Phineas Newborn Jr.『The Great Jazz Piano Of Phineas Newborn Jr. 』評

本日2010年9月12日より、 ピッタリ48年前に録音された フィニアス・ニューボーンJr.の名演《シリア》。 この溌剌とした「陽」のパワーを発散する演奏、 そしてアレンジは、 現在は、ピアニスト松本茜さんが受け継ぎ、 ステージでノリの良い演奏をよく演奏していますね。 収録されているアルバムは、 『ザ・グレート・ジャズ・ピアノ・オブ・フィニアス・ニューボーン・ジュニア…

続きを読む

放送第102回『シネマ・ジャズ』

本日、明日、来週木曜日に、ミュージックバード、コミュニティFMにて放送される「快楽ジャズ通信」のテーマは、「シネジャズ」。 映画のサントラなどで使われたジャズですね。 今回は、あえて番組中の曲目や解説はいたしません。 どんな音源がかかるか、 放送をお楽しみください♪

続きを読む

Art Tatum&Ben Webster『Art Tatum-Ben Webster-Red Calender-Bill Douglass』評

まったりと大人の風格。 もうすぐやってくる秋の夜長に。 テイタムとウェブスター、大人のコンビ、味わい。 アート・テイタム~ベン・ウェブスター・クァルテット(+3)アーティスト: アート・テイタム,ベン・ウェブスター,レッド・カレンダー,ビル・ダグラス出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント発売日: 1996/07/03メディア: CD 本日2010年9月11日よ…

続きを読む

Yancy Korossy『Identification』評

これは強力にオススメしたい! ルーマニアのピアニスト、ヤンシー・キョロシーの悶絶名盤です。 アイデンティフィケーションアーティスト: ヤンシー・キョロシー,J.A.レッテンバッハー,チャーリー・アントリーニ出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル発売日: 2000/11/22メディア: CD この、そこはかとなく狂気の漂うかのような、オーソドックスなピアノトリオ…

続きを読む

Dollar Brand (Abdullah Ibrahim) 『Echoes From Africa』評

ダラー・ブランド(アブドゥーラ・イブラヒム)が、本日2010年9月7日より、ちょうど31年前に録音した『エコーズ・フロム・アフリカ』。 大地に根差すような力強いピアノとベースのデュオは、9月になってもまだまだ続く猛暑の日々に聴くに相応しい音源、なのかもしれません。 Echoes From Africaアーティスト: 出版社/メーカー: Enja発売日: 2001/04/10メ…

続きを読む

Barney Kessel『The Poll Winners』評

バーニー・ケッセル、レイ・ブラウン、シェリー・マンの3人による人気コンビによる『ザ・ポール・ウイナーズ』! Poll Winnersアーティスト: 出版社/メーカー: Ojc発売日: 1991/07/01メディア: CD 名手は、押しだけではなく、引きと緩急のつけ方に長けている。 今さらながら、そんな当たり前なことを実感できる演奏です。 20年ぐらい前にこれを初め…

続きを読む

Ramsey Lewis『ジ・イン・クラウド』評

ラムゼイ・ルイスの代表作、そしてノリノリピアノ名盤『ジ・イン・クラウド』! ジ・イン・クラウド+2アーティスト: ラムゼイ・ルイス,エルディ・ヤング,レッド・ホルト出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック発売日: 2003/04/23メディア: CD ライブの熱気、観客が演奏を楽しんでいる様子が、まるで手にとるように伝わってくる内容です。 冒頭の《ジ・イン…

続きを読む

放送第101回「ジャズ喫茶・いーぐるマスター後藤雅洋氏を迎えて」

本日より放送の特集は、ゲストにジャズ喫茶「いーぐる」のマスター・後藤雅洋氏をゲストにお迎えして、後藤さんの新刊『一生モノのジャズ名盤500』を中心にトークが進められます。 一生モノのジャズ名盤500 (小学館101新書)作者: 後藤 雅洋出版社/メーカー: 小学館発売日: 2010/08/02メディア: 新書 番組でかけた曲は、2曲。 大坂昌彦さんがゲストのときは3曲で、番組史上最少曲数だ…

続きを読む