放送第94回「おすすめピアノトリオ特集」(4)

ピアノトリオ特集の4曲目の選曲の順番はtommyさん。 先日、惜しくもこの世を去ってしまったハンク・ジョーンズ、最近の演奏。 『ウェスト・オブ・フィフス』より《コンファメーション》。 ベースがクリスチャン・マクブライド、ドラムスがジミー・コブ。 このアルバムは、なんだか大スタンダード大会のオンパレードといった感じ。 個人的にはグレート・ジャズトリ…

続きを読む

放送第94回「おすすめピアノトリオ特集」(3)

放送第94回の「おすすめピアノトリオ特集」、3曲目は私の選曲。 ザ・バッド・プラスの『ギヴ』より《ストリート・ウーマン》。 歪んだベースとドラムの音。ガタピシしたちょっと乱暴な演奏かもしれませんが、そこから見え隠れするメランコリックさがポイントの演奏です。 そして、盛り上がるのかな? この後、違う展開が待っているのかな?と期待させつつも、最後まで同じ調子だと…

続きを読む

放送第94回「おすすめピアノトリオ特集」(2)

今回の「オススメなピアノトリオ特集」2曲目は、tommyさんの選曲。 「反則技を使ってみました」とtommyさんが選んだのは、マイルス・デイヴィスのアルバム『マイルストーンズ』より《ビリー・ボーイ》。 Milestonesアーティスト: 出版社/メーカー: Sony発売日: 2001/04/18メディア: CD マイルス、キャノンボール、コルトレーンと3管編成のセクステットがメ…

続きを読む

放送第94回「おすすめピアノトリオ特集」(1)

本日から放送の「快楽ジャズ通信」のテーマはピアノトリオ。 ビル・エヴァンスやキース・ジャレットのようなビッグネームなピアニストだったら、番組1時間の枠を使って思いっきり特集することが出来るのですが、たとえば私が大好きなピアニストの一人、ドド・マーマローサなんかは「ドド特集」と名打って1時間の特集はムリです(笑)。 なので、今回は「その人をテーマに、番組では特集を組…

続きを読む