ワルツ・フォー・デビー ビル・エヴァンス

Waltz For Debby/Bill Evans 『ワルツ・フォー・デビー』は、 なんだかんだいってやっぱり名盤。 名盤の理由は、カンタンに分析すると、 初心者⇒美しいメロディゆえ、入り込みやすい マニア⇒ベースのスコット・ラファロとの高度なやり取りをはじめとした、ピアノ、ベース、ドラムの3人のインタープレイを堪能できる といったところでしょうか。 …

続きを読む

44年前のリー・モーガン『カリスマ』

本日2010年9月29日から、ちょうど44年前に録音されたリー・モーガンの『カリスマ』。 じつは、これ、ベーシストのポール・チェンバースの遺作でもあるんですね。 このアルバムが発売されたタイミングにはチェンバースはすでに亡くなっていました。 フロントのホーン陣は、リー・モーガンを筆頭に、 アルトサックスがジャッキー・マクリーン、 テナーサックスがハンク・モブ…

続きを読む

Duke Pearson『How Insensitive』評

デューク・ピアソンの『ハウ・インセンシティヴ』! 今日のような肌寒い雨降りの日には、せめて心だけでも暖かく豊かになりたいものですよね。 そんな時に最適な1枚。 気軽に聴ける充実アンサンブルゆえ、これを聴きながら陰鬱な雨降りの街中を歩けば、いつのまにか周囲の風景が変わって見えるかもしれません。 ハウ・インセンシティヴアーティスト: デューク・ピアソン,ドリオ・フェレ…

続きを読む

Bill Evans『New Jazz Conceptions』評

本日2010年9月27日より54年前の 1956年9月27日に、 ビル・エヴァンスのファースト・リーダー作『ニュー・ジャズ・コンセプションズ』が録音されました。 このほぐれきっていない固い感じが、逆に緊張感をたたえており、じつは私、スコット・ラファロやポール・モチアンと組む前のエヴァンスが大好きなのです。 きっちりと4ビートを刻むポール・チェンバースの…

続きを読む

放送第104回「セシル・テイラー特集(最終回」

ここのところ、あまり東京にいず、ネット出来る時間もだいたい日に多くて15分ぐらいなので、なかなか充実した記事をかけずに申し訳ありませんです<(_ _)> どうやら自宅には、先週金曜日にミュージックバードから昨日、本日、来週木曜日に放送の最終回の「セシル・テイラー特集」の同録が届いているらしいですが、いまだ未聴。 いったいどんな番組内容に編集されているのやら、 という…

続きを読む

48年前の『デューク・エリントン・アンド・ジョン・コルトレーン』

本日2010年9月26日より、ちょうど48年前の1962年9月26日に、デューク・エリントンとジョン・コルトレーンの共演、『デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン』が録音されました。 どこまでも美しい《イン・ア・センチメンタル・ムード》は、秋の夜長に聴くにはピッタリです。

続きを読む

Miles Davis『Miles In Berlin』評

Miles In Berlin/Miles Davis 本日9月25日は、ウェイン・ショーターが加入したマイルス・デイヴィス・クインテットがベルリンでライブを行い録音された日。 今から46年前ですね。 この『マイルス・イン・ベルリン』の面白さは、ショーター参加前までは、比較的スポーティかつ爽快なスリリングさを味わえるバンドサウンドだったものが、このアルバムあ…

続きを読む

終了します。2年間、どうもありがとうございました!

明日から3回放送される「セシル・テイラー特集」の回で「高野 雲の快楽ジャズ通信」は終了いたします。 2008年の10月から始まったこの番組。まるまる2年間の放送でしたが、応援くださったリスナーの皆様には感謝です。本当にありがとうございました! 拙い喋りの連続ではありましたが、出来るだけジャズの面白さ、楽しさ、奥深さを一生懸命届けようと楽しい悪戦苦闘の連続でしたが、伝わったかな? …

続きを読む

Wynton Marsalis『Standard Time vol.1』評

先日のブランフォードに引き続き、本日は弟のウイントン・マルサリスのアルバム。 彼を代表する1枚『スタンダード・タイムvol.1』。 今から24年前の録音ですが、本日2010年9月24日も録音された日の1日。 スタンダード・タイム Vol.1アーティスト: ウイントン・マルサリス,マーカス・ロバーツ,ボブ・ハースト,ジェフ・ワッツ出版社/メーカー: ソニーレコード発売日: 1…

続きを読む