George Braith『Two Souls In One』

2本の管楽器をくわえた同時演奏は、なにもローランド・カークだけではありません。 ジョージ・ブレイスもその一人。 たしかにカークほどのインパクトも、楽器操作技術も卓越したものではありませんが、なんというか、野暮ったい味わいというのかな(笑)、「うん、わかるぜ、わかるぜ」と共感を覚えながら、演奏に引き込まれてしまいます。 トゥー・ソウルズ・イン・ワン(紙ジャケット仕様)アーティ…

続きを読む

大西順子『WOW』評

最新作『バロック』の評判も上々の大西順子さんですが、バロックアーティスト: 大西順子,ニコラス・ペイトン,ジェームス・カーター,ワイクリフ・ゴードン,レジナルド・ヴィール,ロドニー・ウィテカー,ハーリン・ライリー出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック発売日: 2010/07/28メディア: CD彼女のデビュー作『WOW』は、ちょうど18年前の本日、9月3日から5日までの間の3日間にわた…

続きを読む

Dodo Marmarosa『ドドズ・バック』評

ソウルに行ってました。さきほど帰ってきたところです。 今回は、焼き肉とエステ、そして、ソウル市内の電信柱とクレーンの撮影がメインの趣旨だったので、残念ながらジャズクラブを訪問する余裕はありませんでしたが、朝の散歩などにはiPodでジャズを聴いてましたよ。 私が海外に行くときには必ず「気分の定点観測アルバム」として持参する音源が、ピアニスト、ドド・マーマロサの『ドドズ・バック』。 …

続きを読む