Charlie Parker『Charlie Parker Story On Dial vol.1 West Coast Days』評

ドラッグの禁断症状を誤魔化すために、睡眠薬とアルコールを大量に服用し、フラフラになった状態で演奏に挑んだ、チャーリー・パーカー。 俗に「ラヴァーマン・セッション」と呼ばれていますが、これが録音されたのは、今日からちょうど64年前の7月29日です。 ストーリー・オン・ダイアル Vol.1アーティスト: チャーリー・パーカー,ディジー・ガレスピー,マイルス・デイヴィス,ワーデル・…

続きを読む