送第94回「おすすめピアノトリオ特集」(9)

オススメピアノトリオのラスト曲。 これは、コミュニティFMでは放送されないナンバーです。 なぜかというと、 コミュニティFM=55分 PCM放送=60分 と、CMの有無で番組の尺が5分違うんですね。 なので、最後に私が選んだナンバー、ベーシスト・藤原清登がリーダーの『ジ・イン・クラウド』から《シスター・セディ》。 これは、ミュージックバードをお聞…

続きを読む

放送第94回「おすすめピアノトリオ特集」(8)

おすすめピアノトリオの8曲目はtommyさんの選曲ですが、おお!ついに最終兵器を出してきましたよ! デューク・エリントンの『ピアノ・イン・ザ・フォーグラウンド』。 このアルバムを爆弾と言わずしてなにが爆弾でしょう!?(笑) Piano in the Foregroundアーティスト: 出版社/メーカー: Sbme Special Mkts.発売日: 2009/12/01…

続きを読む

放送第94回「おすすめピアノトリオ特集」(7)

おすすめピアノトリオ特集の7曲目は私の選曲です。 そろそろ硬いピアノの音色に飽きがきている方もいらっしゃるんじゃないかもしれないということで、今回は柔らかなエレピ(エレクトリックピアノ)の音をお楽しみください。 ということで、ジャジー・ヒップホップの旗手、スペインのドラマ―、マーク・アイザのリーダーアルバム『オファリング』より《Juanito's Groove》。スペインだから、…

続きを読む

放送第94回「おすすめピアノトリオ特集」(6)

今回の放送「おすすめジャズトリオ」6曲目の選曲はtommyさんの順番。 ビリー・ハーパーのグループでピアノを弾いていた女性ピアニスト、フランチェスカ・タンクスレイの『ジャーニー』より、《イン・グレイス》。 Francesca Tanksley Trio / Journey[Import]アーティスト: 出版社/メーカー: DreamCaller Productions発売日: 2…

続きを読む

放送第94回「おすすめピアノトリオ特集」(5)

おすすめピアニスト特集の5曲目は、私の選曲。 ルーマニア生まれでドイツに亡命し、アメリカに渡ったピアニスト、ヤンシー・キョロシー(個人的には言いやすいのでキョロッシーと言ってますが)の『アイデンティフィケーション』よりタイトルナンバー。 昔はバイト先のジャズ喫茶でよく聴いたものです。 パーカッシヴな鍵盤の連打がとても不気味気持ちよく、この箇所を聴くたびに、「にひひひひ」…

続きを読む